「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

例年、渓パパの花壇にはお花がいっぱいなのですが、

b0208961_1236404.jpg





今年は4月に股関節の手術を受けたので、渓パパの花壇は閑散としています。
b0208961_123709.jpg





え~ そんな花壇に赤紫蘇が勝手に生えていたので、蕎麦の薬味にしてみました。
b0208961_12371790.jpg

注)花を植えているときには、雑草として抜き取ります。





赤紫蘇は千切りにして、梅肉は叩いておきましょう。
b0208961_12373350.jpg




もり汁に梅干しと赤紫蘇を入れて溶きましょう。
b0208961_12385597.jpg





薬味は辛いものが多いのですが、暑い時期には酸っぱい薬味もさっぱりしていいですね。
b0208961_12375353.jpg

赤紫蘇の爽やかな香りも食欲をそそりますね♪


来年は花壇を花でいっぱいにしたいな~


4月22日に手術を受けて、5月22日に退院してからは自宅でこんな生活をしていました。

b0208961_1145933.jpg





朝と夕方の二回、車で片道10分の温泉まで行き、患部を温めつつストレッチ。
b0208961_1151841.jpg





自宅でストレッチ&筋トレ。
b0208961_1153190.jpg

ベッドでは柔らかすぎるし、フロアリングでは固すぎるので、薄い布団を敷いて滑り止めにヨガマットを重ねます。





お昼になったら、気分転換に蕎麦打ちとブログの更新。
b0208961_1164141.jpg

脚の事ばかり考えていると気が滅入るからね。





今も少し跛行があるので、姿見を見ながら歩容の改善。
b0208961_1165531.jpg





あっ! 7月1日から出勤するので、いつもの出勤時間に合わせて携帯のアラームをセットしました。
b0208961_11141946.jpg



平日の日中に家にいると、「俺、何やってんだろ~」 って落ち込むことがあるんです。

働いているときには感じないけれど、元気で働けることが幸せなんだよね~


昨シーズン、渓パパはおにぎらずを持参して釣りに行っていました。

b0208961_1122141.jpg

え~ おにぎらずの次に来るのは 「スティックおにぎり」 と言うのだそうです。





早速、作ってみました。
b0208961_11231019.jpg

注)ランチ作りも釣りのうちと思って楽しみましょう!(^^)!





ラップを敷いたら、ご飯茶碗一杯分のご飯を盛り形を整えます。
b0208961_11171982.jpg

注)ご飯がくっつかないシャモジがあると便利です(秋田ではシャモジをへらと言います)





今朝の残りを具にしてみました。
b0208961_11173233.jpg





ころころとラップで包みます。
b0208961_1117475.jpg





片側は絞って軽く結んでおきましょう。
b0208961_11175860.jpg





ん~ ご飯に対して塩気が足りなかったかな。
b0208961_11181279.jpg





具材によっては予めラップに藻塩を振っておけばいいですね。
b0208961_11185552.jpg





釣りに行って瀬音を聞きながら外で食べるご飯は、家で食べるより何倍も美味いんだよね~
b0208961_11304146.jpg


もう一度、川に行って外でご飯を食べてみたいな~
6月9日、スーパーから買ってきた小葱の根っこを渓パパ農園に植えました。

b0208961_12434184.jpg





割り箸で土に穴を空けて、根っこを差し込んで土を被せるだけです。
b0208961_12435847.jpg





え~ あれから10日程たったら、薬味に使えるぐらいに成長しました♪
b0208961_12441768.jpg





根っこから抜かずに、数センチ残して切り取り収穫すれば、またそこから伸びてきます。
b0208961_12443563.jpg





小葱は使う分だけ収穫して、味噌ラーメンにも、
b0208961_12445256.jpg





素麺にも、
b0208961_12451084.jpg




もちろん、渓パパ庵の駄蕎麦にも!(^^)!
b0208961_12452789.jpg





これなら、雪が積もるまでは小葱を買わずに済みますね(笑)
b0208961_12593280.jpg



ま~ 買っても高いもんじゃないけど、少しだけ欲しい時に新鮮なものが手に入り便利ですね!(^^)!

二八蕎麦を打つには、生地になる蕎麦粉と小麦粉の他に打ち粉というのが必要です。

b0208961_1352487.jpg





蕎麦粉と小麦粉に水を加えて作った生地は延ばして切ることで麺線になります。
b0208961_13531758.jpg





この際、生地が掌や道具や生地同士がくっつかないようにサラサラの粉を振るんです。
b0208961_13534948.jpg





延ばした生地を畳むときには多めに振る必要があります。
b0208961_13542632.jpg





・・・で、いつも使っている打ち粉は、酸化デンプン??? 炭酸カルシウム???
b0208961_13544197.jpg

ネットで調べてみたら、食品ではなく食品添加物に分類されていました。





蕎麦を茹でた後のお湯を蕎麦湯といいます。
b0208961_14105627.jpg





渓パパ庵で蕎麦湯といって飲んでいる蕎麦の茹で汁には、食品添加物がいっぱいなんですね(笑)
b0208961_13545643.jpg





え~ 蕎麦の実の中心部から作られるでんぷん質の多い粉が打ち粉(花粉)として利用されるのですが、 
b0208961_1355896.jpg

渓パパの家の近くで手に入らないんだよね。



蕎麦屋さんにも、粉屋さんにも、産直にも蕎麦粉は売っているのに花粉は売っていないんです(>_<)


延し板に線を引いて、幅出しの基準になるようにしてみました。



蕎麦切り包丁の刃渡りの2倍より若干短めの幅にします。

b0208961_16762.jpg





生地をこの幅より広げてしまうと、2枚畳では渓パパの包丁では切れなくなります。
b0208961_167272.jpg

ま~ 3枚や4枚に畳めば切れるけどね。





幅を2枚に畳んだ時に、手持ちの包丁の刃渡りより少しだけ短い麺線ができます。
b0208961_1674662.jpg

注)畳目から千切れなければ、2倍の長さの麺線になるけどね。





今までは 「大体この位かな~」 って感じで幅出ししていましたが、
b0208961_168776.jpg

基準になる線があれば毎回同じ幅に拡げられますね!(^^)!


あっ! 延し板に線を引くのが嫌ならば、麺棒に印をつける方法もありだと思います。 
梅雨の時期にはさっぱりした蕎麦が食べたいですよね。



・・・で、梅しそ蕎麦をぶっかけスタイルで食べてみました(書き出しが前記事と一緒だ)

b0208961_15325622.jpg





昔は、渓パパが梅の実を木に登って採って、母Mが梅干しを漬けていました。
b0208961_1533126.jpg

注)この時期の長雨を梅雨と言うのは、梅干しを漬ける季節と重なるからだとか。





青紫蘇は千切りに、梅干しは梅肉を叩いて、大根はおろしましょう。
b0208961_15342148.jpg

今はスーパーで買ってきた梅干しです。





お皿に蕎麦を盛ったらトッピング開始です。
b0208961_15344144.jpg

渓パパは紫蘇の香りが子供の頃から好きでした。





仕上げに白胡麻をふって、冷たい梅しそ蕎麦の完成です♪
b0208961_15431456.jpg

ぶっかけスタイルで食べていただきます。





妻Mが 「今日の蕎麦はいつもより細くて食感が弱すぎる」って、
b0208961_15345820.jpg

試しに薄く延ばして細く切ってみたのですが、それに加えて水の温度が上がってきたので氷水で〆ないとダメかな。





え~ ところで、青紫蘇と大葉の違いってわかりますか?  
b0208961_154038.jpg


昔は大葉なんて呼んだりしなかったけどな~

梅雨時にはっさっぱりした蕎麦が食べていですよね。



・・・で、もずく蕎麦をひやかけスタイルで食べてみました。

b0208961_14114832.jpg





あっ! 写真を撮って気が付いたのですが、中身は生のもずくなのに、値札はボイルめかぶです。
b0208961_13292341.jpg

お店に電話して間違いを教えてあげたら、差額分を返金したいといわれたけどお断りしました。





きっちり〆た蕎麦を丼に盛ったら、冷やしておいた蕎麦汁を注ぎましょう。
b0208961_13301631.jpg





蕎麦を平らに均して、キュウリともずくをたっぷりトッピング!(^^)!
b0208961_13303850.jpg

宮城県産のボイルした刻みメカブより、沖縄県産の生のモズクの方が安いんだね~





薬味はおろし生姜が合いますね。
b0208961_13362781.jpg

生姜は皮が香り成分が強いので、丁寧に洗ったら皮ごと擦ったほうが良いそうです。





沖縄県産の生もずくを使った、もずく冷かけ蕎麦の完成♪
b0208961_13323751.jpg





ちゅるちゅるのもずくが蕎麦に絡まって楽しい食感です!(^^)!
b0208961_13325536.jpg



あっ! 水雲と書いて 「もずく」 と読むのだそうです(初めて知りました)




追伸:

4月22日に人工骨頭置換術を受けてから、今日で2か月になり診察に行ってきました。


レントゲンを診た限りでは問題ないそうです!(^^)!
タケノコ(根曲竹)が終われば、今年の山菜シーズンは殆どおしまいです。



これからの時期にある山菜といえばミズとフキぐらいでしょう。

b0208961_1244548.jpg

注)保存するフキは6月までに採取したほうが良いそうです。





え~ 妻Mの実家からミズ(うわばみそう)をたくさんいただきました(感謝)
b0208961_12473727.jpg

皮は母Mが剥きました(秋田では皮をひくといいます)





・・・で、渓パパ庵の駄蕎麦でミズ蕎麦を作ってみました。
b0208961_12501312.jpg

注)福島県には蕎麦を水で食べる 「水蕎麦」 というのがありますが、こっちは 「ミズ蕎麦」 です。





ミズにも醤油を使って味をつけているので、冷たい蕎麦に少し薄めの汁をかけましょう。
b0208961_12503743.jpg






じゃこと一緒に油で炒めたミズをトッピングすれば、夏の山菜蕎麦、ミズ蕎麦の完成です♪
b0208961_12505785.jpg





夏限定で渓パパ庵のメニューに加えましょう!(^^)!
b0208961_1252837.jpg





しゃきしゃきの歯応えで、噛むととろとろの粘りがあります。 是非、お試しください。
b0208961_12513397.jpg


あっ! 秋田ではスーパーでも売っているメジャーな山菜ですが、東京では売っていないかな~

手術から60日経って、職場復帰まであと10日程となりました。


え~1時間動けと言われても辛いけれど、好きなことなら続けられるようになってきました。

b0208961_13161761.jpg





蕎麦打ち道具と材料を用意し、定位置にセットしましょう。
b0208961_12403430.jpg





先ずは、粉と水の計量から始めます。
b0208961_12355131.jpg





ああして、こうして、いよいよ包丁で切って麺線にする作業。
b0208961_12363560.jpg

注)包丁の時は股関節のことを完全に忘れて集中しています。





打ちあがった蕎麦はすぐに茹でて食べて、
b0208961_12463575.jpg





蕎麦の余韻を楽しみながら蕎麦湯を飲みます。
b0208961_1246585.jpg





洗い物して道具を片付けるまで約1時間。
b0208961_12392444.jpg





蕎麦を食べている3~4分を除いて1時間ほど立ちっぱなしの動きっぱなし。
b0208961_1240250.jpg



無理は禁物ですが、少しずつ動いていれる時間が長くなってきました。
←menuへ