<   2018年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧




前回、擦りおろしニンニクと粉唐辛子でペペロンチーノを作った。

b0208961_1326565.jpg





今回はさらに簡単になるようにガーリックパウダーと一味唐辛子で作ってみました!(^^)!

b0208961_1327353.jpg





ガーリックパウダーと一味唐辛子が焦げないようにオリーブオイルに香りを移します。
b0208961_132757100.jpg





香りが立ってきたらパスタをINして、オリーブオイルと同量の茹で汁を加えて乳化させます。
b0208961_13293274.jpg

注)一味唐辛子の粒が見えていますね!





塩と黒胡椒で調味して完成♪
b0208961_1329502.jpg





ま~生のニンニクの香りには敵わないけれど、主夫のランチにはちょうどいいでしょう!(^^)!
b0208961_1330678.jpg





ま~ニンニクや唐辛子を刻む必要がないのでまな板も包丁も使いませんよ。
b0208961_1346720.jpg


ボラ飯だけどね~




お馴染みのパスタであるペペロンチーノは、別名で「絶望のパスタ」とも言われています。

b0208961_1345581.jpg

注)台所にある食材がニンニクと唐辛子だけと言う哀しい状態(>_<)





え~ ニンニクも唐辛子も切らしたので、
b0208961_13463082.jpg

すりおろしニンニクと韓国調味料の粉唐辛子でペペロンチーノをつくってみました。





オリーブオイルを低温で熱しニンニクを焦がさないように香りを立たせます。
b0208961_13475987.jpg





このオイルソースにパスタをINして、
b0208961_1348267.jpg





オリーブオイルと同量のパスタの茹で汁を加えて、分離している水と油を乳化させます
b0208961_13494519.jpg





ま~ニンニクの香りは殆どしないし、粉唐辛子の影響で麺が赤くなり韓国料理みたい(>_<)
b0208961_13502710.jpg





唐辛子の辛さはしっかりあるけど、生のニンニクを使うのと香りが全然違うな~
b0208961_1351037.jpg

ペペロンチーノは日本でいえば「おかかご飯」みたいなものでしょうか。


イタリアのレストランのメニューにペペロンチーノはないのだそうです。


ウドンや蕎麦は茹でる時に菜箸を使う。

b0208961_10325428.jpg





摘まんで茹で加減をみたりもする。
b0208961_10333267.jpg





麺線を揃えたり均したりもする。
b0208961_10341078.jpg





左片麻痺になってから料理にトングを使うことを覚えた!
b0208961_10343735.jpg

麻痺の残る左手でも、焼き魚を崩さずにひっくり返したりできる!(^^)!



トングは便利な調理器具だな~


自宅療養中の身なので、毎日 料理しています!



・・・で、中華の定番の青椒肉絲に挑戦

b0208961_9445061.jpg





肉に下味を付けて揉み込んでしばらく放置。
b0208961_945316.jpg

その間に、野菜を切り揃えて、香味野菜を刻んで、合わせ調味料を作り、お皿も選んで・・・。


ま~ここまでは初心者の私でも不細工ながらどうにかなる。




中華の「炒め」 と言う技術の難しさに気が付きました。
b0208961_9462913.jpg

へこたれずに精進します^^)!



「家庭料理ならこんなもん」と言ってしまうのは簡単ですが、もっと上手くなりたいな~



渓パパはマイ・エプロンを2種類持っています。



一つは肩に掛けて背中でクロスするタイプ。

b0208961_142998.jpg

このタイプは左手に麻痺が残っているので、後ろ手で蝶々結びするのが難しい(>_<)




もう一つは、頭を通して首にぶら下げるタイプ。
b0208961_142471.jpg

ん~ 首に提げるタイプは窮屈に感じて肩が凝るな~


あっ!  日本の男性でマイ・エプロンをお持ちの方は何%ぐらいいるんでしょう?


生パスタを打ってボロネーゼ(ミートソース)にしようか、中華麺を打って担々麺にしようか迷った。

b0208961_11421366.jpg





・・・で、冷蔵庫にチンゲン菜を発見したので、担々麺にしてみました。
b0208961_11431944.jpg

注)その日のメニューなんて、こんなきっかけで決まるのさ!(^^)!





あっ! その前に先ずは、麺を打ちましょう。
b0208961_19404667.jpg





坦々スープに負けないように、極太の縮れ麺にしてみました(^^♪
b0208961_19415478.jpg





フライパンに油を入れニンニクと生姜の香りが立つまで熱したら、各種調味料IN肉をINして、
b0208961_11435740.jpg

沸々となってきたらひき肉も入れて炒めましょう。





肉味噌が美味いんだよね~
b0208961_1072869.jpg

注)豆板醤は炒めて風味を出し、肉味噌のひき肉は脂が透明になるまで炒める(これ大事)





肉味噌が出来たらトッピング用に分けておきます。
b0208961_11442520.jpg





鶏がらスープの素と水を入れ煮立たせ、野菜を投入します。
b0208961_11452520.jpg





その間に、担々麺にはお決まりのトッピングのチンゲン菜を茹でて色止めしておきます。
b0208961_1146188.jpg





ここでトラブル発生!  練り胡麻を切らしていたようです(>_<)
b0208961_11455735.jpg

・・・で、代用として胡麻ドレッシングを投入(笑)



予め打っておいた極太のちぢれ麺を茹でて、スープを張り肉味噌とチンゲン菜をトッピングして担々麺の完成です♪
b0208961_1456663.jpg





肉味噌で白いご飯を食べたいぐらい美味い(^^♪
b0208961_14562952.jpg





啜って食べる麺ではなくて、噛んで食べるモチモチの麺もいいな~
b0208961_1457924.jpg





最初から辛くせずに、お好みでラー油を加えて辛さを調整して食べましょう!(^^)!
b0208961_1953552.jpg

残った担々スープを沸かしてご飯を入れて溶き卵を入れて二度美味し!(^^)!


あっ! 炭水化物の摂取はほどほどに・・・。



マヨネーズのテレビCMで、「サンドイッチは片手で食べるサラダ」と言っていました。




刻んだ生野菜と茹でたショートパスタをマヨネーズと塩胡椒で和える^^)!

b0208961_96502.jpg





オリーブオイルを加えるとイタリアンっぽくなりパスタかな~
b0208961_97948.jpg





これはサラダ? それともパスタ?
b0208961_973137.jpg





ま~ 「サラダうどん」と言う食べ方があるのだからパスタでしょう!
b0208961_975132.jpg

最近、ショートパスタの面白さに気が付きました!(^^)!

日本には何故短い麺がないのかな~


手打ちしたスパゲッティをウドン出汁でたべてみる。

b0208961_10331311.jpg

注)平打ちのウドンに見えるけれどパスタです。





粉末の東丸のウドンスープの素をお湯で溶いて注ぎます。
b0208961_1033342.jpg





見た目は完全にお饂飩です(笑)
b0208961_1034082.jpg





トッピングすれば、和風のスープスパッの完成です♪
b0208961_10341999.jpg





ま~ 殆どお饂飩です!(^^)!
b0208961_10344323.jpg

日本のウドンとイタリアのパスタは兄弟なんですね!


中国の「麺」が西に渡りパスタとなり、東に渡ったのがウドンと言われています(諸説あり)


勿論、シルクロードを通ってね ♪ガンダ~ラ ♪ガンダ~ラ


蕎麦屋のサイドメニューの親子丼を作ってみました。

b0208961_1242558.jpg

左手の麻痺は残っていますが、卵を割ったり溶いたり、肉や野菜も切れるようになってきました。





蕎麦切り包丁も使えるようになるかな?
b0208961_12433314.jpg


エアー蕎麦切りで練習してみよう!(^^)!




麻痺の残る左手ではフォークをくるくる器用に回せない(>_<)

b0208961_12463647.jpg





あっ! 本場イタリアではくるくる巻かずに食べるとか・・・。

b0208961_1247460.jpg


スプーンを一緒に使うのも子供だけだとか・・・。
←menuへ