<   2016年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧


蕎麦打ち初心者でも、簡単に一人前の蕎麦が打てる方法を研究中です。



切り終わった麺線は包丁で持ち上げて、手に持ち替えて麺線の切断面に打ち粉を塗し、余分な打ち粉を払います。

b0208961_1050527.jpg





簡単そうに見えますが初心者には難しい。
b0208961_1049757.jpg





・・・で、ラップを使って簡単に打ち粉を塗す方法を考えてみました。
b0208961_10493819.jpg

予めラップを拡げておきます。




切り板を傾けて切り終えた麺線をラップの上に移します。
b0208961_10503550.jpg





ラップの両辺を持って、左右交互に持ち上げて麺線を転がします。
b0208961_10505142.jpg





これで打ち粉が付いていない切断面にも打ち粉が塗されました。
b0208961_105165.jpg





このまま麺線をラップで包みます。
b0208961_10512127.jpg

簡単に、打ち粉が付いていない切断面に打ち粉を塗すことが出来ました。



ま~ 麺線が乱れるし余分な打ち粉を払えないけれど(>_<)

渓パパのラーメンも具をのせることで、だいぶラーメンらしくなってきたけど物足りない。

b0208961_8314252.jpg

ん~ やっぱり油が浮いていないラーメンはラーメンじゃない!





・・・で、鶏皮を買ってきて鶏油(チーユ)を作ってみました。
b0208961_832930.jpg





フライパンを熱し、鶏皮が焦げない程度の温度で焼いてゆきます。
b0208961_8483785.jpg

最初は水分が出てくるので捨てましょう。





30分かけて焦がさないようにひたすら熱し、鶏皮の油が抜けてがカリカリになるまで焼きましょう。
b0208961_8485563.jpg





鶏皮から出てきた油を器に移しましょう。
b0208961_8492967.jpg

この黄色い油がチーユです。





冷めたらペットボトルに移しましょう。
b0208961_8494311.jpg

注)臭いがなくて強度がある炭酸水が入っていたペットボトルが適しています。





チーユを取り出した後の鶏皮も美味しくいただきます!(^^)!
b0208961_14272763.jpg





カリカリの鶏皮は塩胡椒で味付けして、醤油を鍋肌で垂らして渓パパのおつまみに。
b0208961_850338.jpg



ラーメンを作ったら鶏油を小さじで1杯垂らしてみよう!(^^)!
蕎麦打ちの初心者でも、簡単に一人分の蕎麦が打てる方法を研究中です。



魔法の延し板とローラーを使えば、一人前の蕎麦生地を簡単に均等な厚さに延ばすことが出来ます。

b0208961_941025.jpg





薄く延ばした麺帯は上半分に打ち粉をして二枚畳にするのですが、慣れないと麺帯の端をめくるのに苦労します。
b0208961_952446.jpg

ここまで来て、麺帯を破ってしまったり(>_<)





・・・で、麺帯の下に薄いカードを差し込んでめくることを考えました。
b0208961_9163744.jpg





これなら柔らかくて薄い生地でも破らずに小学生でもめくれますね。
b0208961_961350.jpg



難しいといわれる蕎麦打ちも、これで一歩簡単になりました。
蕎麦打ちの初心者でも、簡単に一人分の蕎麦が打てる方法を研究中です。


蕎麦の麺帯を切って麺線にするときに、切り板(まな板)に打ち粉を敷きます。

b0208961_1456759.jpg

簡単そうに見えて、手で同じ厚さに振るのは難しいんですよ(>_<)




・・・で、これまでは茶漉しを使っていたのですが、落ちる粉の量をコントロールしにくかったんです。
b0208961_14583077.jpg





そこで、今度は粉振りスプーンを使って打ち粉を振ってみました。
b0208961_14571952.jpg

注)スプーン一杯に掬うと粉が落ちにくいので、3分の1ぐらい入れましょう。





スプーンで打ち粉を掬ったら、左右に振りながら移動してゆくと、きれいに振ることが出来ました。
b0208961_14574554.jpg

注)スプーンを上下に振ると一か所に必要以上の打ち粉が落ちてしまいます。





一人前の蕎麦なら、粉振りスプーンを使えば無駄なくきれいに振れますね!(^^)!
b0208961_152345.jpg



また一歩、難しいといわれる蕎麦打ちが簡単になりました。

蕎麦打ちの初心者でも、簡単に一人前の蕎麦が打てる方法を研究中です。



水回しは蕎麦打ちの工程で最も重要とされ、蕎麦粉に水を均等に与えることが大事です。

b0208961_1241558.jpg

渓パパの簡単蕎麦打ちでは、ペットボトルに開けた穴からポタポタと加水しながら箸で粉をかき回すのですが、





それでも、水をたくさん吸った大きな塊と、水を吸っていない細かい粉が混在してしまいます(>_<)
b0208961_12422619.jpg





・・・で、水を半分ぐらい入れたところで、ボウルをトントンと叩くと、
b0208961_12425083.jpg

細かい乾いた粉は底の方に、水をたくさん吸った大きな塊は表面に分けることが出来ます。





次に、鍋振りの要領で天地替えをすると、手前には水をたくさん吸った大きな塊が、
b0208961_12441263.jpg

奥には水にありつけない乾いたままの粉に置き換えることが出来ます。





そしたら、今度は乾いた粉だけに水を与えて掻き混ぜるんです。
b0208961_1243865.jpg

ほらっ! 蕎麦打ちの最難関の水回しが粉に手で触ることなくできました!(^^)!




乾いた粉が残ったままで捏ねの工程に進むと、茹でる前は繋がっていても、茹でると短く切れちゃうんです。
b0208961_1325767.jpg


生地が上手くできていれば、次の延しや切りも簡単になるし、茹でても切れずに長いまですね!(^^)!

一晩、調味ダレに漬け込んだ煮豚を食べてみます。



先ずは、タコ糸を取り除きましょう。
b0208961_13311717.jpg





厚めに切ってみます!(^^)!
b0208961_13313242.jpg





醤油ダレには煮豚の漬けダレも少し入れます。
b0208961_13324080.jpg





煮干しの粉と鰹節の粉で出汁を取ります。
b0208961_13334240.jpg





中華麺を入れたら菜箸で絡んだ麺線を解きましょう。
b0208961_13342131.jpg





煮豚と煮卵トッピング
b0208961_1336826.jpg





自家製中華麺、自家製スープ、自家製の醤油ダレ、自家製の煮豚のラーメンの完成♪
b0208961_13363320.jpg





見た目はラーメンらしくなったけれど、まだまだ研究の余地ありです。
b0208961_1356162.jpg





煮豚は少し硬かったので、薄くスライスしたほうが良かったかな~
b0208961_13374882.jpg


やっぱ肉だね!(^^)!
手打ちの中華麺でラーメンを食べるのですが、やっぱり肉も欲しいですよね。

b0208961_1234026.jpg





・・・で、豚バラ肉を買ってきて煮豚を作ってみました。
b0208961_12342353.jpg

注)バラ肉のバラはバラバラじゃなくて肋(あばら)のバラ、英語ならリブですね





フライパンで両面に焼き目をつけて、
b0208961_1235172.jpg





フォークでぶすぶす刺してからタコ糸で縛ります。
b0208961_12353542.jpg

注)本当はブロック肉を買うと、タダでもらえる伸縮性のあるタコ糸です。





タレを合わせて、ニンニクや葱の青い部分などの香味野菜と一緒に中火で煮込みましょう
b0208961_12355293.jpg





テキトーに煮詰まったら容器に入れて味をしみ込ませます。
b0208961_1236823.jpg

あれっ! 液に半分しか浸かりません(>_<)





食品保存用の袋に入れて空気を抜いたら大丈夫!(^^)!
b0208961_12362979.jpg

一晩寝かせてみます。


明日が楽しみだ!(^^)!

トマトを美味しく食べるために、渓パパ農園に毎年植えているバジル。

b0208961_8402487.jpg





バジルは虫が寄り付かないと聞いていたのですが・・・。
b0208961_8404362.jpg





蓼食う虫も好きずきといいますが、バジル食う虫も好きずきですね。
b0208961_8405758.jpg


あっ! バジルは花芽を摘み取ると葉が固くなりにくいそうですよ。

電動アシスト付き自転車で鴇まで行ってブドウ畑を見てきました。

b0208961_13122141.jpg





あっ! 途中までは折りたたんでジムニーの荷室に搭載。
b0208961_12385430.jpg





高寺山山頂からの眺めると町役場がみえますね。
b0208961_12391414.jpg

アシスト機能を使うと急な上り坂もスイスイ♪





熊出没注意の看板があるけれど、熊は足も速くて自転車でも逃げ切れないな~
b0208961_12394576.jpg

熊による桃やトウモロコシの食害は聞くけれど、熊はブドウを食べないのかな~





近づいてブドウを接写しようと思ったけれど、ブドウ泥棒と思われては嫌なのでこの距離です。
b0208961_1243227.jpg


李下に冠を正さずと言いますからね~

中華麺を打ってラーメンを食べるのですが、具のないラーメンは寂しいですね(>_<)

b0208961_1304121.jpg





・・・で、半熟の煮卵を作ってみました。
b0208961_131276.jpg

卵を冷蔵庫から取り出して常温に戻し、6分30秒茹で、直ぐに冷水で冷やします。




半熟の茹で卵をラーメンの醤油ダレに漬け込んでみました。
b0208961_1314028.jpg





渓パパの醤油ダレと鶏がらスープの素、おろしニンニク、香味ペースト。
b0208961_132536.jpg





煮干しの粉で取った出汁を注ぎます。
b0208961_1322326.jpg





麺を入れたら、半熟とろとろの煮卵をトッピングします。
b0208961_1332259.jpg





卵一個と海苔一枚でずいぶん豪華なラーメンになりました♪
b0208961_1333838.jpg


あっ! やっぱりチャーシューがないとラーメンっぽくないか(苦笑)
←menuへ