渓パパは、蕎麦打ちの初心者でも、簡単に一人前の蕎麦(ウドンも)を打つ方法を研究中です。



無割蕎麦の生地を上手く延ばせた型枠2号機を使って、いよいよ蕎麦の生地を延ばしてみます。

b0208961_1337659.jpg





円筒形に成型した蕎麦の生地に打ち粉を塗して型枠2号にはめます。
b0208961_13374694.jpg





枠の形をした板で平らに均します。
b0208961_1338529.jpg





型枠から蕎麦の生地を押し出して型枠から外し、延し板の中央に置きます。
b0208961_13391467.jpg





ローラー又は麺棒を押し付けて、徐々に薄く延ばしてゆきます。
b0208961_1338413.jpg





薄くなったら、今度はローラーを転がして目的の厚さまで延ばしましょう。
b0208961_13394560.jpg





苦労せずに目的の厚さまで延ばし終わりました。
b0208961_10514553.jpg





ん~ 少しだけ四つ角が出っ張ってしまいました(>_<)
b0208961_13492040.jpg





ん~でも、 1号機(試作機)の時よりも、両サイドを真っ直ぐに延ばせました!(^^)!
b0208961_1349479.jpg



考察:蕎麦の生地はウドンの生地とまったく違う延び方をする。

ん~ つまり、ウドン用と蕎麦用では形を変えなくてはならないということですね。

渓パパは、蕎麦打ちの初心者でも、簡単に一人前の蕎麦(ウドンも)を打つ方法を研究中です。




掌で円筒形に丸めた生地をローラーで延ばすと、ま~こんな感じで歪に延ばされます。

b0208961_10121998.jpg





すると、麺帯の両サイドが直線でないので、切った時に麺線にならなかったり短い麺線になってしまいます(>_<)。
b0208961_9264351.png





・・・で、型枠を使って、この形から延ばし始めると、両サイドを直線にしやすいんです。
b0208961_9453350.jpg





ローラーか麺棒を使って縦方向だけに延ばすだけ♪
b0208961_941647.jpg





え~ 一人分のウドンの生地を延ばし終わりました。
b0208961_9255817.jpg





2枚に畳んで切ると、赤い線の外側は 「耳」 と言ってきれいな麺線にならない部分できます。
b0208961_9311398.jpg

・・・でも、最小限に済んでいます!(^^)!




道具を工夫すれば、蕎麦打ちの初心者でも長く繋がった蕎麦(ウドンも)を打てるはず。
b0208961_10223719.jpg



次回は、この型枠を使って蕎麦の生地を延ばしてみます。


上手くいくかな~


渓パパは、蕎麦打ちの初心者でも、簡単に一人前の蕎麦を打つ方法を研究中です。


前回、木で作った型枠にウドンの生地をはめこんでから、

b0208961_1343247.jpg

薄く延ばす方法を試みたらうまくいきませんでした。





・・・で、いろいろ反省して、新しい型枠を作ってみました。
b0208961_13435125.jpg

一号機(試作機)より幅を広く面積も広くして、更に、くびれは穏やかにしてみました。





無割蕎麦の生地を型枠にはめて最初は掌で広げて、次に指先を使って広げます。
b0208961_13453368.jpg





ん~ うどんの生地は一度延ばしても元の形に戻ろうとするので、隅まで生地が入っていきません。
b0208961_1346373.jpg





はいっ! ここで型枠の形と同じ板で押し込みます。
b0208961_13462381.jpg





この形から、麺棒かローラーを使って、縦方向に延ばせば長方形の麺帯が出来るはず。
b0208961_13464273.jpg





型枠を外してローラーで延ばしてみます。
b0208961_13471561.jpg





ま~ 何とか長方形っぽい形にのばせました!(^^)!
b0208961_13473752.jpg





本当は、麺帯の縁を赤いラインのように真っ直ぐにして、同じ長さに揃えたいのですが、
b0208961_1443437.jpg

うどんの生地は蕎麦の生地と違い弾力性があるので、角はどうしても丸くなるようです。


ま~ 茹でてしまえば、多少長くても短くてもわからないのですが(笑)


話題の粉末状のドレッシングを使って、冷たい蕎麦を食べてみました。



先ずは、いつもの食えない蕎麦を打ちましょう。

b0208961_20375148.jpg





冷たい蕎麦に、粉末状のドレッシング(以下、粉ドレと表記)を振りかけます。
b0208961_2038153.jpg





本来、トスサラダとはボウルに野菜とドレッシングを入れ和えたサラダの事で、
b0208961_2041795.jpg

上からドレッシングをかけるより味がよくなじむので、ドレッシングの油や塩分の摂取を抑えられるそうです。





振りかけたままにしておいて、食べるときにトスして和えましょう。
b0208961_20383713.jpg





粉ドレ蕎麦の完成です♪
b0208961_2038584.jpg





ま~ お皿の中でトス(軽く持ち上げる事)して、粉ドレを蕎麦に和えて頂きました。
b0208961_20451299.jpg





ま~ 野菜をたくさん入れて、蕎麦サラダとして食べればそれなりかもしれませんが、
b0208961_20535884.jpg


ん~ 蕎麦の食べ方としては、この次はないでしょう(>_<)

ここ数日、晩酌せずに簡単蕎麦打ちの研究中です。

b0208961_22115219.jpg





ん~ どんな蕎麦になっても、打ち上がった蕎麦は試食せねばなりません。
b0208961_22164898.jpg





蕎麦は毎日食べてもいいと思うほど好きですが、やっぱり毎日ザル蕎麦では・・・。
b0208961_22121399.jpg

・・・で、おかずラー油を蕎麦汁にチョイ足しして、手打ち蕎麦を手繰ってみました。





辛そうに見えて、それほど辛くないおかずラー油を蕎麦汁にティースプーン一杯加えます♪
b0208961_22124876.jpg





渓パパが研究中の簡単蕎麦打ちで打った蕎麦を手繰りましょう。
b0208961_2213657.jpg





真っ赤な蕎麦ですが、見た目ほど辛くなく、麺線を啜ってもむせることはありません!(^^)!
b0208961_2213219.jpg





蕎麦っ食いには、ラー油なんか足したら蕎麦の香りも、汁の味もわからなくなると言われるかもしれんせんが、
b0208961_22134564.jpg


これはこれで美味しいです!(^^)!
渓パパの住む町はまだまだ雪ですが、スーパーで三陸の海の春を見つけました♪

b0208961_12421386.jpg





先ずは、無割蕎麦を打ちましょう。
b0208961_1316255.jpg





新物のメカブは洗ってから茎を切り取りましょう。
b0208961_12442577.jpg





ん~ 茹でるときれいな春色に変化します。
b0208961_12445640.jpg





トントントントン根気よく叩きましょう。
b0208961_15285133.jpg





そのままでも美味しいのですが、今日は大根おろしと混ぜてみました。
b0208961_15291213.jpg





冷たく〆た無割蕎麦に、メカブをトッピングしましょう。
b0208961_12455212.jpg





彩と香りつけに七色唐辛子を一振り♪
b0208961_1246850.jpg





三陸の春の香りをぶっかけスタイルで頂きます。
b0208961_1246261.jpg





こちらは、一月の下旬から二月の初旬にかけて最も雪が積もる時期です。
b0208961_12464674.jpg


早く春が来ないかな~
渓パパは、蕎麦打ちの初心者でも、簡単に一人前の蕎麦を打てる方法を研究中です。

b0208961_1318222.jpg





蕎麦の生地を薄い長方形に延ばすには、蕎麦の生地を横に延ばしたり、
b0208961_13183598.jpg





斜めに延ばしたりする必要がありました。
b0208961_13185811.jpg

ん~ これは少しだけ練習と言うか経験が必要なんです。




・・・で、練習しなくても簡単に薄い長方形に延ばす方法を考えてみました。




一人前の蕎麦生地を作ったら、円筒形に丸めて、真ん中をくびれさせます。
b0208961_15383363.jpg





延し板の上で型枠に詰めましょう。
b0208961_15385181.jpg





型枠を外して蕎麦の生地を取り出します。
b0208961_1539353.jpg





ローラーで縦方向にだけ延ばします。
b0208961_15395330.jpg

四角に延びそうです!(^^)!





薄くなったら四隅だけ延びすぎてしまいました(>_<)
b0208961_15403737.jpg

完全に失敗です(>_<) (>_<) (>_<)




ん~ 延ばした生地を見てみると、幅が足りないので、型枠の横幅を拡げて、
b0208961_1556556.jpg

四隅の生地が多すぎたので、くびれを緩やかにしてみてはどうでしょう?





型枠の形を改良すれば長方形に延ばせるかもしれません。
b0208961_1558776.jpg


また、挑戦してみます。
←menuへ