<   2017年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧


無割蕎麦を炒めて、粉末の焼きそばソースの素で味付けしてみました。


先ずは、無割蕎麦を打ちましょう。

b0208961_13262662.jpg





冷蔵庫内を物色して具材を下拵えしておきましょう。
b0208961_13264927.jpg





熱したフライパンに油を敷いて具材を炒め,その間に無割蕎麦を茹でて、冷水にとり〆ましょう。
b0208961_1328166.jpg





タイミングが難しいのですが、コンロが二つあれば具材を炒めるのと、麺を茹でるのを同時に行えます。
b0208961_15182242.jpg

注)天ザルはザル蕎麦の出来上がりと、天ぷらの揚げ上がりのタイミングを合わせるのが難しい。





フライパンに無割蕎麦を投入して、焼きそばソースの素で味付けします。
b0208961_13282418.jpg





お皿に盛ったら、紅ショウガを添えて青のりを振れば完成♪
b0208961_132851100.jpg





お好みで削り節や煮干しの粉などを振っても美味しいですよ。
b0208961_13304696.jpg





粉末のソースの素が余ったらやってみてください。
b0208961_13291779.jpg





ソース味の細めの焼きウドンだけど、スーパーで売っている茹でウドンで作るより美味しいです(渓パパ比)
b0208961_13293635.jpg


あっ! 焼きそばは蕎麦粉を使っていなくても 「そば」 って言うので、これも焼きそばと言っていいのかな~
拙ブログ 「流れの向こうに」 への訪問者が一日100人を超える日もあるようになりました(感謝)



ま~ 多くの方に見てもらうことが目的ではないのですが、それでも見てくれる人がいると励みになり嬉しいです。

b0208961_8553232.jpg





これからも釣れないフライフィッシングと、
b0208961_11185276.jpg





食えない手打ち蕎麦の話を中心に書いていきたいと思っています。
b0208961_9444857.jpg



あっ! 日記を書くのはボケ予防になるというけれど、ブログの更新はボケ予防に効果があるかな?
「まつも」 という海藻をご存知ですか?

b0208961_9221044.jpg

東北の三陸沿岸と北海道でしか採れない海藻です。





地元ではポピュラーですが一般になじみの薄い海藻で、市場には出回らず高級料亭直行です。
b0208961_9223352.jpg

ま~ この時季には時々スーパーにもありますけど・・・。





松の新葉を思わせるような形と、お湯で茹でた時の鮮やかな緑色から 「松藻」 と言うそうです。
b0208961_922548.jpg





いつもの、簡単一人蕎麦を打ちましょう。
b0208961_9231054.jpg

魔法の延し板とローラーを使えば均等な厚さの生地が出来ます。





冷水で洗って〆た蕎麦を一度温め直して丼にIN
b0208961_9235265.jpg






汁をかけるから 「かけ蕎麦」 走りながら食べるから 「かけ蕎麦」 ではありません。
b0208961_9232515.jpg





マツモをたっぷりとトッピング!(^^)!
b0208961_9251670.jpg

あっ! まつもは2月と3月が旬だそうです。





緑だけでは寂しいので、白胡麻を振ってみました。
b0208961_9254384.jpg





マツモ蕎麦(温)の完成です!(^^)!
b0208961_926186.jpg





酢の物や吸い物や味噌汁の具にするのが一般的な食べ方だそうですが、温かい蕎麦にも良いですね~
b0208961_9261993.jpg



独特の礒の香りとぬめりが嬉しい一杯でした♪
フライタイイングって、こんな道具を使って、

b0208961_176253.jpg





こんな材料で、
b0208961_1762233.jpg





こんな疑似餌を作る遊び。
b0208961_1763774.jpg

注)道具はツール、材料はマテリアルと呼ぶ方がフライっぽいか(笑)




もしも、フライを釣具屋さんで買ってくるものなら、
b0208961_17162588.jpg

今までフライフィッシングを続けていなかったかもしれません。





自分で巻いたフライに、イワナやヤマメが飛び付く瞬間を想像しながら巻く時間が楽しい!(^^)!
b0208961_1794571.jpg

頭の中では、尺ヤマメがたくさん釣れるのですが(苦笑)





フライを始める前にやっていた、ミミズや川虫やイナゴと言った生きたエサを使う釣りも楽しいけどね。
b0208961_1452459.jpg


あっ! 「生き餌を使った釣りこそが釣りの基本だと思う」 って、一平じいさんが言っていたな~

春を呼ぶと言われるアスパラ菜をかけ蕎麦にトッピングしてみました。

b0208961_14483638.jpg





生で食べても苦くないので、サラダでも美味しいかも。
b0208961_14485974.jpg





茹でるときには茎の固い方から時間差で徐々に沈めてゆきます。
b0208961_1448259.jpg





冷水にとり色止めし、水気を切り、トッピングしやすい長さにカットしておきます。
b0208961_14481776.jpg





今日は少し太めの十割蕎麦をかけ蕎麦にして頂きます。
b0208961_14492323.jpg





麺線を均したら、アスパラ菜をトッピングしましょう。
b0208961_14495070.jpg





白胡麻をパラパラと降らせましょう。
b0208961_14501024.jpg





春を呼ぶアスパラ菜蕎麦の完成です♪
b0208961_14503324.jpg





かけ蕎麦にするなら十割ではなくて二八の方が美味しいかも。
b0208961_14511979.jpg





あくまでも個人的な感想ですが、アスパラ菜は菜の花より美味しいです。
b0208961_14505691.jpg


雪解けが進んで、早く春が来ないかな~

窓の外は雪なのに、家の中で蜂を発見しました。

b0208961_21271860.jpg





この寒い時期に蜂なんて、ん~これはフライを巻けという神のお告げかな~
b0208961_21273564.jpg





・・・で、この蜂からインスピレーションを受けて、翅付きのパラシュートを巻いてみました。
b0208961_21275917.jpg

二度と使う事はないだろうと思っていたけど捨てずに仕舞っていたインディアンケープのハックルティップを二枚。





形だけ蜂に近づけるのは簡単なのですが、飛び方や浮き方がよくないと釣れるフライにはなりません。
b0208961_21281858.jpg





アブダメン(腹)とソラックス(胸)を太く巻いてクビレを作れば蜂っぽくなるのですが、
b0208961_21283721.jpg

ストレッチフロスを巻いてわざと重くしています。



家の脇で投射性のテストをしていたのを真鯛バカさんが見つけて幻かと思ったそうです。


ま~ 雪の上でロッドを振っても何も釣れないからね(笑)

渓パパ庵は蕎麦屋なのですが、蕎麦粉を使ってガレットを焼いてみました。



4枚分の生地の分量です。 蕎麦粉150グラム、水250CC、塩一摘み 

b0208961_13443595.jpg

注)ガレットはフランスのブルターニュ地方の郷土料理だそうです。





蕎麦粉と水をダマが無くなるまでよく混ぜましょう。
b0208961_13464456.jpg





ガレットは小麦粉で作られるクレープの原型と言われているそうです。
b0208961_13471824.jpg

注)クレープはスゥイーツと思われがちですが、野菜やハムなどと一緒にして食事としても食べられるそうです。





ラップして1時間以上寝かせます。
b0208961_1347497.jpg





好きな具材を火が通り易いように薄くカットしましょう。
b0208961_13484077.jpg





熱したフライパンにオリーブ油を敷き、お玉一杯分の生地を流し入れ、薄く延ばして焼きます。
b0208961_13494420.jpg





卵が流れ出ないようにハムや野菜などの具材を乗せ土手を作り、中央に卵を割り入れましょう。
b0208961_1350735.jpg





チーズと彩にピーマンをトッピングしてみました。
b0208961_13505558.jpg





生地が焼けたらフライ返しを使って包みます。
b0208961_13503568.jpg





お皿に移して、塩、オリーブオイル、ハーブやスパイスなどでお好みに味付け。
b0208961_13512235.jpg





蕎麦粉のガレットの完成です♪
b0208961_13514663.jpg

ん~ 小麦粉ほどではないけれど、蕎麦粉にも色んな食べ方があるんだな~





ホットケーキのようなフワフワ感はなくて、もっちりした食感です(しっかり焼けばカリカリにもできそう)
b0208961_135291.jpg

注)最初の一口は、端っこの生地だけの部分を食べて蕎麦粉の味を確かめるのが通だそうです。


前の晩に生地を作っておけば、忙しい朝のご飯にもいい感じです!(^^)!
3連休の初日、お天気がいいので八九郎温泉に浸かって骨休めしてきました。



周囲は1メートル以上の積雪ですが、温泉の熱でそこだけ雪がなく地表が見えて春のようです。

b0208961_1065796.jpg

注)鉄分を多く含む泉質で、酸化して赤錆色をしています。





帰り道、車窓から眺めた渓はまだまだ冬のようで、生命感がありませんでした。
b0208961_1071967.jpg

まるで白黒写真のようですね。





え~ 帰ってからフライを何個か巻きました。
b0208961_1074524.jpg

フライを巻いている時間は気分はもう春です!(^^)!





渓パパの机の上は虫だらけ。
b0208961_10111221.jpg



早く春が来ないかな~

マグロや鯛や帆立などのお刺身がないので、無割蕎麦にカルパッチョソースをかけて食べてみました。



藻塩とオリーブオイル、レモン汁少々でカルパッチョソースを作っておきます。

b0208961_21564527.jpg





無割蕎麦を打ちましょう。
b0208961_2158015.jpg

無割蕎麦とは、小麦粉100%で蕎麦の太さに仕上げた、捏ねない、踏まない、寝かせない、塩も使わないウドン。





稲庭うどん位の細さに延ばして切っています。
b0208961_21583026.jpg

注)稲庭うどんは、薄く延ばして細く切るのではなく、手延べという製法で麺にするんです。





きっちり水気を切ってお皿に盛ったら、水に晒して辛味を少し抜いた新玉。
b0208961_21585754.jpg





他にもお野菜をたっぷり♪
b0208961_21592593.jpg





仕上げに、カルパッチョソースをかけましょう。
b0208961_21594334.jpg





お箸でもいいけれど、今日はフォークで頂きます。
b0208961_21595944.jpg





無割蕎麦をズズッ~ト啜りたいのですが、野菜が邪魔をして噛まないと呑み込めません。
b0208961_2201478.jpg

注)欧米では音を出して麺を啜るという食べ方は下品なんだそうです。





イタリアンっぽく味付けしてもお醤油が欲しくなるのは渓パパだけでしょうか。
b0208961_2203659.jpg


やっぱり、無割蕎麦は蕎麦汁におろし生姜の薬味で食べるのが一番美味いかな(苦笑)
妻Mのリクエストに応えて、群馬県の郷土料理である 「おっきりこみ」 を作ってみました。



おっきりこみは塩を使わずに小麦粉と水だけで生地を作ります。

b0208961_1235153.jpg





ま~ ウドンが打てる人なら鼻歌を歌いながらでも出来ちゃいます♪
b0208961_12354928.jpg





ま~ 家庭料理なので手打ち蕎麦の様に特別な技術がないと打てないようでは困りますね。
b0208961_123665.jpg





生地を寝かせている間に具材の準備をしましょう。
b0208961_12385993.jpg





大根、ニンジン、里芋など根菜類をメインにして、サツマ芋やカボチャといった甘い野菜は入れないのだそうです。
b0208961_12391973.jpg




家庭料理と言うことは、群馬県民の家庭には、延し板や麺棒があるってことですね。
b0208961_12394916.jpg





本物のおっきりこみは食べたことがないのですが、ま~ こんな感じかな~
b0208961_12401743.jpg





豚肉を炒めてから、水を加えて煮立ったら葱以外の具材を放り込みます。
b0208961_12404537.jpg

顆粒出汁、味醂、酒、醤油、で味付けしたら、麺(おっきりこみは麺なのか?)を入れて煮込みます。





打ち粉は払わずにそのまま入れることで、打ち粉が汁のとろみになるのだそうです(下茹でしないんですよ)
b0208961_1241371.jpg





仕上げに葱を入れて一煮立ち。
b0208961_1241374.jpg





器に盛る時には、パスタもそうですが、熱い麺はトングを使うと掴みやすいですよ。
b0208961_1242013.jpg





群馬県の郷土料理、おっきりこみの完成です!(^^)!
b0208961_12423567.jpg

大根、ニンジン、里芋の三種の根菜に、舞茸、エノキ、シイタケの三種のキノコ、油揚げ、コンニャク、葱入り。





秘密のケンミンSHOWで、京都出身の芸能人が、おっきりこみをウドンと言うことは許さないって言っていました。
b0208961_12425462.jpg

ん~ 確かにおっきりこみはスルスルと啜れないし、噛まないと呑み込めません。





あっ! 蕎麦丼よりも、大きめのお椀に盛った方が雰囲気が出るな~
b0208961_143497.jpg


おっきりこみはウドンと言うよりも、岩手県のひっつみに近いかな~
←menuへ