ノコギリで楽々除雪


軒下に雪の山が出現しました。

b0208961_8442519.jpg





これは退治しなければなりませんね。
b0208961_11262582.jpg





過去記事にも書きましたが、渓パパはノコギリを使って雪かきするんですよ。
b0208961_1126433.jpg

注)最近の住宅は高気密高断熱のためツララ(氷)が下がらないので、屋根から落ちてすぐならノコギリで切れるんです。





雪の山からノコギリを使ってスノーダンプの幅に切り出します。
b0208961_11271543.jpg

注)渓パパのスノーダンプは鉄板製、アルミや樹脂製では壊れてしまいますよ。





余り大きい時には倒してから半分に切って運んでもOK
b0208961_11275184.jpg

テコの原理を使えば雪の柱を横に倒すのも力は要りません。





水路に向かって緩い下りのスロープにしているので力は殆どいりません。
b0208961_11282220.jpg





2時間ほどで終了♪  雪かきは雪国に暮らす男の必修科目ですからね。
b0208961_11305447.jpg





あっ! 中滝ふるさと学舎に渓パパが使っているような大きなノコギリが展示してあります。
b0208961_11462246.jpg



もちろん、木を切るための道具ですよ。





追伸:

ノコギリを使って除雪する方法をネットで調べたら、 「雪ヒキノコ」 という専用の道具がありました。


ノコギリを使った除雪方法は、渓パパのオリジナルと思っていたのですが・・・。
by keipapa3 | 2014-02-03 17:47 | 風物詩 | Comments(8)
Commented by mizu at 2014-02-03 20:08 x
雪山でピットチェックの時に使う雪や氷をカットするスノーソーは持っていますが渓パパさんが持ってるノコギリは大きくて使いやすと思います。
スノーダンプも高級のですね!
Commented by もちとち at 2014-02-03 20:54 x
鉄製のスノーダンプ。。
今でも売っていますか。
除雪車が寄せていった、家の前の
雪を寄せようとして、樹脂製のスノーダンプを
壊したのですが、鉄製を探しても見つけられま
せんでした。
Commented by 小坂鉄道 元車掌 at 2014-02-03 21:25 x
除雪作業、お疲れ様でした。軒下の雪は大きいですがすぐになくりなくなりましたね。さすがです。
私も除雪ではスノーダンプをよくこわし怒らています。
これからはたくさん降らないといいのですが、そうはいかないですよね。
られいなす。
Commented by ニャンコ at 2014-02-03 21:54 x
男の必修科目ですか。

ニャンコは赤点だなぁ…
Commented by keipapa3 at 2014-02-04 12:06
mizuさん
冬山に持って行くには携帯性も求められますからね。
ホームセンターで売っているような廉価品と
金物屋さんで扱っている道具は使い勝手がちがいますね。
Commented by keipapa3 at 2014-02-04 12:06
もちとちさん
浅香工業と言うメーカーの金象印のスノーダンプなので検索してみてください。
2011年に毛馬内の加藤金物さんで購入したスノーダンプなので4シーズン目です。
今朝、通勤途中に車の窓から店先に並んでいるのを見ました。
雪かきは渓流解禁に向けて体力づくりと思いながらやっています。
Commented by keipapa3 at 2014-02-04 12:06
小坂鉄道 元車掌さん
樹脂製やアルミ製では硬い雪や氷に対しては歯が立ちませんが、
軽さや滑りの良さでは鉄製より断然上。
新雪用には樹脂製、硬い雪には鉄製と使い分けています。
家の近くに川や水路があると助かりますよね。
Commented by keipapa3 at 2014-02-04 12:07
ニャンコさん
兄が帰省した時に手伝ってもらったら汗だくでやっているんですよ。
ウエアーをこまめに調節して絶対に汗をかかない様にするのがコツです。
汗で濡れた体で寒風にさらされると一気に体温が奪われますからね。
あっ! テキトーに休みながらやるのもコツですね(笑)
←menuへ