<   2015年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

昔は毎月月末(晦日)に縁起物として蕎麦を食べていたそうです。


それが何時の頃からか、十二月の大晦日だけに特化して年越し蕎麦として残ったのだとか。


ところで、このブログをご覧の皆さんは、年越し蕎麦は温かいかけ蕎麦、それとも冷たいもり蕎麦?



温かいかけ蕎麦でほっこりするもよし♪
b0208961_22455810.jpg





粋にもり蕎麦を手繰るもよし♪
b0208961_22464115.jpg

あっ! 今日、十一月三十日は十一月の晦日蕎麦です。


今年も残すところ一か月となりました。
今回はつなぎの小麦粉を入れずに蕎麦粉だけで繋がった蕎麦が打てるのか試してみました。

b0208961_14362150.jpg

注)いわゆる十割蕎麦と言うヤツで、繋がった蕎麦を打つのは熟練の技術が必要とされています。





ペットボトルに小さな穴を空けたもので、ぽたぽたと少しずつ加水しながら、水回し棒で蕎麦粉を動かします。
b0208961_1436572.jpg





蕎麦粉に万遍なく水を与えます。
b0208961_14372857.jpg





決して捏ねて纏めようとせずに、ただただ蕎麦粉を動かし続けると次第に纏まってきます。
b0208961_14375486.jpg





纏まったら、ラップに包んで揉むと手が汚れません。
b0208961_14382129.jpg





生地の表面の傷を無くして円筒形に整形して出来上がり。
b0208961_14393942.jpg





魔法の延し板とローラーを使い均等な厚さに延ばしましょう。
b0208961_1453521.jpg





切りの工程を簡単にする方法をいろいろ考えているのですが、今のところいいアイディアが浮かびません。
b0208961_14384355.jpg

注)包丁ははっきり言って難しいので、繰り返し練習しなくては上手く切れません。





茹でても麺線が短く切れた蕎麦(ドジョウと言います)にはなりませんでした♪
b0208961_1440436.jpg

注)生地に水を吸っていない生の粉残っていると、包丁で切るまでは繋がっていても茹でる時に切れるんです。





熟練の技術が必要とされる十割蕎麦を道具を工夫することで簡単に打てました♪
b0208961_1441436.jpg





あっ! 二八蕎麦では殆どないのですが、最後には短く切れた麺線が残りました(>_<)
b0208961_14403213.jpg

ペットボトルのぽたぽた加」 と 「水回し棒」 があれば十割蕎麦の生地が簡単に作れました。





この方法は一度にたくさんの量は作れませんが、家庭で楽しむには十分だと思います。
b0208961_16292982.jpg


あっ! 自宅で簡単に十割蕎麦が打てたら、お蕎麦屋さんが困ってしまうかも(笑)


一人前の蕎麦を手打ちします。
b0208961_17472486.jpg




寒くなると温かい蕎麦もいいですよね~
b0208961_17475882.jpg





蕎麦通はは冬でももり蕎麦を頼むみたいですが・・・。
b0208961_17482577.jpg





かけ蕎麦も捨てがたいな~
b0208961_17484890.jpg





あっ! 一度、廃版になった 「ゆず入りの七味唐からし」 が復活したようです。
b0208961_17553956.jpg


かけ蕎麦に一振りするだけで、ゆずの香りが手軽に楽しめていいですよ!




追伸:

昨夜、オフ会をしたのですが、終盤の記憶がありません(>_<)
b0208961_17595847.jpg

残ったカレーと華うどんを合わせてカレーうどんを作りました。


華うどんは練らない、寝かせな、踏まないウドンなので、粉と水があっという間に麺になります。

b0208961_20251881.jpg

注)華うどんはご飯を炊くよりずっと早く打ち上がります。





さっきまで粉と水だったのに、たった数分でウドンになりました。
b0208961_20262570.jpg

注)多加水の生のウドンは茹で時間も2~3分もあれば茹で上がります。





一度、水で〆て、再びお湯に戻して温め、お湯をよく切って丼に投入したら、平らに均しておきましょう。
b0208961_2032863.jpg





妻Mが作った残ったカレーを乗せましょう。
b0208961_20272766.jpg

注)美味しくなくて残ったわけではありません (念のため)





小鍋に甘汁を沸かしておいて、湯気が立っている華うどんにかけましょう。
b0208961_20275452.jpg

注)水溶き片栗粉でとろみを付けても美味しいかも・・・。





彩と薬味にカイワレ大根と刻み葱を散らせば出来上がり♪
b0208961_2029240.jpg

ご飯を足りなくしたときにささっと華うどんを打ってもいいですね。





鰹出汁が効いた甘汁にカレーが溶けて何とも言えません!(^^)!
b0208961_20291936.jpg





小麦粉と水の計量が済んでいて、お湯が沸いていれば、10分かからずに出来上がります。
b0208961_20295339.jpg


ここまでウドンの話を書いておいてなんですが、カレーは少し硬めに炊いたご飯と食べるのが好きです(爆)

ボウルに蕎麦粉を入れて水回しするのですが、ボウルがぐらつくので片手で固定しなければならずとても疲れます。

b0208961_9574713.jpg

・・・で、楽な方法を考えてみました。





椅子に腰かけて、股の間にボウルを挟んで固定してみました。
b0208961_9591330.jpg





ん~これなら楽ちん楽ちん♪
b0208961_9595266.jpg





あっ! 世の中にはボウルを固定する道具があるようです。
b0208961_9445117.jpg

これがあれば、両手を自由に使えるので、片手で加水しながら、片手で水回しもできますね。


それにメレンゲを作ったり、娘Sのお菓子作りにも使えるな~ 

先週末は息子Kの部活の球納めでした。


監督、コーチ、親の会の皆様、今までありがとうございました。

b0208961_910958.jpg


あっ! 4番もお疲れ様、あとは高校受験に向けてガンバレ!

駒板が無くてもテキトーな箱があれば蕎麦やウドンを切れるんです。



頂きものの干しウドンが入っていた木箱。

b0208961_1372090.jpg





駒板に比べて枕が高いですね~
b0208961_1375068.jpg





細く切るには枕が低い方が切りやすいのですが、渓パパの腕で細く切ってみました。
b0208961_1382047.jpg





一万円以上もする駒板で切っても、干しウドンの木箱で切ってもさほど違いはありません(笑)
b0208961_1328564.jpg





駒板はテキトーな箱で代用できるけど、蕎麦切り庖丁の代用だけは無いんだよね~
b0208961_1385039.jpg

あっ! 手駒と言って、駒板を使わずに手を添えて切る方法もあるのですが、素人はやらない方がいいですよ。

蕎麦を切らずに指を切っても食べられませんからね~



追伸: 今朝、目を覚まして窓の外を見たら初雪でした(>_<)

お隣さんの笹がフェンスの地下をくぐって、渓パパの庭に伸びてきます。

b0208961_13313242.jpg





一つ頂いて、綺麗に洗って水気を取っておきましょう。
b0208961_13322877.jpg





いつもの食えない一人蕎麦を打ちます。
b0208961_13331339.jpg





笊に笹を敷いて蕎麦を盛りましょう。
b0208961_13334534.jpg





渓パパの駄蕎麦も笹の飾りのお蔭で少しは美味そうに見えるかも!(^^)!
b0208961_13343756.jpg





笹の葉は雪の下になるまで使えますね。
b0208961_13345698.jpg



もうすぐ雪の季節です。

先ずは、松舘しぼり大根をおろし器ですりおろします。

b0208961_22403317.jpg





それでは、いつもの一人蕎麦を打ちましょう。
b0208961_2237181.jpg





おろし器の受け皿って、一人前の蕎麦を盛れそうな大きさですね~
b0208961_22353646.jpg





・・・で、おろし器の受け皿に蕎麦汁を注ぎ食べてみました。
b0208961_22373999.jpg





冷たい水でキッチリ〆た蕎麦をおろし器の器に投入。
b0208961_22375733.jpg

あっ! 水を切るための笊からドバっと移すと麺線が絡んでいて食べにくかったです。





大根おろしをグリグリして蕎麦を手繰れば洗い物が一つ少なくて済みますね♪
b0208961_22381798.jpg

注)独身時代に、インスタントラーメンを煮た鍋で、丼に移さずにそのまま食べた人も多いはず。





地味なおろし蕎麦も、お皿に盛って青味のある薬味を使ったりすれば美味そうだけれど・・・。
b0208961_14333352.jpg


あっ! 本当にずぼらな人は蕎麦をわざわざ手打ちなんかしませんよね(苦笑)

秋田県の南部にある湯沢市の名産品である稲庭うどん。

b0208961_14331754.jpg

注)頂き物です。




秋田県の北部にある鹿角市の八幡平地区の松舘しぼり大根とコラボしてみました!(^^)!
b0208961_1433388.jpg





この艶と透明感!!
b0208961_14335945.jpg





日本一辛いと噂の松舘しぼり大根を薬味にして、
b0208961_14342539.jpg





日本一高い干しウドンと噂の稲庭うどんを手繰ります。
b0208961_14411867.jpg


さすがは、日本三大うどんに数えられることだけのことがあるね~
←menuへ