<   2015年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2015年も今日でお終いですね。


お蕎麦屋さんは年越蕎麦を食べにくるお客さんで大忙しだろうけど、渓パパ庵はいつも通りの営業(笑)



角を立てずに丸く丸く!

b0208961_975465.jpg





切れずに真っ直ぐ長く!
b0208961_981771.jpg





大晦日の今日はとろろ蕎麦にしてみました。
b0208961_13262582.jpg





とんぶりの様にこまめに!
b0208961_910731.jpg

納豆鉢にとろろを入れ、全卵ととんぶりを加え、蕎麦汁を垂らしたらぐりぐりかまします(混ぜます)





長くつながった蕎麦とよく粘るとろろの組み合わせです!(^^)!
b0208961_13264811.jpg






お皿に盛った冷たい蕎麦に、好きなだけトロロをかけて頂きます。
b0208961_13282733.jpg



え~ みな様のご健康とご多幸を祈願いたしまして、本年最後の更新とさせていただきます。


よいお年をお迎えくださいませ。     

                                                   渓パパ

新年のお祝いに紅白のウドンを打ってみようと思い、赤いウドンを試作してみました。




今回は、素直に食紅を使って赤い華うどんを打ってみました。

b0208961_14144219.jpg

100グラムの小麦粉に対して、53ccの加水。





53ccの水に対して、食紅を付属の耳かきみたいなスプーンで一杯入れてみました。
b0208961_14145816.jpg





水回し完了!
b0208961_1423194.jpg





延ばして切ったら出来上がり♪
b0208961_14152925.jpg





茹でてみたら、生の時よりも赤色が強く発色して不気味(>_<)
b0208961_14154476.jpg





食紅の量は半分でもいいかな~
b0208961_1416669.jpg



あっ! 今年は七月に父Mが亡くなったので、お祝い事をしてはいけないのかな~

木鉢で蕎麦を打つ場合には、木鉢の中で水回しや括りを行い、

b0208961_8511091.jpg





さらに、捏ねてヘソ出ししますが、ボウルでやるには狭くてぐらつくのでやり難い。
b0208961_8512630.jpg

・・・で、少量の蕎麦を打つ場合には調理台のワークトップで捏ねる方法もあります。





ぽたぽた加水で二人前の蕎麦生地を作ります。
b0208961_12585691.jpg

注)ボウルの中でも捏ねることができますが、ボウルがぐらつくし、狭いので両手で捏ねられません。





ラップに包んで捏ねると手が汚れないけれど、調理台のワークトップで捏ねると力を入れやすい。
b0208961_12592733.jpg

注)掌が汚れるので、延しの作業の前に手を洗う必要があります。





生地の表面のシワを一点に集めて無くする 「ヘソ出し」 という作業。
b0208961_12594512.jpg

注)木鉢の内側のカーブを使えばやり易いのですが、平面なワークトップでもヘソだしできます。





一人前の量に分けたら、円筒形に整形して乾燥しないようにラップしておきます。
b0208961_1301859.jpg





二枚に畳んでから切っているので、この2倍の長さの麺線になります。
b0208961_131010.jpg





え~ 前の晩にきりたんぽ鍋を食べて、残ったキリタンポ鍋の汁でつけ蕎麦にしてみました(具は殆ど残っていません)
b0208961_12582193.jpg

注)表面に浮いているのは、冷めて固まった比内地鶏の脂。





具がほとんど残っていないので葱ぐらいは追加しました。
b0208961_12584273.jpg







つけ蕎麦、きりたんぽ鍋の汁バージョンの完成です♪
b0208961_13272.jpg





冷たい蕎麦に比内地鶏の出汁の効いた温かい汁を絡めて手繰ります。
b0208961_1325056.jpg





あっ!パン作りの世界には、手を汚さずに生地を捏ねることができる道具もあるようです。
b0208961_1545060.png



生地に触らずに捏ねるだけではなく、菊練りやヘソ出しもできるといいんだけどね~
手打ち蕎麦を冷凍保存しておいて、とろろ蕎麦を食べてみました(トトロ蕎麦じゃないよ)




長芋は面倒ならおろし金で擦ってもいいけれど、すり鉢でするとより滑らかになります。

b0208961_13583944.jpg

注)青森県産の長芋は積雪前の今がまさに旬で、ヒゲ根を焼けば皮ごと擦っても食べられます。





卵白だけを入れてさらにすりこ木ですると、メレンゲの様にふわふわの食感になります。
b0208961_13591790.jpg





細かな気泡がわかるかな~
b0208961_1359319.jpg





長芋を擦り終わったら、卵黄を戻して青海苔を振ります。
b0208961_1359592.jpg

注)最初からとろろに全卵を入れて擦ってもいいけれど、卵黄は好きなタイミングで割って食べると二度美味しい。





打ってから冷凍して四日目の手打ち蕎麦です。
b0208961_14144.jpg





小鉢に移さずに、すり鉢のまま頂いてみました。
b0208961_1414216.jpg





打ち立てに拘らずに蕎麦を冷凍にすれば種物に凝れるな~
b0208961_1431755.jpg





蕎麦をたくさん打って、余るともったいないから無理してでも食べていたけれど、冷凍すればいいね~
b0208961_14225378.jpg



あっ! 今度、冷凍した蕎麦と打ちたての蕎麦を家族に食べさせて、その違いが判るか実験してみよう。
とろろ蕎麦の材料で作る、トトロ蕎麦と言うのをネットで知りました。



・・・で、ジブリ好きにはたまらないトトロ蕎麦を渓パパも作ってみました。

b0208961_10223637.jpg





お湯を沸かして蕎麦を茹でている合間に、とろろを擦ったり各種パーツを切り出しましょう。
b0208961_1023139.jpg





平らなお皿にトトロの形を干し蕎麦で描きます。
b0208961_10233192.jpg





予めへこませておいたお腹にとろろを流し込みます。
b0208961_10235435.jpg





各種パーツを盛りつけます。
b0208961_1024172.jpg

注)頭の上の葉っぱはレタスをカットして作りました。





背景に畑のキャビアとんぶりとカイワレ大根を散らして、トトロ蕎麦の完成!(^^)!
b0208961_10245032.jpg

注)今まで作った蕎麦の中で、盛り付けに一番時間がかかりました。





それでは、蕎麦汁を注いで食べましょう♪
b0208961_10264119.jpg





トトロが・・・。
b0208961_1027180.jpg

干し蕎麦を使えば簡単なので、小さなお子さんに作ってあげると喜ぶかもね~


あっ! その際は、生の貝割れ大根は辛いので、水菜など辛くないものに変えた方がいいかもしれません。




追記: 

アップしてから写真をよく見たら、海苔で作った胸のマークが上下逆さまでした(>_<)


重ねた昆布の側面を削ったのが 「とろろ昆布」 で、一枚の昆布の平面にカンナをかけるように削ったのが 「おぼろ昆布」

b0208961_13191133.jpg

注)糸状のとろろ昆布は機械で削り、帯状のおぼろ昆布は職人が一枚一枚削るのだそうです。





え~ 今日は、とろろ昆布蕎麦にしましょう!(^^)!
b0208961_13202113.jpg





冬がすすむにつれて水道の水も次第に冷たくなってきましたね~
b0208961_13205078.jpg






寒い季節には、温かい蕎麦もいいですよね~
b0208961_1322022.jpg





秋田県の稲作農家は冬に仕事が無いので、北海道に渡り昆布削りの出稼ぎをしたのだそうです。
b0208961_13211542.jpg





昆布削り職人の多くが秋田県出身の方だったので、昆布を削る刃物を 「アキタ」 と呼ぶそうです。
b0208961_13213153.jpg





とろろ昆布を絡めて蕎麦を手繰りましょう♪
b0208961_1332263.jpg

渓パパはおぼろ昆布よりとろろ昆布の方が好きです!(^^)!




ん~でも、ウドンにはおぼろ昆布の方がいいかな~
b0208961_1349971.jpg

注)とろろ昆布の方が機械で一度にたくさん作れるので、手で削るおぼろ昆布に比べ安いのだそうです。


このブログをご覧のみなさんは、とろろ昆布とおぼろ昆布、どちらが好きですか?
秋田は雪国であるにもかかわらず、数年ぶりに雪の無いクリスマスになりそうです。



え~ 今日はクリスマスをお祝いして、お蕎麦にお星さまとハートを入れてみました。

b0208961_14443769.jpg





ズル板とローラーで簡単に均等な薄さに延ばしたら、娘Sがお菓子作りに使っている型抜きを使います。
b0208961_1446358.jpg





茹でても型が保たれているようです!(^^)!
b0208961_14462368.jpg





麺状の蕎麦に混じって、ハート形の蕎麦がありました!!
b0208961_14464686.jpg





笊に蕎麦を盛ったら、その上に蕎麦をデコレーション!
b0208961_14473224.jpg

あっ! 一番下に入れておき、蕎麦を手繰ってゆくと星やハートが出てくるなんてのも面白いかも。





思い切り 「和」 ですが、メリークリスマス♪
b0208961_14481118.jpg





型抜きした蕎麦を食べてみたら固いんです。
b0208961_14485668.jpg

細い麺状になっていないので茹で上がりに時間がかかるようです。


茹でるときには、型抜きした蕎麦だけを始めに入れ、時間差で麺線になった蕎麦を入れるといいでしょう。


あっ! 頼まれても誰もこんな事しないか(苦笑)

ちょろちょろ加水と水回し棒で、一度に二人前の生地を作ってみました


蕎麦粉160グラムと小麦粉40グラムで、合計200グラムの粉に水を少しずつ加えて水回し棒で水回しします。

b0208961_127817.jpg





粉っぽいうちは軽く回せますが、徐々に重くなってきます。
b0208961_1274036.jpg





塊になったら括りの終了です。
b0208961_1291698.jpg

この方法で水回しするのは二人前が限界かな~




塊になったら、拡げたラップの上に置きます。
b0208961_1294330.jpg





ラップに包んで捏ねると掌が生地で汚れません!(^^)!
b0208961_1210862.jpg





体重をかけて練ると楽チンです♪
b0208961_12103243.jpg





魔法の延し板は一人前用の面積しかないので、生地を二等分しなくてはなりません(>_<)
b0208961_12105794.jpg

四人家族なら、ここまでの作業を二回繰り返さないといけません。





一度に家族分の蕎麦を打ちたいなら、やっぱり木鉢での蕎麦打ちを覚えた方が楽ですね。
b0208961_12171523.jpg

注)この蕎麦玉は木鉢で水回しした四人前です。





それに、延しも一度で済むしね。
b0208961_12204274.jpg



二人前までなら簡単蕎麦打ちで、それ以上の蕎麦を打つ時には本格的な蕎麦打ちがいいようです。

下のAとB二枚の写真を見て、どちらが蕎麦で、どちらがウドンかわかりますか?



A
b0208961_22293292.jpg




B
b0208961_1153443.jpg





Aは、岩手県産の小麦粉 「ゆきちから」 と水だけで打ったウドン(無割蕎麦)で、Bは二八蕎麦
b0208961_22244081.jpg

注)八幡平市にあるクボタロッジさんにお邪魔した帰り道に産直で買ってきました。





ちなみに、いつもは大手メーカーの小麦粉でウドンを打っています。
b0208961_22284883.jpg

注)日本の小麦粉消費量のうち、国内産は約15%で、残りは外国産の小麦粉だそうです。





大手メーカーさんの小麦粉で打てば、スーパーで売っているような真っ白なウドンに仕上がります。
b0208961_11183055.jpg





ゆきちからは、2002年から岩手県で奨励品種に採用された国産強力粉で、パン作りに向いているそうです。
b0208961_22253487.jpg

注)パンの他には中華麺にも適しているそうです。




えっ!大手メーカーさんと地粉のどちらのウドンが美味いかって?
b0208961_2226187.jpg



美味さは個人の感覚の問題なのでノーコメントとさせてもらいます(苦笑)

はい~っ! 渓パパの手打ち蕎麦が立ちました。

b0208961_14103132.jpg





なっちゃって、朝、蕎麦を打って冷凍しておいたんです。
b0208961_14105781.jpg

注)渓パパは初めて手打蕎麦を冷凍にしてみました。




クッキングシートに包んで、更にラップで包んでいます。
b0208961_14111989.jpg





解凍せずに、凍ったままで茹でてみました。
b0208961_1411389.jpg





生の蕎麦より浮き上がるまでの時間が長いようです。
b0208961_14115948.jpg





しばらくしたら、お湯が再沸騰してグルグル泳ぎだしました。
b0208961_14122932.jpg





ザルに盛ってみたけれど、蕎麦が切れたり煮崩れしたりしていません!(^^)!
b0208961_1413051.jpg





見た目は打ち立てを茹でたのと見分けがつきません。
b0208961_14132362.jpg





食べてみても、渓パパの舌では打ち立てと判別できませんでした。
b0208961_14315275.jpg



これなら、昼に蕎麦を打って冷凍しておき、夜、お酒の飲んだ〆に蕎麦を手繰ることも出来ますね!(^^)!






追伸:

b0208961_10222462.jpg


全国高校駅伝  秋田県女子代表 県立花輪高校ガンバレ~
←menuへ