<   2014年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧


今年2014年は特発性大腿骨頭壊死症を患い、人工骨頭置換術を受け、今までの人生で最悪の年でした。



・・・で、来年2015年は運が付くように 「う」 と 「ん」 が付く、長~い 「う」 「ど」 「ん」 を打ってみます。

b0208961_1146726.jpg

果たしてどこまで長くなるのやら。





小麦粉100グラムに対し水53グラムの多加水の生地を作り、掌で地延し均等な厚さにします。
b0208961_11463120.jpg





キッチンバサミで渦巻状にカットしてゆきます。
b0208961_1146517.jpg





カットした面がくっ付かないように打ち粉を塗したら、両手の掌で綯って(なって)ゆきます。
b0208961_1147767.jpg

注)日本一高い干しウドンとして知られる稲庭うどんは 「手綯え」 と言って手で延ばすんです(高いわけだ)





一度に目標の太さにするのは難しいので、3回綯って徐々に細くしてみました。
b0208961_11474026.jpg

注)高く持ち上げると自重で切れる可能性があるので低い位置で行います。





このまま鍋に入れると絡むかもしれないので、渦巻状にしてから投入しました。
b0208961_11484370.jpg

注)鍋底にくっつくと切れるので軽く動かしてあげます。




慎重に湯切りして冷水で〆たなら、端っこを探して絡みを解いてゆきます。
b0208961_1149117.jpg





絡まずに一本食いできるように渦巻状に盛ってみました。
b0208961_11492260.jpg

こんなに手間がかかるウドンは初めてです(汗)





白いお皿に白いウドンと薬味は白葱と白胡麻で白一色にしてみました。
b0208961_11494120.jpg





渓パパ特製の手綯え一本ウドンの完成♪
b0208961_11495754.jpg

・・・では、頂きましょう♪





お皿の中央にある端っこから摘まみます。
b0208961_11503510.jpg





このブログをご覧の皆様のご運が長く長く続きますようにお祈りいたします。
b0208961_11505359.jpg


良い年をお迎えください。

                                              渓パパ
ジジ(義父T)が捨てると言った小さなジャガイモを妻Mが貰ってきた。



素揚げにして、
b0208961_1015433.jpg





バターの角切りとお塩を少々。
b0208961_1021461.jpg

注)娘Sのお菓子作りのために買ってきた無塩バターなのでお塩を少々





バターがじゅわ~っと溶けて、皮はモッチリで、中身はホクホクして美味い!
b0208961_1025511.jpg





ビールがすすみます(あっ! すすまない日は無いか)
b0208961_1032210.jpg





スーパーでは売っていないサイズの小さな小さなジャガイモです。
b0208961_1034188.jpg

ん~でも、これはこのサイズだから美味しいのだと思います。



え~ ほいど食い(急いでたくさん食べること)したら、口の中を焼いてしまった。


これからご馳走が続く年末年始なのに・・・・。

昨夜、渓パパの家ではキリタンポ鍋を食べました。


・・・で、翌日のお昼、キリタンポ鍋の残った汁が冷めて、比内地鶏の脂が固まっています。
b0208961_12173844.jpg

そこで、もろやま華うどん を打って、この汁を温めなおして食べることにしました。





もろやま華うどんは踏んだり寝かせたりしないので、思いついた時にすぐに打って食べられるんです。
b0208961_12204655.jpg

道具を揃えて粉と水の計量をすませたなら、5分もかからずにウドンになります。





小鍋で残ったキリタンポの汁を温めなおします。
b0208961_1221181.jpg

葱は半透明、芹はシャキシャキ感を残すために最後に入れるのがポイント。





茹で上がったウドンは一度冷水で〆てから、
b0208961_12214084.jpg





再びお湯に浸けて温めます。
b0208961_12221917.jpg





きっちり湯切したウドンを器に盛ったら、熱々のキリタンポの汁を注げば完成♪
b0208961_12224646.jpg





鶏ガラ出汁の醤油味の汁で華うどんを頂きます。
b0208961_12231328.jpg

ササガキ牛蒡や舞茸が汁に深みをだしています。





タンポもいいけどウドンもね。
b0208961_12235294.jpg





追伸:

今年も、渓パパの命の麺棒は餅を延ばすのに、母Mが使っていました。
b0208961_12574161.jpg


麺棒に張り付いた餅のコビを取るのは大変なんだからね~

大晦日を数日後に控えて、手打ち蕎麦に初挑戦してみたあなた。 



最初から細くて長い手繰れる蕎麦になりましたか?
b0208961_8473617.jpg





ま~ ほとんどの方は世界地図になってしまったり、
b0208961_8383323.jpg





どうにか麺線に切れても、ウドンのように太すぎたり、素麺のように細すぎたり、(細すぎることはあまりないけど)
b0208961_848565.jpg





あるいは、茹でるまでは繋がっていたのに、茹でたら短くボロボロに切れてしまったのではないでしょうか。
b0208961_8385917.jpg

注)今から練習を重ねても大晦日までに手繰れる蕎麦を打てるようになるのは難しい(と思う)





・・・で、 細くて長い蕎麦は一旦諦めて、「蕎麦はっと」 にしてみるのはいかがでしょうか?
b0208961_8392835.jpg

注)蕎麦はっとは、蕎麦かっけとも呼ばれ、南部地方の郷土料理です。





生地を畳んで切って、こんな風になってしまっても、茹でる前なら水を少し加えて練りなおし、
b0208961_914813.jpg





もう一度、延ばして三角形や菱形に切りって茹でれば、「蕎麦はっと」 の出来上がり♪
b0208961_840486.jpg

これなら蕎麦打ち初心者でも失敗なく蕎麦の甘みと香を楽しめますよ。


あっ! 年越し蕎麦は細く長くないと縁起が良くないか(笑)


どうしても長くて細いものを手繰りたいのなら、簡単に繋がる年越しウドン と言う策もありますが・・・。
予約していた、秋田の釣りカレンダー2015年版が届きました。

b0208961_1041085.jpg

来シーズンの釣行計画を立てるのにいいですね~





え~ 実は表紙の矢口高雄先生の三平君の絵が気に入って買っちゃいました!!
b0208961_1045942.jpg

注)矢口先生は秋田県の横手市(旧増田町)の出身の漫画家。





先生の代表作である「釣りキチ三平」に「渓流の魔術師ヤマセミの巻き」という作品が収録されています。
b0208961_10125850.jpg

ま~ 釣法はテンカラだったと記憶しているんですが、今の若い人にうけるように、釣法がフライフィッシングになっていました。




え~ 渓パパは矢口先生のファンです。
b0208961_1054683.jpg

渓パパが高校を卒業して横浜市で暮らしていたころに、横浜駅の相鉄ジョイナスでのサイン会で頂いたサイン色紙。



少年マガジンで釣りキチ三平が連載されていた当時、


秋田県の少年たち、いや、全国の少年たちは天才釣りキチ少年である三平君の活躍に胸を躍らせてものです。
ウドンは太めのストレートな麺が一般的ですよね。

b0208961_16361843.jpg





ツルツルとした喉越しやモッチリ感が楽しめます。
b0208961_16364122.jpg



え~ 今日は敢えて、蕎麦位の太さで縮れたウドンを打ってみます。



先ずは小麦粉10割の無割蕎麦を打ちます。


生地ができたら、魔法の延し板(またの名をズル板と言います)で均等な厚さに延ばします。
b0208961_16372564.jpg

注)無割蕎麦とは、捏ねない、踏まない、寝かせない、塩も使わないウドンを蕎麦の太さに仕上げたもの。





打ち粉をして半分に畳んだら、
b0208961_1638944.jpg





切り板と生地の上に打ち粉をして庖丁で切ります。
b0208961_1638259.jpg





ちなみに、この状態で手揉みしないで茹でるとこんな感じになります。
b0208961_1350321.jpg




切り終わったら、麺線同士がくっ付かないように打ち粉を塗して手で揉みます。
b0208961_16385513.jpg





掌で少しだけ圧力を加えてみました。
b0208961_16391019.jpg

・・・では、茹でてみましょう。





無割蕎麦は多加水で細打ちのウドンなので茹で時間が短く、その分小麦粉の香が残りやすいようです。
b0208961_16394499.jpg

注)普通の足で踏んで寝かせたウドンは10分以上茹でるんです。





冷たい水で洗って〆て水を切り、笊に盛り付ければ完成♪  縮れ具合がいいですね~♪
b0208961_16401184.jpg





縮れた細打ちのウドン !  
b0208961_16411925.jpg

こんな食感のウドンは今まで見たことも食べたこともありません。


しいて言えば、昔の日清どん兵衛の縮れた平打ちのウドンの手打ちバージョン(伝わりますか)



色んな意味で驚きの食感です!!
爆弾低気圧の影響で重い雪が降り、お隣さんの八重の枝垂桜の太い枝が折れていました。

b0208961_10334969.jpg





毎年、春の花の時期を楽しみにしている木です。
b0208961_8242644.jpg





秋田県はすっかり白い世界です。
b0208961_1034440.jpg





この時期に京都府で開催される、全国高校駅伝を観ていると、同じ日本とは思えません。
b0208961_103432100.jpg


ガンバレ! 秋田県女子代表 県立花輪高校!!



追伸: 

妻Mが台所で年末の大掃除してくれているので、休日ですが今日は渓パパ庵は休業です。

渓パパが初めて手打ちウドンを打った時に、麺線を揃えずに丸めて置いたら、

b0208961_14524537.jpg





茹でると縮れたウドンになってしまいました。
b0208961_1453943.jpg





それ以来、切ったウドンは一人前に分けて、
b0208961_14534227.jpg





なるべく縮れないようにしています。
b0208961_1454263.jpg

注)軽く捻りを入れるのは、麺線同士がくっ付かないようにするため。





・・・で、今度、敢えて毛呂山町の無割蕎麦を縮らせてみようと思います。
b0208961_14542357.jpg





ちなみに無割蕎麦の考案者である新井康之氏の動画です。



こうして細打ちにしたウドンを手で揉んで敢えて縮らせてみるんです。


細打ちの縮れたウドンはどんな食感になるのかな~   週末が楽しみだ♪

つけとろ蕎麦をお腹いっぱいになるまで食べました。

b0208961_1613167.jpg

・・・で、蕎麦も少し残ったし、とろろも少しだけ残った。




お腹いっぱいなのに、蕎麦を茹でてすり鉢に残ったとろろに絡めて食べた。
b0208961_1614912.jpg

こうして摂取カロリーオーバーになるんだよね~




お腹いっぱいなのに、見ると食べたくなることを鹿角弁で 「めほいど」 と言います。
b0208961_1621056.jpg



人間は胃袋ではなく脳味噌で食べるんだよね~
今年の新蕎麦粉が出始めたので、残ってしまった去年産の蕎麦粉(製粉したのは先月です)



新蕎麦なら盛りに限るんだけど、去年の蕎麦粉になってしまったので種物にしてみました。
b0208961_1655635.jpg

注)新米が獲れると去年の米は古米と言うけれど、去年の蕎麦は古蕎麦と呼ぶのかな?





今が旬の長芋ととんぶりでつけとろ蕎麦にしてみます。
b0208961_1662348.jpg

注)とんぶりとは箒草の実のことで、お隣の大館市の比内町の特産品





渓パパの脛毛、じゃなくて長芋のヒゲ根はガスの炎で焼き切ります。
b0208961_1665113.jpg





渓パパは皮が気にならないので剥かずにすり鉢ででスリスリ(皮と実の境目に栄養が多いのだとか)
b0208961_1671420.jpg

さらに卵白(全卵でも)を加えて擂粉木でスリスリすると、メレンゲのように気泡を抱いてフワフワになります。




続いて畑のキャビアとんぶりを投入。
b0208961_168427.jpg

キャビアはチョウザメの卵の塩漬けのことですが、渓パパはガッツリ食べたことがありません。





とんぶりには味がなく、プチプチの食感を楽しむ食材。
b0208961_1610927.jpg

注)おろし金で擦ってもいいけど、すり鉢でスリスリすると滑らかさがアップします。





とろろに蕎麦汁を入れて小鉢に注ぎ、冷たい蕎麦を盛ったら、キャビア(畑の)入り 「つけとろ蕎麦」 の完成♪
b0208961_16244298.jpg

注)いつもは4枚畳みにしているんですが、試に6枚畳みにして切ってみました。





とろろをつけてズルズルッと手繰ります。
b0208961_1695126.jpg

注)正直に言って、とろろ蕎麦にすれば去年の蕎麦粉も新蕎麦粉も分かりません。





あっ! 上品ぶらずに蕎麦をとろろに思いっきりからめてから、
b0208961_1693126.jpg





一気にバキュームした方が美味い♪♪
b0208961_16271434.jpg



長芋のとろろに大根おろしを加えても美味いんだよね~
←menuへ