「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

立派に育った渓パパ農園のパセリを使って、卵とじうどんを作ってみました。

b0208961_13135799.jpg





先ずは華うどんを打ちましょう。
b0208961_12581631.jpg





軸を除いたパセリと玉葱と溶き卵を蕎麦汁で煮ましょう。
b0208961_12443492.jpg





煮えたら、菜箸を伝わるように溶き卵を流し入れます。
b0208961_1246035.jpg





溶き卵を流し入れて、卵が浮き上がったら火を止めます。
b0208961_12461614.jpg





丼に温かい華うどんを盛って平らに均しましょう。
b0208961_1246284.jpg





パセリの卵とじを崩さないように小鍋から丼に移せば、パセリの卵とじうどんの完成♪
b0208961_12465026.jpg





卵をふわふわの半熟状態にしたいんだけど、部分的に卵が固まってしまったところもありますね。
b0208961_124765.jpg



卵とじは難しいな~




追記:


まだ五月なのにアカシアの花が咲きだしました。
b0208961_1339386.jpg

注)このアカシアの古木は二度花が咲くんですよ(ま~狂い咲きというやつか)


今年のアカシア祭りは、6月の11,12日なので、花は完全に終わってますね。
昨年植えたパセリが冬を越してさらに立派に育ちました。

b0208961_12225798.jpg

パセリって料理の添え物や彩りに使う程度であんまり消費しないんですよね。





・・・で、パセリをお浸しにしてたくさん食べてみました。
b0208961_12232520.jpg

大人でもパセリが苦手という人も多いですよね~




2~3分 沸騰前の温度で茹でましょう。
b0208961_12234281.jpg





冷水にとって色止めし、水気を搾ってテキトーにカットします。
b0208961_1224977.jpg





白出汁を注いだら、小皿に盛りましょう。
b0208961_12255789.jpg

おひたしと言うのは、出汁に浸すからお浸しと言うのだそうです。




白胡麻を振りましょう。
b0208961_12262171.jpg

パセリのお浸しを初めて食べました。





え~ 蕎麦は健康食と言われていますが、かけ蕎麦やもり蕎麦の単品では野菜不足なのだそうです。
b0208961_13223460.jpg


小皿に野菜を添えれば、少しはバランスが良くなるかもしれませんね。
人工骨頭置換術を受けたために休んでいた渓パパ庵を再開しました。



蕎麦を打とうと思ったけれど、最初は簡単に打てる無割蕎麦から始めてみました。

b0208961_16201379.jpg





冷たい水で〆たら、きっちり水を切ります。
b0208961_16243190.jpg

渓パパ庵を休んでいる間に、水道の水もかなりぬるくなりました。





蕎麦汁で食べるのも変化が無いので、今日は混ぜご飯の素を塗してみました。
b0208961_16204593.jpg





混ぜたら塩加減を必ず味見してください。
b0208961_16214870.jpg





お好みで胡麻油を垂らしてもOK
b0208961_16213235.jpg





完成♪
b0208961_16221955.jpg





温かいご飯だとご飯の湯気で若芽が戻るのですがパリパリのままでした。
b0208961_16275442.jpg





色んな種類があるので試してみよう♪
b0208961_16223219.jpg


たまには汁のないウドンも美味しいね~



追記:

まだ5月だというににコスモスの花が咲きました。
b0208961_13265082.jpg


一輪だけですけど・・・。

ウルイの浅漬けを作った後は油炒めにしてみました。


お肉がなかったので蒸したホタテと合わせてみました。

b0208961_74316.jpg





ホタテは硬くならない様に温める程度でOK
b0208961_744750.jpg





胡麻油、醤油、酒、味醂などテキトーに・・・。
b0208961_75022.jpg





ウルイが柔らかくなり過ぎないようにさっと炒めて、ウルイとホタテの炒めものの完成♪
b0208961_755446.jpg





母Mにはウルイの味噌汁もつけてご飯を。
b0208961_764832.jpg





渓パパにはビールじゃなくてノンアルコールです。
b0208961_772194.jpg





仕事を休んで自宅療養中の身で、昼間から飲むわけにはいきませんからね。
b0208961_774559.jpg


とろとろのウルイは美味いっすね(ビールが本物なら言うことなしです)

毎年、春の釣行では山菜を採ってきて、このブログで紹介していました。



今年は股関節の手術で山菜を採りに行けなかったので、畑のウルイを紹介します。

b0208961_10465769.jpg

注)スーパーに並んでいるウルイは栽培ものですが、ウルイは山菜なんですよ。





昨年亡くなった父Mが若い頃に山から掘って来て、自宅の畑に植えたウルイです。
b0208961_10471479.jpg

ほったらかしていても毎年このように成長してくれます。





土を綺麗に洗ったら、スジを引きます(若い場合は必要ありません)
b0208961_10474650.jpg

少し伸びすぎていますが大丈夫食べられます。





彩に人参とキュウリを刻みましょう。
b0208961_1048426.jpg





食べやすい大きさに切ったウルイを袋に入れ、軽く塩をして揉みます。
b0208961_10482786.jpg





冷蔵庫で一時間も寝かせれば、ウルイの浅漬けの完成♪
b0208961_10484667.jpg

旨味を出すために、顆粒の和風出汁や昆布茶などを入れても美味しいです。





お好みで、食べる直前に七味唐辛子を一振り。
b0208961_12433789.jpg

噛んだ時のシャキシャキ感と、そのあとで訪れるネッチョリ感が楽しい山菜です。





やっぱり山菜は山から採ってこないと面白くないね。
b0208961_715339.jpg



両側人工骨頭になってしまったけれど、もう一度お山に行きたいな~

八九郎温泉に行ったときにゾウムシを見つけました。



ゾウムシは硬くて消化できないので鳥もたべないとか(本当かな?)

b0208961_10261771.jpg

注)ゾウムシは翅が退化して飛べないし、歩きも遅い甲虫です。





あっ! ゾウムシは敵に出会うと偽死(しんだふり)するんですよね。
b0208961_10263341.jpg

飛ぶことも、素早く逃げることも諦めて、体を硬くし身を守るという戦略で生き延びているんですね。



逃げも隠れもせず、しかも毒も吐かないなんて、そんな虫もいるんだね~

加温も加水もせずにちょうどいい温度で湧き出している八九郎温泉。

b0208961_15541445.jpg





効能の一つに関節のこわばりと言うのがあるので、渓パパの股関節にも効果があるのか期待してみました。
b0208961_15543175.jpg





え~ 八九郎温泉は車止めから歩いてゆくのですが、その道端に細い水路が流れています。
b0208961_1554498.jpg

ヤマメの居場所を予測して、気づかれない様にそっとアプローチしてみました。





フライフィッシング歴が四半世紀を超える渓パパは、こんな水路でもヤマメを見つけられるんです。
b0208961_15552026.jpg

注)普通の人だと写真を撮る前にヤマメに気づかれて逃げられてしまい、この距離でヤマメ写真を撮るのは困難です。





釣り人の存在を魚に気づかれる前に、魚を見つける能力があれば半分は釣れたようなもんです。
b0208961_15555925.jpg


蜘蛛の巣にはカゲロウが捉えられていました。

4月に左の特発性大腿骨頭壊死症で手術を受けたので何も植えていない渓パパ農園です。

b0208961_1245447.jpg





え~ 農園の隅に雑草と混じって三つ葉が生えています。
b0208961_125112.jpg





やっとの思いで三つ葉を摘み採りました。
b0208961_1253387.jpg

注)股関節の手術のあとは、床のモノを拾う動作が困難です。




サッと茹でて冷水で色止めした三つ葉を添えたら、昆布出汁の汁をひたひたになるまで注ぎましょう♪
b0208961_126535.jpg





渓パパ庵の蕎麦を打てるようになるにはもう少し時間がかかりそうなので揖保の糸です。
b0208961_1262722.jpg





三つ葉の旬には少し遅れましたが、春の香りをいただきました。
b0208961_1264042.jpg



もう少し動けるようになったら蕎麦を打ってみます。




追伸:

鹿角市の山林でタケノコ採りの方が熊に襲われたものと思われ二日続けてお亡くなりになりました。
b0208961_853134.jpg


渓パパも釣りをしていて熊に出会ったことが一度だけあるけれど、

心臓はバクバク、足はガクガクでただじっとしてやり過ごすことしかできませんでした。

渓流釣りで山に入る時には熊対策をお忘れなく!

一か月前までは右だけだったのですが、

b0208961_1175260.jpg





左も人工骨頭になりました。
b0208961_1182818.jpg

注)文献によって数値は異なりますが、特発性骨頭壊死症は2年以内に6割から7割の方が反対も患うそうです。


ま~ 失ったものは小さくないけれど、命まで取られるわけじゃないし、死ぬまで生きていこう~



あっ! tarzanさん、パインさん、励ましのコメントありがとうございました。


コメントに気づかずに返信が遅くなりました
b0208961_9271959.jpg

長いようで、過ぎしまえば速かった1ヶ月の入院生活。

これから出所して娑婆に出ます。

執刀していただいた整形外来のドクターをはじめ病院スタッフの皆様ありがとうございました。

7月には職場復帰の予定です。
これから40日ほど自宅療養となりますが焦らず、怠けず、諦めずにやりたいと思っています。

自宅に帰ったら、先ずは一杯やって退院祝いしよう(笑)




追記:

退院したらお寿司にしようか、焼き肉にしようか等と思案していた渓パパですが・・・。


結局は、自宅で冷奴と冷たいビール!
b0208961_15562013.jpg

注)一か月ぶりのビールはこでらいねがったっス!


ま~ 渓パパは庶民派ですから(笑)
←menuへ