<   2015年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧


お山から採ってきたコシアブラを天ぷらにして、天ざるウドンにして食べてみました。



コシアブラは家族で食べるには十分な量です。

b0208961_13554226.jpg

注)あるからと言って必要以上に採らないのが、毎年楽しむコツでしょうか。





コシアブラは木の枝の先になる山菜ですが皆さんはご存知ですか?
b0208961_1356817.jpg

注)少しだけエグミがある山菜ですが、味はタラの芽より上と言う人も多いです。





衣はもちろん水で溶くだけで済んで、カラッと揚がる天ぷら粉(爆)
b0208961_1357568.jpg





揚げ物は油の弾ける音が調理の醍醐味ではないでしょうか。
b0208961_13573433.jpg





お蕎麦屋さんの天ぷらって美味いよね~ 
b0208961_1405862.jpg

渓パパ庵でも美味い天ぷらを揚げることができたらいいな~





コシアブラの天ぷらには大根おろしと七味唐辛子を添えてみました。
b0208961_1413886.jpg





冷たい華ウドンにコシアブラの天ぷらを添えて、コシアブラの天ざるウドンの完成です♪
b0208961_13575520.jpg

注)天ぷらを揚げてから、ウドンを茹でるので天ぷらが冷めてしまうな~(>_<)




春の山菜は長い冬を乗り切ったご褒美のような気がします。
b0208961_13581946.jpg







息子Kには大盛にしてあげたら、「少し苦いな~」 と言いながらも完食でした。
b0208961_1358376.jpg

息子Kよ、 この微妙なエグミがコシアブラの美味さなんだよ。


あっ! いつもの麺リフト写真を撮り忘れてしまいました。

今年の冬は積雪が多かったので、桜の開花も遅れると思ったのですが、例年より早く咲きました。


・・・と言うことは、山菜シーズンも遅れると思っていたのですが、これが案外早いかもしれません。




それなら一昨年見つけたコシアブラ木を目指して、あのお山に行ってきましょう。
b0208961_1313731.jpg

このブログを以前からご覧になっている方なら、このお山がどこかわかりますね(笑)





予想通り、コシアブラがちょうどいい感じに伸びています。
b0208961_1322141.jpg

・・・でも、枝が高く延びたコシアブラは手が届かないので採れません(>_<)





そんな時には、渓パパのリュックから小型のノコギリを取り出して、
b0208961_1331766.jpg





テキトーな木をカギ型にカットして「ㇾ」の字の長い棒を作ります。
b0208961_1341260.jpg





もうお分かりですね!  カギの部分をコシアブラの枝に引っ掛けて曲げるんです。
b0208961_1343722.jpg





はいっ! ご覧の通り、高くて手が届かないところのコシアブラも見事にキャッチ♪
b0208961_135658.jpg





帰ったら天ぷらにして天ざるウドンにしましょう。
b0208961_1352485.jpg



あっ! 使用目的は違うけれど、過去にも 「レ」の字の棒の話 を書いたな~

道端で摘んできた浅葱を刻んで、直ぐに使えるようにしておきます。

b0208961_11491517.jpg





冷やかけ無割蕎麦に使ったけれど余った。
b0208961_11534846.jpg





・・・で、余った分は蓋付きの容器に入れて冷蔵庫で保存しておきました。
b0208961_11493263.jpg





翌朝、刻んだ浅葱をいつもの味噌汁に一摘み放してみました。
b0208961_1149592.jpg

香りと彩がよくなり一味アップ♪


あっ! 道端の浅葱を掘ってきて、渓パパ農園の隅にでも植えてみようかな~
川掃除の折に道端で見つけた浅葱を無割蕎麦の薬味にしてみました。

b0208961_1611785.jpg

注)山菜やキノコもそうだけど、見分けに自信のない方は摘まない方がいいですね。





たくさん生えていても、必要な分しか摘まないことが毎年楽しむコツでしょうか。
b0208961_16144244.jpg





薬味に使う程度なら、これだけ摘めば充分充分。
b0208961_16151169.jpg





水洗いした浅葱を刻みます。
b0208961_1617724.jpg





沢山刻んでストックしておき、熱い味噌汁にパッツと放してもKO
b0208961_16172974.jpg

注)春のこの時期の浅葱は柔らか~い





それでは、無割蕎麦を打ちましょう。
b0208961_16251771.jpg

注)無割蕎麦については、ブログ小麦の味わいをひらいて 華うどんを世界につたえようをご覧ください。





冷やかけにするので、甘汁は氷を入れて冷やしておきます。
b0208961_16162123.jpg





くっ付かないようにパラパラと入れ、無割蕎麦の茹で時間は一分と短時間で済みます。
b0208961_16163970.jpg





冷水できっちり締めた無割蕎麦に冷たい甘汁を注いで、薬味の浅葱を添えます。
b0208961_16174499.jpg





胡麻油をちょっと垂らすと美味いんだよね~♪♪♪
b0208961_161832.jpg

蕎麦の時には胡麻油を垂らしたりしないけれど、ウドンや素麺の冷やかけには胡麻油を垂らすのが好き。





無割蕎麦の冷やかけ道端の浅葱の薬味添えの完成♪
b0208961_1619497.jpg

無割蕎麦は温かくして食べるより、冷たくして食べる方が断然美味しい♪




浅葱は長葱のツンとした辛さが少ないんですよ。
b0208961_16191919.jpg

道端に生えている浅葱も立派な薬味になるんですね~


ところで、浅葱(あさつき)と分葱(わけぎ)と野蒜(のびる)の違いってわかりますか?
二年ぶりに 「川とまちをきれいにする運道」 に参加しました。

b0208961_13151068.jpg

注)去年は入院していて参加できませんでした。





自治会員が出て川や水路のゴミを拾い集めます。
b0208961_13152790.jpg

注)雪が消えてから、雑草が伸びてゴミが見えなくなる間のこの時期に行います。





渓パパが子供の頃には、川に自転車や自動車のタイヤなど捨てられていたけど、最近は見当たりませんね。
b0208961_13154739.jpg





ついでに自治会館の掃除もしました。
b0208961_131676.jpg





あっ! ゴミ集積場の看板の下の道端には浅葱が生えていたので、
b0208961_13162628.jpg




手打ちウドンの薬味にするために少しだけ頂いてきました。
b0208961_13164998.jpg


道端に生えている浅葱は農薬が使われていないけど、犬のおしっこがかかっているかも(爆)

あなたは漢字で書けますか?



問1、 そば
b0208961_1333523.jpg





問2、 うどん
b0208961_13332426.jpg





問3、 らーめん
b0208961_13334640.jpg





答え


そば:蕎麦、  うどん:饂飩、  らーめん:拉麺
b0208961_13335649.png


書けたかな~



ちなみに、蕎麦と饂飩は渓パパの手打ちですが、中華麺だけはスーパーで買ってきたもの。

今度、中華麺を打ってみようかな~
一年前の今日4月23日、特発性大腿骨頭壊死のため大腿骨頭置換術を受け、それから一年が経過しました。

b0208961_10495525.jpg





今では小走りもできるし、反副横跳びもできるし、ケンケンもできるようになりました。
b0208961_10503950.jpg

ん~でも、時々腰が痛くなったり、膝が痛くなったり、足の裏に冷たい感じがあったり・・・。





ま~ それでも去年出来なかった渓パパ農園も再開するつもりだし、
b0208961_1056694.jpg





もちろん、雪解け水が治まったらガンガン釣りにも行くつもりです。
b0208961_10562057.jpg



蕎麦打ちもそうだけど、何かに夢中になっているときだけは、脚の事を考えずにいられますから。

スーパーでいつでも手に入る大手製粉メーカーの中力粉で華うどんを打ちます。

b0208961_16211750.jpg





華うどんは多加水の生地なので、延しの作業にあまり力を必要としません♪
b0208961_11442859.jpg





茹で上がりのタイミングを見極めるのは難しい!
b0208961_16213871.jpg

注)渓パパは茹で過ぎを恐れて、茹で不足のことが多いように思います。





醤油ベースの麺汁と胡麻ダレの両方を準備しました。
b0208961_16221948.jpg





胡麻ダレは蕎麦よりはウドンの方が合うと思います。
b0208961_16235899.jpg





先に鰹出汁の効いた醤油味の蕎麦汁で食べてから、途中で胡麻ダレに変えて二度楽しむのもあり。
b0208961_17253976.jpg


あっ! 自分好みの胡麻ダレや胡桃ダレを手作りするのも楽しいかもしれません。
しゃぶしゃぶを食べるときにはポン酢醤油派? それとも胡麻ダレ派?

ちなみに渓パパはポン酢醤油派です。


そんな渓パパがもり蕎麦を大手メーカーの胡麻ダレで食べてみました。
b0208961_11195726.jpg





先ずは、いつもの食えない蕎麦を打って、絡まないように笊に盛りましょう。
b0208961_11201493.jpg

注)蕎麦をちょぼに摘まみ、5回ぐらいで一枚の笊に盛ります(鷲掴みで盛らないんですよ)





蕎麦を均して準備Ok
b0208961_11203268.jpg





ん~ 濃厚な胡麻ダレに蕎麦が巻けてしまい、蕎麦の香が殆どしません。
b0208961_11205980.jpg





胡麻ダレは蕎麦よりもウドンの方が相性がいいのかもしれません。
b0208961_11211610.jpg


今度、華ウドンを打って胡麻ダレで食べてみます。



前回、月見蕎麦に挑戦したら、闇夜に見立てた海苔の中央から卵が流れてしまい失敗(>_<)

b0208961_9371122.jpg

・・・で、再挑戦してみました。





前回の反省を踏まえて、蕎麦を丼に盛ったら中央部分を凹ませてみました(蕎麦粉を切らしたので干し蕎麦です)
b0208961_9284127.jpg






中央を凹ませて、その上に海苔を敷けば卵の黄身が中央に来るはず。
b0208961_929234.jpg





凹みを作っておいて卵を落とせば黄身が中央にくるけれど、凹みが深すぎると海苔の端が反り返ってしまいます。
b0208961_9292443.jpg

注)凹みはあまり深くしないのがコツのようです。





生卵に熱い汁を注げば、白身が白くなって雲のようになるはず。
b0208961_9303653.jpg





ん~ 黄身の上に汁を注ぐと、白くなった白身に黄身が隠れて月に見えないな~
b0208961_9321548.jpg





真ん丸お月様にするには、白身の外側の部分だけに汁をかけた方がいいみたい。
b0208961_932343.jpg


たかが月見蕎麦と、侮るなかれ!
←menuへ