昨年のある暑い日の事です。

渓パパの勤め先の駐車場にジムニー停まっておりました。

渓パパもジムニーに乗っているので、このジムニーのオーナー様がどなたか気になり、

近づいてみると何やら渓パパと同じ匂いがします。

注)加齢臭じゃありませんよ。




車内をチラッと覗いたところ、フライロッドとフィッシングベストが車内に鎮座しておりました。

お~やっぱり。

注)渓パパは覗きの趣味はありませんよ。



数日後に機会があり声を掛けたところ、今度一緒に釣りに行きましょうとなったのですが、

お互い忙しく(本当は、渓パパはそれほど忙しくはありません)昨シーズンは一緒に川に行く前に禁漁を迎えてしまいました。




そんなわけで、そのジムニーのオーナー様であるOさんと、二人でタイイングする事にしました。
b0208961_9112783.jpg





渓パパは人様のタイイングを拝見したり、逆に自分のタイイングを、

人様にお見せすると言った機会はあまりないので凄く楽しみです。
b0208961_9115488.jpg





普段は持ち運ぶことはないのですが、出張セットを組んでみました。


蛍光灯以外はバットの中に納まりました。
b0208961_914323.jpg

注)渓パパのタイイングに蛍光灯とローガン鏡は必需品。



Oさんにはタイイングの 「裏技」 や 「隠し技」 あるんじゃないですか?

え~  今から言っておきますが、

「裏技」 や 「隠し技」 は教えた時点で隠し技ではなくなりますからね(笑)

昨日は自治会で計画した除雪の日でした。


町から重機を出動してもらい自治会の住民で雪かきをします。

動ける方は爺さん婆さんもお手伝い、と言うかこっちが主力(ネンキが違います)
注)地域全体が高齢化してきています。

b0208961_11204061.jpg



今は自己責任とか受益者負担とかいう世の中ですけど、渓パパが住んでいる自治会では、

「お互い様」 とか 「みんなのために」 という精神が生きています。



渓パパは先日購入した鉄製のスノーダンプを使って、ゴミの集積所の周りの雪を片づけました。
b0208961_1121321.jpg




え~この鉄製のスノーダンプは凄く頑丈で、少しぐらい硬い雪もへっちゃらです。

しかしそれがやたら重いんです。

アルミ製や樹脂製のスノーダンプしか使った事がない人は、筋力トレーニングと間違えるくらいです(笑)



ひと冬使ったらタイガーマスクのようにムキムキになって、


#6ロッドだろうが#7ロッドだろうが、#3ロッドのように軽々と振れそうです(笑)
皆さんは一度使用してへたってしまったフライをどうしていますか?


残念ながらフライは消耗品です。

完璧なバランスで巻きあげた(と思っている)フライも、魚を釣り続けるうちにハックルファイバーが減ってきたり、

ピーコックハールのフリューが取れたり、ダビングボディーがほつれてきたり、エルクヘアーが擦り切れて減ってきたりします。




使用前
b0208961_1325964.jpg

自分の思い通りに浮かなくなったりした時点で、新しいフライに交換します。





使用後
b0208961_1332412.jpg



使い終えたフライはもちろん川に捨てたりせずに、フライボックスに仕舞います(渓パパはフライパッチを使いません)

注)濡れたフライをフライボックスに戻さない人もいます。




自宅に持ち帰った二度と使わないフライを一つの箱に移します。
b0208961_1341799.jpg

渓パパは 「フライの墓場」 と呼んでいます。




実はこの墓場、フライタイイングのヒントの宝庫なんです。
b0208961_1344734.jpg



使いものにならなくなったフライを、視診したり触診したり時には解剖したりします。


そして何が原因で、使いものにならなくなったのか?

どこが最初に壊れたのか?などを分析し、次のタイイングの時にその点に気をつけながらタイイングします。


え~ 全てのフライがお墓に入る事が出来るわけではありません。

渓パパの下手なバックキャストのせいで、河原の高い木の枝に絡まって回収できずに、

ぶら下がったままのフライもあります。



ミノ虫にしてしまったフライ達よ、ごめんなさい。

お隣岩手県はわんこ蕎麦が有名ですよね。

蕎麦の他にもじゃじゃ麺、冷麺、それからひっつみなんてのもあります。

蕎麦や小麦と言った雑穀を食べる文化が根づいてるんですね。


それに比べ秋田県は昔から米どころだったので、清酒やきりたんぽと言った米の文化なんです。
b0208961_14133763.jpg




そんな米文化の秋田県に、小麦を使った食べ物があります。


日本三大うどんに数えられる手延べの干うどん。
b0208961_14141318.jpg

「稲庭うどん」 です。



その美味しさは渓パパの下手なコメントでは表現しきれません。



文句なしの美味さです。
b0208961_14151886.jpg

注)蕎麦打ち好きの割に盛り方が雑ですね(反省)




渓パパの蕎麦とは、比較すること自体失礼にあたります。
b0208961_14162657.jpg



お値段が普通の干うどんの三倍はしますが、間違いなく三倍以上の美味しさがあります。


佐藤養助商店の直営店が、県南の湯沢市稲庭町にあるのですが、渓パパの家からだと縦長の秋田県をほぼ縦断です。

それでも今年あたり一度行って見たいと思っています。
息子Kが所属するスキークラブの、山での練習が今日から始まりました。

b0208961_1203156.jpg



ここのスキー場は今年の国体会場です。

特徴はアルペンとジャンプとクロスカントリーの3つの競技施設が一か所に集まっている事です。



アルペンコース
b0208961_121722.jpg





ジャンプ台
b0208961_1213972.jpg





クロカンコース
b0208961_12286.jpg



全ての種目が開会式、競技、閉会式と移動なしに出来るので、運営上時間や経費を抑える事が出来るそうです。

選手や大会役員それからギャラリーも楽ですよね。



息子Kよ、

そんな会場で練習できる事は幸せな事です。スキーがやれる事を当たり前と思わず、感謝の気持を忘れずにがんばりなさい。








子供たちをスキー場に送り届けた帰り、壊れたスノーダンプを買い替えるために金物屋さんに寄りました。
b0208961_1233256.jpg





そしたらなんと偶然にmizuさんにお会いしました。mizuさんもスノーダンプをお買い求めでした。
b0208961_1235691.jpg


ホームセンターではなく金物屋さんに行くあたりは、魚釣りのみならず雪かき道具も本物志向のようですね。

新年を迎え、新しいカレンダーや手帳を眺めながら、今シーズンの釣行計画を練っている方も多いのではと思います。


ところで皆さんの一週間は何曜日から始まりますか?

月火水木金土日(げつかーすいもくきんどーにち)

それとも

日月火水木金土(にちげつかーすいもくきんどー)
注)生まれた年代によって分かれるようです。



渓パパは昭和のアナログおやじなので、月曜始まりがしっくりきますが、近頃のカレンダーは日曜始まりが普通ですよね。
b0208961_16434541.jpg




渓パパの場合、手帳だけは月曜始まりのものを使って、スケジュールの管理をしています。
(本当は管理するほど忙しくないけどね)


また、一応ケータイも使ってはいますが、カレンダー機能を使ってアラームを鳴らし

大事な集まりをすっぽかしたり忘れ物などしないように使う程度。
b0208961_10331645.jpg




日曜始まりなら土曜日が週末ですが、週休二日制が定着した日本では、週末とは土日をさす事が多いように思います。

注)仏教徒の渓パパには宗教的にはどうなのかわかりません。

b0208961_16425562.jpg



月曜始まりの手帳を使うと土曜日と日曜日がくっ付いているので、週末の釣行予定が立てやすく感じます。


でも、決してお休みが増える事はありません(笑)

昨日の疑問を解決すべく、山梨県が関東かどうか調べてみました。


すると山梨県は法律上首都圏であるが、行政上は中部地方に分類されるとありました。


それでは首都圏とは何か調べてみました。

日本の 「首都」 は言わずと知れた東京ですが、

「首都圏」 とは法律的には東京、千葉、神奈川、埼玉、茨城、栃木、群馬及び山梨の一部。

メディアなどでは東京、神奈川、埼玉、千葉の一都三県や、皇居から50~100Km圏内など色々な解釈がありました。




法律的にはクニマスは首都圏で発見されたという事になりますね(笑)
b0208961_1336115.jpg



渓パパが山梨県で思い浮かぶものは、

富士山     もちろん日本一高い山 (渓パパは富士吉田側から登山経験あり)

忍野      スプリングクリークでのサイトフィッシングはフライマンの憧れ。

富士五湖    山中湖、本栖湖、精進湖、河口湖そして西湖。

武田信玄    風林火山は歴史好きでなくとも知っています。

ほうとう    平たい煮込みうどん、かぼちゃがメインの具材でとろみがある。

b0208961_14103880.jpg

注)渓パパは蕎麦が好きだけど(もうみんな知っているか)



あと八ヶ岳、清里、甲州ぶどう・・・。


こう言っては何ですが、首都圏と言うよりも、大いなる自然のイメージです。
←menuへ