辺り一面のシロツメクサの中に、
b0208961_14455925.jpg





一か所だけアカツメクサが・・・。
b0208961_14462378.jpg

注)アカツメクサは英語でレッド クローバーと言うそうです(そのまんま)





周りに流されやすい渓パパには出来ない生き方です。
b0208961_14471399.jpg





今時のフライ事情ではロングリーダー・ティペットが主流のため
空気抵抗が少なくティペットが撚れにくい
水平ハックルのパラシュート フライがマジョリティーですが、
今シーズンからマイノリティーの縦巻きのフライも試しています。

b0208961_1447457.jpg




渓パパが好きな20Cmのイワナでも大きく曲る
7フィート6インチの#3 ロッドに(笑)
5X12フィートのリーダーに6Xのティペットを継ぎ足し、
ロッド一往復+αの長さのタックルでは
#10の縦巻きフライは空気抵抗が大きすぎてターンしないんですよ。
注)たぶんキャスト力ではなくタックルバランスの問題だと思います008.gif



#10の縦巻きフライを使えるタックルバランスに変えようか、
#10の縦巻きフライは狭い川での短いリーダーティペット用にしようか、
b0208961_14465641.jpg




渓パパの四つ葉のクローバー捜しは終わりません。
今日は日曜日で晴れていますが、
母Mは自治会の婦人部の旅行に出かけ、娘Sは卓球の大会(個人戦)
妻Mはその応援で息子Kは剣道の昇級試験なので、今日は車いすの父Mとお留守番。
と言うわけで釣りネタがないので昨日のお話です。



実は昨日、卓球の応援に行ったのですが、
勝負が見えた時点でどうしても川に行きたくなってしまい、
1時半頃体育館を抜け出しました。


川選びの条件は重役出釣なので近くの川で、
増水と濁りを避けるために普段あまり水量のない川にしました。


川に到着、何時も釣り上がるところは案の定増水と濁りでだめでしたが、
目星を付けた所まで登ったら、何時もこの時期ならあまり水がないのですが
ドライフライに丁度いい水量です。うっしししし。
b0208961_12244271.jpg




周囲も川底も赤い川です。
b0208961_12251058.jpg






イワナは陽の当らないエグレの奥から釣れるやつは真っ黒だったり、
底石が白っぽくて陽の当たる明るい川では白っぽいし
水が青く見える川では青っぽいのが釣れますよね。
あ~それから中には黄金に輝くイワナもいます。




昨日は底石が赤い川に行ったので赤いイワナが釣れました。
b0208961_1225516.jpg

注)お腹が赤いのは一杯いますが唇まで赤いのは珍しいです。




タコやカメレオンのように瞬時には変色しませんが、
同じ個体でも棲む場所が変わると体色も徐々に変化するのでしょうか?
b0208961_12381031.jpg



イワナって本当に面白い魚ですね。




b0208961_12491986.jpg



渓ではタニウツギが散り始めていました。
釣りの予定を諦め、娘Sの卓球の応援に行ってきました。



がんばれ~ 坂中
b0208961_2146414.jpg






フルセットにもつれ込むナイスゲームが多かったです。
b0208961_21523722.jpg




渓パパの掌は拍手で真っ赤、喉は声援で枯れました。


結果、男子団体は準優勝、女子は優勝でした。


ま~どんな結果に終わったとしても、
親父やお母ちゃんになると全てが思い出になるんですよ。





一緒に応援に来ていたY母ちゃんに
渓パパのブログは釣りの話ばかりと言われたので、
ここからは渓パパの青春物語を・・・。



こう見えても(見えないか)渓パパは中学の時には柔道部のキャプテンでしたよ。
3年の時の郡市総体では団体戦で優勝し、
全県大会に出場したんですよ(ちょっと自慢)
注)秋田市の八橋にある県立スポーツ会館が会場でした。


試合前は相手も中学生なんだから勝機は五分五分と思っていましたが、
予選リーグで2試合とも組んだ瞬間に投げられ、渓パパの青春は終わりました。
注)秒殺というやつです。

そのあと女子のソフトテニスの応援に行きました。
注)本当はアンスコを見に行きました(青春ですから)




え~卒業式の日に柔道部の顧問の先生に呼び出され、
何も悪い事はしていないはずなのにと思いながら職員室に行きました。

そしたら○里先生が、3年生部員に
何もしてやれなくて済まなかったといいながら、
祝 県大会出場と刻んだメダルを一人一人に手渡して下さいました。
注)○里先生とはM母ちゃんのお父さんです。



青春に乾杯って今日も飲むのか。

東北北部に梅雨前線が停滞し、秋田県三大河川の一つである
子吉川の流域では大雨と洪水による被害が出たと、
NHKの全国の昼のニュースで報じられていました。
被災されました方々に心よりお見舞い申し上げます。



そんなわけで、明日予定していたsatakaさんとの
「完全復帰記念釣行」 は延期となりました。



釣行を予定していた川の下流域の様子。
b0208961_21152050.jpg

朝はこれ以上の増水と濁りでした。
注)解禁間近の鮎も心配です。




大雨のため流域沿線のローカル線は一時運休しましたが夕方には再開。
b0208961_21155876.jpg




ま~支流の沢に潜り込めば、釣れないこともないとは思いますが、
狭い沢ではsatakaさんの爽やかキャストが見られませんからね。



一緒に釣りに行けないのは残念ですが、
それもまたフライフィッシングでしょう。
次の機会にはお天気に恵まれることを天に祈ります。




娘Sよ

そんなわけで明日は卓球の応援に行く事にしました。

来年の大会は釣りの予定は組まずにおくので、
「どうせ釣りに行けず暇だから来たんだろう」 とは
決して思わないように・・・。
フライマンならイワナやヤマメには鰭(ひれ)が全部で何枚あるか解りますよね。


ある日、折り紙職人のめいこさんに
「イワナの鰭は全部で何枚ある?」 とクイズを出したら、
「え~2枚 いや3枚」 と言う珍回答。



b0208961_15555398.jpg






正しくは、
b0208961_1615948.jpg

この6種類ですが、




胸鰭と腹鰭は左右に対で有るので、
6種類8枚が正解です。
b0208961_14152825.jpg




サケ科のイワナやヤマメには脂鰭(あぶらびれ)と呼ばれる
脂質で出来た鰭があるのが特徴です。



めいこさんは釣りの事は知らないけれど主婦の鑑ですからね。
今度魚を下ろす時にじっくり観察してみてください(笑)
昨日はノースさんとご一緒しました。


前半のノースさんは、やっと出たと思ったら合わせ切れ。
b0208961_1131799.jpg

注)フライを結びなおす時間は反省タイムです。


しかし、この次も合わせ切れ。

次はリトリーブを忘れてフライラインが思い切りたるんで合わせが効かず。

次はゴミに引っかけたと思ってピックアップしたらイワナが掛かっていて、釣ったのではなくい釣れちゃった状態。


ま~2度目のフライフィッシングですからね。

でもノースさん、たかが20数センチの魚でも凄く悔しいでしょう。

渓パパもそうだったけれどその悔しさが技術向上の原動力なんです。





b0208961_11192915.jpg






後半、バックキャストを高くその分フォワードキャストを低くし水面近くでターンさせるようにアドバイスしたら、
b0208961_11152699.jpg

神風が吹いた時にだけターンしていたへろへろキャストがコントロールできるようになってきました。






途中、川岸のレストランでランチ中のおばさんお姉さん達を発見。
b0208961_11204769.jpg






いきなりキャストせずに、流れの形、流速、水深、水面の粗さ、底石など読んでいます(たぶん)
b0208961_11221458.jpg





「お姉さん達が見ているここで釣ったらカッコいいよ」 とノースさんと話していたら
b0208961_11213081.jpg

本当に釣ってしまいました(もっています)





その後、ここまで5匹全てサイドキャストで釣ったのでオフショルダーキャストの重要性を説いていた時に、
b0208961_1124281.jpg


オフショルダーキャストでの初めて一匹を釣ってしまいました(やはりもっています)





最後と決めた堰堤でバブルラインについて説明してドリフトするコースを教えてから

ノースさんに何度かキャストしてもらいましたが出ません。



そこで渓パパがリーチキャストを説明するためにロッドを借りて一振りやって見せたら、
b0208961_1126354.jpg

今日一のヤマメが出ちゃいました。


渓パパももっています(笑)




ノースさんこの日の釣果は7匹でしたが、

そのうちサイドハンドキャストが6匹でオフショルダーキャストで釣ったのは1匹だけ。

半々で釣れるようになったら違う世界が見えてきますよ。




b0208961_11271486.jpg


帰り道、滝つぼの右岸の巻き返しを高いところから覗いたら

釣れるものなら釣ってみろとばかりにイワナが群れていました。

今日は今シーズン最大のヤマメをかけました。



それがかけた場所が悪くハンドランディングしたらヤマメが泥まみれ・・・。

b0208961_1791854.jpg





ヤマメの顔に泥を塗ってしまいました。
b0208961_1794140.jpg






ランディングネットがあれば綺麗な写真が撮れたのに・・・。
b0208961_1710093.jpg




とりこむだけならネットの必要性は感じないんだけど、
絵になるランディングネットやっぱり欲しいナ~

ブログを始めてから真剣に思うようになりました。
←menuへ