<   2014年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧


妻Mの実家からトマトを頂いたので、冷たいトマト蕎麦にしてみました。



木になったまま完熟したトマトの赤は、きっと太陽の赤に違いない!!

b0208961_130536.jpg

義母Kさん、いつも美味しい野菜をありがとうございます<(_ _)>





え~ 湯剥きしたトマトをざく切りにして、手で潰します。
b0208961_133667.jpg

種を取ったり裏漉しすると上品になりそうだけど、その分トマト感は薄れてしまうかな~





蕎麦汁を沸かして、潰したトマトと渓パパ農園に勝手に生える紫蘇の葉を刻んで投入。
b0208961_1321734.jpg




ここで胡麻油を入れてくつくつ煮ます(好みならオリーブオイルでもいいかも)
b0208961_133821.jpg





粗熱を取ったら、ラップをして器と一緒に冷蔵庫に入れて冷やしておきましょう。
b0208961_1341313.jpg

汁を冷やしているうちに蕎麦を打ちます(冷凍うどん、干し蕎麦、素麺なんでもOK)





トッピングのトマトや薬味の葱を切ったら、食えない手打ち蕎麦を茹でましょう。
b0208961_139631.jpg

注)粉を測る時に割り粉の小麦粉を忘れてしまい、二八蕎麦を打つつもりが急遽十割蕎麦になりました。





青葱でカットしたトマトのヘタの部分を表現しようと思ったのですが、
b0208961_20484592.jpg





トマト味の汁をかけたら煮たトマトで隠れてしまいました。
b0208961_13105150.jpg





酸っぱいだけじゃなくて、旨味のある汁が蕎麦に絡んでいいですね~
b0208961_13101744.jpg





渓パパ用の二皿目は、トマトに敬意を表して洋皿に盛ってみました。
b0208961_1311208.jpg

胡麻油をオリーブオイルに変え、蕎麦汁を塩胡椒に変え、葱をバジルに変えてイタリアンな蕎麦も美味しいかも。

素直にパスタを食えよ!!



バジルの葉を散らしてフォークで食べたくなりますね(笑)
b0208961_13115531.jpg



夏の短い秋田ですが、今年の夏は雨が多かったので更に短く感じました。


トマトの旬も残りわずかですね。
4月に特発性大腿骨頭壊死症により人工骨頭置換術を受けたので、

b0208961_1058381.jpg

今シーズンは釣りに行かないと決めました。





ん~でも、釣りに行きたい気持ちが抑えきれず、慰めに家の中でファッションショー
b0208961_10583777.jpg

・・・で、どうしても川に釣りに行きたくなってしまい、明日晴れたら釣りに行く事に決めました!!



渓パパの脚を一番心配してくれている母Mへ、



バカな息子をもったと諦めてください。



あっ! 息子がバカなのはあなたのせいではありません、
b0208961_10591273.jpg



こいつらが渓パパを狂わせるんです。





追記:

さっきまで晴れていたのに、本文をアップした一時間後、
b0208961_17155041.jpg


ん~ 神様は渓パパに 「今シーズンは釣りに行くな」 と言っているようです。

渓パパ農園の最後のミニトマトをオリーブオイル煮にしてみました。



8月は雨が多く日照りが少なかったためか、トマトは不作で早い時期に終わってしまいました。

b0208961_8225222.jpg

注)今年の農園は母M任せ。




トマトのヘタを取って洗ったら、鍋に入れ水を少々加えます。
b0208961_821416.jpg

注)トマト自体から水分が出るので少しの水でOK





オリーブオイルと渓パパ農園のバジルの葉っぱを投入(好みでニンニクやベーコンなど入れてもOK)
b0208961_8223716.jpg

トマトとバジルは最高の組み合わせで、トマトを美味しく食べるためにバジルを植えているようなもの。





トマトが煮えたら塩と胡椒で味を調えて完成♪
b0208961_8233341.jpg

トマトを煮ると旨味が凝縮されるんですね~





お好みで粉チーズを振っても良し。
b0208961_824657.jpg

生では数個しか食べられないトマトでも、煮ればたくさん食べられます。





小学校の給食で食べたスパゲッティーミートソースが、渓パパが初めて食べたトマト味の食べ物。
b0208961_8251754.jpg

それまで、味噌と醤油味しか知らなかったのでトマト味は衝撃的でした!!



今度、オリーブオイルを胡麻油に、塩胡椒を蕎麦汁変えて冷たいトマトうどんを作ってみよう。

この、地面に近いところにある薄黄色の物体は何か分かりますか?

b0208961_9374724.jpg





はいっ!  正解は茗荷の花でした。 スーパーで茗荷を買う人は花を見る機会はないでしょう。
b0208961_9383074.jpg





渓パパ農園を始める前まで、一般的な花の様に茎の先端に花をつけるのかと思っていました。
b0208961_2022691.jpg



え~ 茗荷の花は季節が夏から秋に移る頃に咲くんです。


雨ばかりで日照りが少なかった今年の夏も終わりだな~

ススキの開花日、と言うのがあることをテレビのニュースで知りました(桜ならわかるけど)



今年のススキの開花は平年よりも10日も早いらしいので、キノコが出始めるのも早いのかな~
b0208961_9214078.jpg

注)地球温暖化の影響なのか、ススキの開花日は遅くなってきているそうです。





渓でも秋の花が揺れ始める頃でしょうか。
b0208961_9204632.jpg





今シーズンは釣りに行かないと決めたけれど、秋が進んだ頃にはキノコ採りには行ってみたい。
b0208961_10263425.jpg



・・・でも、キノコ採りは釣りほど歩かないけれど、立ち上ったりしゃがんだりの動作が多いんだよな~


何かのおまけに付いてきた抹茶塩。

b0208961_10201295.jpg





今日は蕎麦汁の代わりにこれで蕎麦を手繰ってみます。
b0208961_10203198.jpg





いつもの食えない手打ち蕎麦を盛りつけます。
b0208961_10202436.jpg





最近は塩で蕎麦を食わすお蕎麦屋さんもあるらしいし、期待してもいいですよね♪
b0208961_10211984.jpg





・・・で、 「美味いかって?」
b0208961_10221393.jpg



ん~ 一度は試してみる価値ありですが、二度目はないかな~(苦笑)
妻Mの実家に遊びに行った際に、でっかい 「はんじょ」 を発見しました。

b0208961_14321880.jpg

注)渓パパが住んでいる鹿角では、木彫りの鉢を 「はんじょ」 と言います。





欅の丸太を彫った一枚もので、今でも現役で使っているそうです。
b0208961_14323481.jpg





え~渓パパの木鉢は樹脂製で、蕎麦打ち入門セットの安物。
b0208961_14331735.jpg

この木鉢では一度に500gの蕎麦粉を打つのが限界。





渓パパもいつか、こんな大きな木鉢で2Kg玉とか打ってみたいな~
b0208961_14335794.jpg

・・・でも、こんなに大きい木鉢は置き場所に困るかな。



あっ! その前に、一度に2Kg打っても、誰が食うんだ(笑)

新井康之氏が考案した 「華うどん」 を釜玉ウドンにしてみました。



捏ねて寝かせたウドンの生地の肌は美しいのですが、
b0208961_12474658.jpg





華うどんの生地の肌はごつごつしたまま。  ・・・でもいいんです。 
b0208961_12473513.jpg

注)普通のウドン打ちに慣れた人は、捏ねて綺麗にしたくなると思いますが、絶対に捏ねてはいけないようです。





華うどんの荒れた肌でも、圧力をかけながら延ばしてゆくと、
b0208961_12561459.jpg





麺線になるころには綺麗になってくるんです。 不思議だな~
b0208961_12504129.jpg




え~ 今日は釜玉ウドンにしてみました♪



ウドンを茹でている時間に、出汁醤油を入れた溶き卵を作っておきます。
b0208961_13857.jpg

注)通は卵を冷蔵庫から出して常温に戻しておくのだとか。




鍋から掬ってお湯を切ったら、湯気が立っているウドンを丼にIN
b0208961_1355971.jpg





溶き卵を注いで、
b0208961_1362946.jpg





刻み海苔を散らせば、海苔と玉子でノリタマウドンの完成♪
b0208961_1364256.jpg





ん~ きしめんの様に少し平打ちになってしまいました(反省)
b0208961_13101844.jpg



加水率が高くどんどん延ばせるので、コントロールしないと延ばし過ぎるようです。

4月23日に人工骨頭置換術を受けてから4か月が経ちました。

b0208961_13314594.jpg





今シーズンは釣りに行かないと決めたので、週末は蕎麦やウドンを打ってばかり(それはそれで楽しいけれど)
b0208961_1539810.jpg





・・・でも、平地の歩行は多少の違和感がありますが痛みは感じなくなったし、階段の昇り降りも苦痛ではなくなってきました。
b0208961_13324778.jpg





車止めから長く歩くところや、堰堤を高巻きするような険しい川は無理でも、
b0208961_13325298.jpg





以前の様に凸凹の川原を軽快に釣り上がることは困難でも、
b0208961_13332194.jpg





イワナに会いに行ってみたいな~
b0208961_1342247.jpg

ん~でも、一番心配してくれる母Mには、安心させるために今シーズンは釣りに行かないと言ってあるし・・・。



母Mを安心させるには、釣りに行かない事と、釣りができることを証明するのとどちらがいいのかな~

8月のこの時期になると、渓パパが書いたある過去記事にアクセスが増えるんです。

b0208961_824318.jpg





え~ それは針金ハンガーで作ったハックルプライヤーのお話。




きっと、夏休みの工作に困った小学生やその親が 「針金ハンガー」 や 「創意工夫」 で検索して見に来るのだと思います。
b0208961_8243662.jpg

ま~ 針金ハンガーを切って、曲げて、削るだけなので数分で完成します。


ん~でも、工作や発明工夫はアイディアをひねり出すのが大事なのであって、ネットで拾ってきたものの真似ではつまらない。


渓パパが小学生のころにインターネットがあったら、きっと同じことをやっていたと思います。
←menuへ