カテゴリ:ウドン打ち( 213 )




粉に加える水の量を測る時に、計量カップの体積ではなく、デジタル秤を使って重さで量る事。

b0208961_9373539.jpg

注)生パスタの加水率は蕎麦ほどシビアではないけれど、キッチリ量る癖をつけたほうが良いです。





「ま~ だいだい、こんなものか~」でやると、
b0208961_9415449.jpg

上手くいったときは良いのですが、失敗した時に修正が効きません。



「前回45%で少し固かったから、今度は47%でやってみよう」

「前回47%で少し緩かったから、今度は46%でやってみよう」

そんな繰り返しで、その粉に適正な加水率を導き出すんです。



「たっこにんにく」を使ってホウレン草のパスタ(^^♪

b0208961_1365223.jpg

注)ニンニクの名産地である青森県でも、特に有名な田子町産のブランドニンニク





ホウレン草は秋田県の大館市産だけど普通のハウス物
b0208961_1371314.jpg




シラス干しの塩味とニンニクだけで美味い!(^^)!
b0208961_1373244.jpg

ここだけの話、オイスターソースを少しだけ入れています(小声で)


アッ! 唐辛子は中国産でした。


何年か前に、テレビで取り上げられて話題になった「水漬けパスタ」をやってみました。



ドライパスタ(乾麺)をバットに並べ、かぶるまで水を注ぎます。

b0208961_13343676.jpg

注)モチモチの生パスタに近い食感になるのだとか。





1.7mmで7分茹でるパスタを2時間放置したら、水を吸って白っぽくなりしなやかに。
b0208961_1336088.jpg





具材のキャベツと1分ほど茹でました。
b0208961_13363276.jpg

注)茹でると白かったものが透明感が出て、いつもの艶がある麺線になります。





ソースと合わせて完成(^^♪・・・でも、やっぱり生パスタには程遠い(>_<)
b0208961_13373240.jpg

干し蕎麦で同じことをやったことがありますが、干し蕎麦は手打ち蕎麦にはなりませんでした。


干し蕎麦が生蕎麦になったら蕎麦屋がおまんまの食い上げです。



肉厚のシイタケを手に入れました!(^^)!




・・・で、角切りシイタケの和風パスタを作ってみました。

b0208961_1212345.jpg





バターや胡椒を使っても和風とは(苦笑)
b0208961_121411100.jpg





お湯を沸かす時間に下拵えをしましょう。
b0208961_1218305.jpg





賽の目切りと言うけれど本当にサイコロみたい(^^♪
b0208961_12132227.jpg





パスタの茹で汁を入れてもシイタケが吸ってしまいます。
b0208961_1216085.jpg





和風なので醤油でもいいけど、渓パパ庵は蕎麦屋なので蕎麦汁で味付け。
b0208961_12221693.jpg





揉み海苔を散らして和を演出!(^^)!
b0208961_12163411.jpg





蕎麦屋なのにパスタで御免なさい
b0208961_12193150.jpg

左手の麻痺は蕎麦打ち出来るまで回復していないんです。


パスタの世界には 「具無しパスタ」 と言うジャンルがあるようです。



ま~いわゆる貧乏飯ですね。

b0208961_10105232.jpg
) 




肉や野菜などの具材を使わずに、調味料(香辛料含む)で作るパスタです。
b0208961_10111963.jpg





基本の塩胡椒に醤油だけみたいな事です。
b0208961_10123490.jpg





味噌、醤油に限らずニンニクや唐辛子などはOK 
b0208961_10132536.jpg





サラダ油、オリーブ油、ごま油等オイルもOK 
b0208961_10143143.jpg

マヨネーズ、ケチャップ、麺汁、ソース等もOK




あなたが腹ペコの貧乏学生だったら、どんな具無しパスタを作りますか?


パスタの影響を受けたのか、立体的にうどんを盛るお店もあるようです。



渓パパも練習したけれどなかなか上手に出来なかった>_<)

b0208961_14192222.jpg

注)二か所ほど麺線の端がはみ出ているから減点!




気どらずに、やっぱり大盛が良いな~
b0208961_1419405.jpg



向上心が希薄な渓パパ(>_<)



前回、擦りおろしニンニクと粉唐辛子でペペロンチーノを作った。

b0208961_1326565.jpg





今回はさらに簡単になるようにガーリックパウダーと一味唐辛子で作ってみました!(^^)!

b0208961_1327353.jpg





ガーリックパウダーと一味唐辛子が焦げないようにオリーブオイルに香りを移します。
b0208961_132757100.jpg





香りが立ってきたらパスタをINして、オリーブオイルと同量の茹で汁を加えて乳化させます。
b0208961_13293274.jpg

注)一味唐辛子の粒が見えていますね!





塩と黒胡椒で調味して完成♪
b0208961_1329502.jpg





ま~生のニンニクの香りには敵わないけれど、主夫のランチにはちょうどいいでしょう!(^^)!
b0208961_1330678.jpg





ま~ニンニクや唐辛子を刻む必要がないのでまな板も包丁も使いませんよ。
b0208961_1346720.jpg


ボラ飯だけどね~




お馴染みのパスタであるペペロンチーノは、別名で「絶望のパスタ」とも言われています。

b0208961_1345581.jpg

注)台所にある食材がニンニクと唐辛子だけと言う哀しい状態(>_<)





え~ ニンニクも唐辛子も切らしたので、
b0208961_13463082.jpg

すりおろしニンニクと韓国調味料の粉唐辛子でペペロンチーノをつくってみました。





オリーブオイルを低温で熱しニンニクを焦がさないように香りを立たせます。
b0208961_13475987.jpg





このオイルソースにパスタをINして、
b0208961_1348267.jpg





オリーブオイルと同量のパスタの茹で汁を加えて、分離している水と油を乳化させます
b0208961_13494519.jpg





ま~ニンニクの香りは殆どしないし、粉唐辛子の影響で麺が赤くなり韓国料理みたい(>_<)
b0208961_13502710.jpg





唐辛子の辛さはしっかりあるけど、生のニンニクを使うのと香りが全然違うな~
b0208961_1351037.jpg

ペペロンチーノは日本でいえば「おかかご飯」みたいなものでしょうか。


イタリアのレストランのメニューにペペロンチーノはないのだそうです。



マヨネーズのテレビCMで、「サンドイッチは片手で食べるサラダ」と言っていました。




刻んだ生野菜と茹でたショートパスタをマヨネーズと塩胡椒で和える^^)!

b0208961_96502.jpg





オリーブオイルを加えるとイタリアンっぽくなりパスタかな~
b0208961_97948.jpg





これはサラダ? それともパスタ?
b0208961_973137.jpg





ま~ 「サラダうどん」と言う食べ方があるのだからパスタでしょう!
b0208961_975132.jpg

最近、ショートパスタの面白さに気が付きました!(^^)!

日本には何故短い麺がないのかな~


手打ちしたスパゲッティをウドン出汁でたべてみる。

b0208961_10331311.jpg

注)平打ちのウドンに見えるけれどパスタです。





粉末の東丸のウドンスープの素をお湯で溶いて注ぎます。
b0208961_1033342.jpg





見た目は完全にお饂飩です(笑)
b0208961_1034082.jpg





トッピングすれば、和風のスープスパッの完成です♪
b0208961_10341999.jpg





ま~ 殆どお饂飩です!(^^)!
b0208961_10344323.jpg

日本のウドンとイタリアのパスタは兄弟なんですね!


中国の「麺」が西に渡りパスタとなり、東に渡ったのがウドンと言われています(諸説あり)


勿論、シルクロードを通ってね ♪ガンダ~ラ ♪ガンダ~ラ
←menuへ