<   2017年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

息子がバスケットボールを教わったクボタコーチノの訃報に接し涙しています。。
ありがとうございますF7C4.gif
これからは空から子供らを見守って下さい

入院生活のためお別れに行けません ベッドのうえで合掌
渓パパが倒れてから高校2年の2学期を迎えた息子k地元就職も視野にいれて進路を考え直している

お前の易しさは十分わかつた。後悔しない進路を選べよ〜


岩手在住のフライマンのオリジナルを渓パパにとって使い易いように改良しました。



オリジナルはボディーをハックルストークで巻くのですが、ストレッチフロスに変えて重くしました。

b0208961_11395661.jpg

それから、ウィングの前後に巻いていたハックルをウィングの前だけにして巻きやすくしました。


水面に浮かべるドライフライをわざと重くして何が良いのだろうとお思いのあなた。


フライを浮かせる前に水面まで届けなくてはいけないのですが、投射性が良くなるんです。
お隣さんの敷地に二度咲きするアカシアの木がありました。

b0208961_839628.jpg





ん~それが、お隣さんの空き家の解体に伴い伐採されてしまいました(>_<)
b0208961_8395831.jpg





・・・で、このアカシアの木からこぼれた種が芽を出して成長したら花を咲かせました。
b0208961_8402274.jpg

セイダカアワダチソウの黄色い花が一緒に咲いているから、6月ではないことが分かりますよね。





二度咲きするアカシアでアカシアの天ぷらを揚げて、 
b0208961_8404243.jpg





八月にアカシアの天ぷら蕎麦♪
b0208961_8405454.jpg



良いよね~


素人の渓パパが逆立ちをしてもお蕎麦屋さんの汁を作ることはできません(>_<)



・・・で、市販の蕎麦汁を使うのですが、蕎麦屋の汁に近づく方法です。

b0208961_1752996.jpg

注)水で希釈するタイプの汁を使っています。





厚削節を使って出汁を引きます。
b0208961_955142.jpg

濾して粗熱が取れたら、漏斗を使ってお茶が入っていたペットボトルに詰め替え保存します。





市販の汁を指定された通りに、水ではなく作っておいた出汁で割ります。
b0208961_961555.jpg





甘汁なら蕎麦汁1に対して出汁が6、
b0208961_965254.jpg





辛汁なら蕎麦汁1に対して出汁が3
b0208961_974034.jpg





冷かけの時は冷蔵庫で冷やしておきましょう。
b0208961_985317.jpg





ネットを見ると、自宅で簡単にお蕎麦屋さんレベルの汁を作れるなんて書いてあるけど、
b0208961_9282026.jpg

家庭でお蕎麦屋さんレベルの汁が作れたら、蕎麦屋の商売あがったり、ですからね(笑)



ま~ お蕎麦屋さんの汁には及びませんが、かなり美味しくなるはずです!(^^)!


お試しを・・・。


午後には二人の兄と娘Sが帰省するので、午前中だけチョイ釣りしました。



遠くに行くと往復の時間がもったいないので、道の駅の前を流れる川です(笑)

b0208961_1131993.jpg





今日は水量も水色も水温もいいので、魚の食い気が高すい予感。
b0208961_1132487.jpg





予感が的中してファーストキャストからヒット♪
b0208961_11331665.jpg





暑い日でしたが滝壺にいるとヒンヤリします!(^^)!
b0208961_11322778.jpg

竜神様をお祀りする滝壺でロッドを振る不届き物の渓パパ(>_<)





滝壺の主と言えるサイズではありませんが、滝壺の住人。
b0208961_1135152.jpg





稚魚放流したのかちびヤマメの猛攻にあいましたが、何とかヤマメと言えるサイズ。
b0208961_11423582.jpg





お昼にはまだまだ時間があるけど、このポイントで最後と決まました。
b0208961_1133528.jpg





一度フライに反応しましたがフックに触らなかったので、時間をおいて再度キャストしたら今日一でした。
b0208961_11343989.jpg

ま~ 8時半から始めて10時半には止めました。



帰ったら兄と娘のために冷麺でも打とうかな~

冷やし中華が美味しい季節ですね~



え~ 冷やし中華はタレをかけて食べますよね。

b0208961_8434575.jpg

そうすると、最初は美味しいのですが、タレに含まれる塩の影響で野菜から水分が出てきます。





その水分でタレが薄められて、最初は美味しかったのにタレを追加したくなる。
b0208961_8473847.jpg

さらに、野菜から出た水分を麺が吸い延びちゃうんですよ。





もり蕎麦のように、タレを蕎麦猪口に別にして、
b0208961_8444041.jpg





美味しいと思う量のタレをつけて食べると、タレが薄まらずに最後まで美味しい!(^^)!
b0208961_8445932.jpg

麺も伸びずらいしね。



お試しを・・・。

夏野菜のトマトを使って、冷製カプレーゼうどんを作ってみました。




先ずは、渓パパ農園からバジルの葉っぱを摘んできましょう。

b0208961_8383341.jpg

注)バジルをはじめ、小葱、青紫蘇、パセリ、イタリアンパセリ、ローズマリーなどハーブや香草を植えています。





普通にウドンを打ってもつまらないので、トマトジュースで水回しして細打ちのトマト麺にしてみました。
b0208961_8385394.jpg

注)抹茶や青汁やクロレラを使うと緑色の麺が出来ます。





冷製の場合は喉越しのいい細打ちの麺がいいですね。
b0208961_8393836.jpg

注)ウドンを打つ時に、卵液とオリーブオイルを加えれば生パスタになります。





2枚に畳んで切っているので、見た目の2倍の長さの麺線になります。
b0208961_8395370.jpg





トマトとバジルとモッツァレラチーズ♪
b0208961_8461474.jpg





トマトはざっくり切って、チーズは賽の目切り、バジルはテキトーに千切って、
b0208961_8462679.jpg





サラダとして食べるのではなく、麺のソースだから藻塩と黒コショウとオリーブオイルで濃い目に味付けします。
b0208961_8463928.jpg

注)塩・オイル系の麺は少し高いけど良い塩と良いオリーブオイルを使ってください。





麺を洗った後は氷水できっちり〆ましょう。
b0208961_8401761.jpg





麺線が絡まないように麺を盛るのが蕎麦屋の技術と心がけ。
b0208961_8485699.jpg

ザルごとひっくり返したり、鷲掴みで盛れば麺線が絡んでしまいます(>_<)





トマト色の麺が鮮やかで光っていますね!(^^)!
b0208961_8403415.jpg

注)冷製のパスタやウドンは水気をきっちり切らないとソースの味がぼやけてしまいます。





冷やしておいたカプレーゼを盛り付けましょう。
b0208961_841235.jpg





バジルの花芽を天盛りすれば、冷製カプレーゼうどんの完成です♪
b0208961_8412987.jpg

フォークで食べるか、お箸で食べるか迷うな(笑)



あっ! ブドウジュースを使えば紫の麺も作れちゃいます(笑)
←menuへ