<   2015年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧


渓パパの過去の釣行記を見ていて、一定のパターンがあることに気がつきました。


先ずは空を含めた遠景の写真 
b0208961_10295068.jpg

その日の天気が伝わるように





渓相の写真  
b0208961_10302749.jpg

水況が伝わるように





ポイントの写真  
b0208961_10304639.jpg

いかにも釣れそうなところ





釣り上げた魚の写真 
b0208961_1031467.jpg

魚の写真を何枚も並べるだけではつまらない(と渓パパは思う)






渓沿いで見つけた花の写真   
b0208961_10314256.jpg

季節が伝わるように





使用フライを含めたタックルの写真
b0208961_1032781.jpg

いつも同じですが





ランチの写真
b0208961_10322182.jpg

コンビニのおにぎりじゃつまらない(と渓パパは思う)





渓沿いで見つけた昆虫の写真  
b0208961_10333361.jpg

季節が伝わるように



これらの写真の上にその日のエピソードなどを一行書き加えます。



ま~ ざっとこんな感じで、写真を選び文章を打ち込むのに30分ぐらい。


記憶が薄れる前に、できるだけ釣りに行ったその日の内にアップしています。

今日、東北北部にも梅雨明け宣言がだされました。

b0208961_1851794.jpg






朝はラジオ体操の音楽が、夜には七夕祭りのお囃子の練習の音が窓から聞こえてきて、これから夏本番ですね。
b0208961_18104661.jpg


8月に入ると青森のねぶたや秋田の竿灯まつりなど東北地方では夏祭りの季節を迎えます。


あっ! 小坂の七夕祭りは8月の1日2日の開催です。

晴れるといいな~

ウドンと素麺の違いは麺の太さのみだといわれていて、包丁で切るか手で延ばすは無関係なようです。

b0208961_9133640.jpg





・・・で、生の素麺を打って、冷やかけスタイルにしてみました。
b0208961_9151917.jpg

注)麺の直径が1.3ミリメートル未満を素麺と言うので生冷麦かもしれません。





あっ! 素麺を打つ前に薬味を用意して、汁は氷を浮かべておきましょう。
b0208961_9165599.jpg





冷やかけは一つの器で食べるスタイルなので、薬味も具も全て上にのせちゃいます。
b0208961_9172245.jpg

注)冷たい汁をぶっかけるから、冷やかけと言うそうです。





気の短い江戸っ子が一一蕎麦猪口の汁につけて食べるのが面倒だといって、
b0208961_9185489.jpg

皿に盛った蕎麦に汁をぶっかけて食べたのが冷やかけの始まりだとか。





素麺なのに生地の性質上少し縮れるのはご愛嬌!(^^)!
b0208961_9194028.jpg





薬味皿も使わないので、梅肉は紫蘇の葉の上にのせ好きなタイミングで汁に溶くといいですね♪
b0208961_920248.jpg





素麺を氷水に入れて、汁をつけて食べるスタイルだと汁が徐々に薄くなるんです。
b0208961_9212647.jpg

それに対して冷やかけスタイルにすると、汁が最後まで薄くならずにいただけます。



あっ! 冷やかけにすると、つけて食べるとより洗い物が少なくて済むのもいいところ(笑)
いっぱい雨が降ったけれど、7月最後の日曜日だから釣りに行くしかないでしょう。



川には来たものの、山の端はもやもや、たまに弱い雨が降ったり止んだりで、なんだか気分も湿りがち。

b0208961_17543258.jpg

釣りに来ているのにウキウキしないのはお天気のせい?





かなり増水しているけれど、ま~何とか釣りになりそうな程度。
b0208961_1757857.jpg

ん~ テンションを上げていってみますか!





え~ 何処にイワナがいるか分かりますか?
b0208961_11322997.jpg





魚の姿を見つけてから釣るのをサイトフィッシング、ここならいそうだと予想して釣るのをブラインドフィッシングと言います。
b0208961_17585316.jpg

サイトで釣ると着水したフライにいつどんな風に反応するのか丸見えなので、ブラインドで釣るより何倍も面白いんですよ。





梅雨の季節は蝦夷アジサイの季節ですね。一般的な青い蝦夷アジサイ。
b0208961_17593088.jpg





たまに見かける紫から赤に近いもの。
b0208961_17594781.jpg





ほとんど見かけない白いもの。
b0208961_180499.jpg

種類が違うのか? それとも生育環境の違いで色に違いが出るのか? ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。





ロッドを置いてランチタイムにするべ。
b0208961_1802675.jpg





今日のランチは渓パパ特製おにぎらず(ご飯を握らずに四角く整形して海苔で包んだもの)
b0208961_1803949.jpg

注)おにぎりより簡単に作れますが、海苔の使用量がおにぎりの2倍ぐらい(>_<)





大きいのは一匹も出ないので、ランディングネットは終始乾いたまま(>_<)
b0208961_1813011.jpg





渓では山葡萄が膨らみ始めていました。
b0208961_1815155.jpg



次の釣行は、もう8月になるんだな~
茹でる前の生の蕎麦やウドンは見たことがあると思いますが、生の素麺は見かけませんよね。

b0208961_9425417.jpg





素麺は手延べと言う製法で作られ、寒風に晒し乾麺にして保存性をよくするのが一般的だからです。
b0208961_943239.jpg

・・・で、渓パパには手延べの技術が無いので、包丁で素麺の太さに切って、生の素麺に挑戦してみました。





先ずは、渓パパ農園で薬味と飾りに使う野菜を収穫します。
b0208961_15264176.jpg

茗荷が芽を出すにはもう少し時間がかかるみたいです。




生の素麺は数十秒で茹であがるので、あらかじめ薬味や器の準備をしておきます。
b0208961_15271315.jpg





薄く薄く延ばし、渓パパが今の包丁の技術でできる最高の細さに切ります。
b0208961_1543796.jpg

細く切ると包丁を入れる回数が多くなるので、4枚畳みの方が楽かもしれません。





干してある素麺は茹でると水を吸って膨らんで太くなりますが、最初から水分が多い生麺はそれほど太くなりません。
b0208961_15481377.jpg





手延べの素麺と違って、包丁で切っているので麺線に角があるのがわかりますか?
b0208961_944359.jpg





渓パパ農園で収穫したキュウリの赤ちゃんを飾ってみました♪
b0208961_15275876.jpg





塩も油も使わない手打ち生素麺の完成です♪
b0208961_152620100.jpg





氷水に素麺を入れて食べると汁が次第に薄くなり、本当はあまり好きじゃありません。
b0208961_15223155.jpg

ぶっかけにすると最後まで美味しいのですが、素麺の白さが際立たないのでブログ用につけて食べてみました。



ま~ 素麺は料理がめんどくさい時に簡単に済ませる食事ですから、手打しようなんて考える人はいませんよね(苦笑)

昨夜、網戸にクワガタが張り付いていました。

b0208961_971216.jpg

子供の頃は、近所のお店の防犯灯の明かりにカブトムシやクワガタがいっぱい集まってきて、簡単に捕まえられたな~





え~ 捕まえたクワガタをフィルムケースに入れて学校に持って行ったものです(一応はニードルで空気穴を開けて)
b0208961_973176.jpg

注)良い子は学校へ勉強に関係ないものは持って行ってはダメだよ~





ペットボトルやジップロックも未だ無かった時代のお話です。
b0208961_993110.jpg





フィルムケースは大きさと言い、軽さと言い、気密性と言い、ポケットに入れて釣りの小物を持ち歩くには最適でした。
b0208961_9828100.jpg

子供の頃は餌釣り専門でしたから、針はもちろん錘や目印、時にはエサのサシドリなどを入れていました。





あっ! クワガタは撮影後に渓パパ農園にリリースしました。
b0208961_985616.jpg


外部リンクして頂いているSHIGEZOさんのブログ 「今はまだ人生を語れず・・・」 のリンクが切れました。


b0208961_10113552.jpg

・・・で、新たに外部リンクに追加しようと試みたら、既に同じグログがリンクされていますのメッセージ(>_<)


そこで、古いリンク先を一度削除してから、新たに外部リンクに追加したら成功しました。


手順は

「設定」

「メニュー管理」

メニュー別選択の 「外部リンクの管理」

「外部リンク削除」   「今はまだ人生を語れず・・・」を 「削除」

「外部リンク追加」

URLの欄に  こちらを http://blogs.yahoo.co.jp/knm2430431  貼り付ければOK

外部リンクの並び順が一番下になりますけど・・・。

朝一で、葬儀社さんからお借りした大きな祭壇をお返しして、自宅にあるお盆用の三段の棚に仏様を飾りました。

b0208961_1640121.jpg

ま~これでひと区切りをつけ、渓パパは明日から俗世界に戻り、お仕事や家の仕事に励まなくてはなりません。





・・・で、ホームリバーに行ってリハビリしてきました。
b0208961_16422496.jpg

川は何事もなかったように流れています。





この川の最上流域では赤い石があり、釣れてくるイワナの唇も赤いんです。
b0208961_16454314.jpg





少し下流に場所移動。
b0208961_16481368.jpg





バブルラインを下流側から順にドリフトしてゆくと、イワナがふわりと浮き上がりました。
b0208961_16461464.jpg





え~ 仏教の在家信者が守るべき五つの戒めを五戒と言い、
b0208961_16464354.jpg





その一番目に不殺生戒(生き物を殺してはいけないと言う戒め)があります。
b0208961_1647977.jpg





父が他界して四十九日はおろか十日余りしか過ぎていませんが、釣りがしたいと言う煩悩に負けてしまいました(>_<)
b0208961_16474012.jpg


お釈迦様! 釣り上げたイワナは全てリリースしたので、どうかお許しくださいませ<(_ _)>
先日亡くなった父Mは、渓パパが打った蕎麦もウドンを食べたことがありませんでした。

b0208961_12421725.jpg





蕎麦が不味いから? ん~そうではなくて渓パパが蕎麦打ちを始めたころには、
b0208961_12483157.jpg

既に脳梗塞に倒れ摂食障害が残り、蕎麦を咀嚼したり嚥下したリが上手くできなかったんです。





・・・でも、仏様となった今は何でも食べられるから、父の為に心を込めてウドンを打ちました。
b0208961_12485810.jpg

注)小麦粉100%の生地で蕎麦の細さに仕上げる無割蕎麦です。





心は込めましたが、踏んだり寝かせたりしないので数分で打てるウドンです。
b0208961_12492625.jpg

あっ! 器の位置や箸の向きを左利き用にセットしてしまいました(>_<)





昭和一桁生まれで食べ物の無い時代に少年期を過ごした父Mは、食べ物に対して美味い不味いを口に出しませんでした。
b0208961_12495050.jpg


きっと、渓パパが心を込めて打った無割蕎麦も、何も言わずに食べている事でしょう。


梅雨入り宣言が出されたにもかかわらず、空梅雨が続いていた秋田県北部に待望の雨。

b0208961_13345061.jpg





渓パパ農園の野菜たちも大喜びしています。
b0208961_13355123.jpg


この雨で渇水していた渓にも生気が戻るはず。

ん~でも、忌引きで仕事を休ませてもらっているので釣りには行けないな~
←menuへ