<   2017年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

お隣さんの亡くなったおばぁちゃんが庭に植えたクマ笹。

b0208961_1033362.jpg





地下茎を延ばして渓パパの庭にも芽を出すので駆除が大変(>_<)
b0208961_1035480.jpg





邪魔ものの熊笹の葉を数枚だけ頂いて、綺麗に洗いましょう。
b0208961_1043021.jpg





もり蕎麦の飾りに使えば、少し高級そうに見えませんか!?
b0208961_1044786.jpg






笹の葉は蕎麦を食べた後はゴミになるけどね(苦笑)
b0208961_105810.jpg




注)お隣の土地を買い取ったので渓パパの所有物です(決して他所のものを盗ったわけではありません)
蕎麦屋のサイドメニューである 「出汁巻き卵」 を練習中です。



YouTubeの動画を何度も見て、手順を頭に入れます。




注)蕎麦屋の出汁巻き卵が居酒屋のものより美味しいのは、出汁が違うのだそうです。





空の四角いフライパンと菜箸でイメージトレーニング。
b0208961_9145986.jpg

さて、本番!  イメージ通りにいけばいいけどね。





焦げないように温度を下げて時間をかけて丁寧にやると、固い出汁巻き卵になってしまいます(>_<)
b0208961_9151562.jpg

卵料理は温度や時間をコントロールし手早くやらなくてはいけません。





手早くやろうとすると、破れたり崩れたりしちゃいます(>_<)
b0208961_9153864.jpg

破れたのを直していると、今度は焼き過ぎてしまいます(>_<)



卵料理は難しいな~ 

腰を痛めてトイレに行くのもままならない様子の母Mに、「釣りに行っていい?」と尋ねると。



「行っていいよ」 だって。



か~ 梅雨入りしたというのに朝から暑いです。

b0208961_12424190.jpg





苔の位置を見ればわかるように、減水気味でポイントは少なくなっています。
b0208961_12425516.jpg





ま~ それでもフライ歴四半世紀を超える渓パパには釣れないことはありません。
b0208961_12431046.jpg





ん~でも、釣っても、釣っても、なんとなく母Mのことが気になって気が乗りません(>_<)
b0208961_1243254.jpg





楽しくないな~(>_<)
b0208961_1244930.jpg





ん~ お昼前ですが、思い切ってやめました。
b0208961_12433994.jpg





リュックに入れてきたおにぎりは家で食べよう。
b0208961_12435293.jpg


渓では、またたびの花が咲いていました。

ニャンコさんが15日に釣り上がって、あまり良くなかった川に行ってきました。




梅雨入りしたというのにいいお天気で、木漏れ日の中で快調に釣り上がります。

b0208961_16404895.jpg





ニャンコさんの敵討ちです(笑)
b0208961_16425657.jpg





ビッシッ!
b0208961_1643816.jpg





バッシッ!
b0208961_16431713.jpg




3連荘も結構あったりして♪
b0208961_16433583.jpg





オニギリを食べながら前半の釣りを振り返り反省します。。
b0208961_1644010.jpg





後半戦はガッツカズに一匹一匹丁寧に釣るように心がけました。
b0208961_1644468.jpg





ビッシッ!
b0208961_16442888.jpg





バッシッ!
b0208961_16441649.jpg





ニャンコさんの分もきっちり釣ってきましたからね!(^^)!
b0208961_16523698.jpg





股関節が悲鳴を上げる前に、そろそろ渓から上がりましょう。
b0208961_16453774.jpg





あっ! お土産のミズも頂いてきました。
b0208961_16445874.jpg




ミズは花の時季を迎えていました。
b0208961_1645117.jpg



あっ! ニャンコさんより渓パパの方が上手と言う意味ではなく、釣りはタイミングだということです!(^^)!

アカシアはマメ科なので莢(さや)が出来ますよね。

b0208961_9225894.jpg





・・・で、花の後に沢山の莢ができる木と、
b0208961_92317100.jpg





殆ど莢ができない木があります。
b0208961_9233221.jpg





何でかな~
b0208961_9235563.jpg

ネットで調べてみたけれど、答えが見つかりません(>_<)


誰か教えて。

かけ蕎麦のお汁は、丼を手にもって、口を付けて飲むのが本来の飲み方。

b0208961_15385537.jpg





かけ蕎麦をラーメンの様にレンゲでお汁を掬って飲むのは粋じゃない(>_<)
b0208961_15595654.jpg

注)お椀に盛られた味噌汁をスプーンで飲むようなものです。





ん~でも、ナメコ蕎麦を食べるにはレンゲが欲しいですよね(笑)
b0208961_15392462.jpg





ラーメンならレンゲもいいのですが、日本蕎麦に陶器製のレンゲではミスマッチ(>_<)
b0208961_15594156.jpg





・・・で、木製のレンゲみたいなスプーンをポチットやってみました。
b0208961_1540041.jpg





レンゲとレンゲ置きが5つセットになって2000円也
b0208961_15401860.jpg

注)木製なので食器乾燥機に耐えられるか心配です。





これで、ツルツル滑るナメコも苦労せずにいただけますね。
b0208961_15403517.jpg



・・・でも、これでチマチマお汁を掬って飲むのは止めましょう。

釣りの帰りに、お山に自生している天然ものの三つ葉を採ってきました!(^^)!



三つ葉は花が咲く前の春から初夏にかけてが旬です。

b0208961_1421479.jpg






集めた天然の三つ葉は泥や枯れた葉などを川の水で流しましょう。
b0208961_1423677.jpg

注)今は水耕栽培が確立していてスーパーで一年中手に入るので、誰も採らないから採り放題!(^^)!





山菜採りは軍手よりゴム手が便利!(^^)!
b0208961_1423212.jpg

注)三つ葉は沢山食べるわけでも、保存食にするわけでもないので、一回食べる分あれば充分。





自宅に帰ったら股の部分に泥が入り込んでいるので丁寧に洗いましょう。
b0208961_14215822.jpg

スーパーで売っている水耕栽培の三つ葉には泥が付いていないのですが、天然物は泥が一杯。





サッと茹でて冷水にとり色止めし、ギュッと絞って水気を切りましょう。
b0208961_14221877.jpg





食べやすい長さに切り揃え(揃ってないけど)器に盛りましょう。
b0208961_14203375.jpg





小皿に取り分けて鰹節をふりかけお醤油で頂きます。
b0208961_14233961.jpg

せり科独特の香りがたまりません!(^^)!





三つ葉を目的にお山に行く人は少ないと思いますが、釣りの帰りに一回食べる分だけ採ってくるのはありかな。
b0208961_13262747.jpg

あっ! お吸い物やお雑煮などに入っている結び三つ葉は、縁を結ぶと言う縁起物です。


渓パパ庵のかけ蕎麦にいいかもしれません!(^^)!



入渓してすぐの事です。

b0208961_16561849.jpg

「渓パパさ~ん 助けてくださ~い」





「ん?」
b0208961_165053100.jpg





「お~ これはこれはセミさん、 今、助けてあげますよ」
b0208961_16512226.jpg





「渓パパさん ありがとうございます。この御恩は一生忘れません。それに何かお礼をしたいのですが・・・」
b0208961_16514126.jpg

「いやいや、セミさん 礼には及びません。  お気を付けて  では・・・」





ん~ セミの恩返しでしょうか? いいのが連発!(^^)!
b0208961_16515553.jpg

ランディングネッのフレームオーバー





静かなプールでは虫が飛び交い、時折、イワナがライズします。
b0208961_165391.jpg





ライズの主はお腹パパンパンで飽食していました。
b0208961_16532690.jpg

あっ! メタボにお気をつけあそばせ。





タニウツギの花の下あたりでもライズ発見! 
b0208961_16594887.jpg





横から見ると確かに魚だけど、
b0208961_16542494.jpg





イワナを背中側から見ると爬虫類に見えるのは渓パパだけでしょうか?
b0208961_16534337.jpg





途中、セミのシャック(抜け殻)をたくさん見つけました。
b0208961_17142623.jpg





ん~ セミの恩返しで、たくさん釣れたのか!?
b0208961_17145962.jpg





特発性大腿骨頭壊死症で両側人工骨頭になる前に、一日コースだったところを釣り上がれました。
b0208961_16553774.jpg

良く釣れるときで6時間ぐらい、普通なら5時間ぐらいでかかるコースです。





ま~ 無理は禁物ですが、渓パパ 完全復帰でしょうか!(^^)!
b0208961_16545716.jpg



あっ! これがセミの恩返しなのかもしれないな~


今日は源流部に近い、階段状で落差の大きい流れを釣ってみます。

b0208961_16142690.jpg





昨夜の雨の影響でしょうか、葉っぱや石は濡れていて、渓流沿いにはこんな奴が這いずっています。
b0208961_16883.jpg





ま~ 釣れないことはないのですが、反応が今一つ・・・。
b0208961_1682279.jpg

サイズも渓パパ式リリーサーが使えるやつばかり((>_<))





それまで、雨こそ降らないものの寒くてレインウェアを着ての釣りでしたが、急に空が明るくなってきました。
b0208961_1683675.jpg

レインウェアをリュックに仕舞って、気合を入れ直します。





渓のお花にも光が差し始め、喜んでいるっように見えます!(^^)!
b0208961_1685039.jpg





お日様が顔を出し、しばらくすると今度は蝉の大合唱が始まりました♪♪
b0208961_1691123.jpg

この蝉の大合唱がきっかけの様に、気持ちよく釣れ出しました。





あっ! マッチ・ザ・ハッチを意識して、蝉になんとなく似たフライに交換してみました。
b0208961_1610888.jpg





蝉だと思って食いついたのかは、イワナに聞いてみないと定かではありませんね。。
b0208961_16111934.jpg





ここは以前にも大きいのを釣ったポイントです。
b0208961_16102337.jpg

タックルを点検して、バックスペースを確認して、ランディング場所までイメージして、いざっ キャスト!





渓パパのフライを待ち構えていたかのように、ゆっくりと浮上してバックリと呑み込みました。
b0208961_16105278.jpg

フライ歴四半世紀を超える渓パパは、少しも慌てることなく、余裕のネットイン!(^^)!





痩せているのはご生憎ですが、今シーズン初の尺イワナです!(^^)!
b0208961_16103949.jpg





あっ! フライはパラパラシュートに戻していました。
b0208961_1611461.jpg

この前の釣行では釣れども釣れども9寸止まりでしたが、こんな源流部で尺が釣れちゃうんですね。





ここにイワナが定位していて、ライズもしていたのですが、写真には写っていませんね。
b0208961_16322914.jpg





食いっ気のあるヤツはもちろん一発でゲット♪
b0208961_16343096.jpg





お土産にウドを少し採ってきました。
b0208961_16113367.jpg

沢の日が当たらない部分で、土が崩れたような場所には、6月になっても食べられる柔らかさのウドが生えます。





釣りから帰ってから、中学校の総体の応援に行ってきました。
b0208961_16421212.jpg


渓パパの家には中学生はもういませんが、娘と息子が中学の時に応援して頂いたお礼です。

渓パパの花壇に植えた観賞用のイチゴ。

b0208961_1654738.jpg

白くて小さな花が咲くんですね~





当然ですが、花が咲いたら実が成りました。
b0208961_8393330.jpg





赤く熟したので、アリに食われる前に収穫して、
b0208961_8395220.jpg





よ~く洗って、ヨーグルトにトッピング!(^^)!
b0208961_8412074.jpg


イチゴ独特の種が潰れる食感が楽しいね!
←menuへ