<   2013年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2013年も今日で終わり。


え~そこで、渓パパも今シーズンを振り返ってみました。


5月27日ノースさんと
b0208961_1542377.jpg

三人目のお子さんおめでとうございます♪ 忙しくなって釣りにはなかなか行けないか?





6月17日釣神オイダ―さんと
b0208961_15431714.jpg

源流部は雨でしたが里に下りたらいい天気、渓パパの状況判断ミス。





7月16日mizuさんと
b0208961_1543319.jpg

ルアーの威力を思い知らされました。本気でルアーに転向しようかと思いました。





7月20日Nさんと
b0208961_1545956.jpg

20数年来の釣り友であるNさん。この日は絶好調で満足してもらえました。





7月22日チュウさんと
b0208961_15434852.jpg

川で偶然出会ってご一緒していただき、テンカラ釣法を見せていただきました。





7月22日Mさん
b0208961_1544043.jpg

石化け木化けのアプローチが勉強になりました。





8月17日スーさん(仮名)
b0208961_15441825.jpg

初釣行だったので渓パパがガイド。どうにか一匹釣ってくれて渓パパも一安心。





9月16日ニャンコさんと
b0208961_15443951.jpg

渓パパはキノコ採りに夢中になってしまいました(反省)


え~ ご一緒していただいた皆様や拙いブログにコメントを頂いた皆様。ありがとうございました。


2014シーズンもいい釣りができますようにお祈りいたします。


よいお年をお迎えください。

渓パパは一人前の蕎麦打ち用の切り板に段差を付けて、麺帯が動いてずれない様にしています。

b0208961_15325997.jpg





駒板を使って蕎麦を切って行くと、麺帯がどこで終わるのか見えないので、最後に段差を付けた板まで切ってしまうんです。
b0208961_15395895.jpg





・・・で、そろそろ終わりマークを付けました。
b0208961_15362069.jpg





これがあれば蕎麦切り庖丁で木を切らなくて済みますね!(^^)!
b0208961_15363730.jpg



本格的に蕎麦打ちの技術を追及するもいいけれど、こんな小さな工夫が楽しい渓パパです。
蕎麦の幅は庖丁を倒して駒板の枕の部分を送ることで決まります。

b0208961_16393542.jpg

注)赤い部分が蕎麦の幅になります。 注2)渓パパは左利き。





ん~ これが初心者は一定の角度で庖丁を倒せないので、そうなると切り終わった麺線の幅がまちまちになります。
b0208961_1627574.jpg

注)何年か前の渓パパの蕎麦です。今もあまり変わらないか~(苦笑)





・・・で、渓パパは庖丁を一定の角度で倒せる駒板を試作してみました。
b0208961_16283065.jpg





どうですか?   どうですかって聞かれても何が何だかわかりませんよね。
b0208961_16285744.jpg





え~解説しましょう。新しい駒板はこの隙間がミソ。
b0208961_16294759.jpg





庖丁を倒すと駒板が送られ、新たに加えた木が庖丁に当ることで、庖丁が倒れる角度が一定になります(たぶん)
b0208961_16315747.jpg

エアー蕎麦切りでは上手く駒板を送ることができました♪



今度、実際に蕎麦を切って実験してみます。

楽しみだな~♪



追記:

実際に蕎麦を切ってみたら、切った麺線が隙間に挟まってしまい上手く送れませんでした。

ま~失敗は発明の父  
mizuさんをゲストに迎えて、簡単蕎麦打ちの講習会を開催しました。


容器法で水回し。 
b0208961_15522597.jpg

つなぎの小麦粉が20%のいわゆる二八蕎麦にしてみました。





魔法ののし板で長く延ばした麺帯を切り板にセットします。
b0208961_15524647.jpg






ほらねっ! 初めてでも細く切れていますね。。
b0208961_1553767.jpg





茹でてもバラバラに切れませんでした。
b0208961_15545416.jpg


あっ! すみません 食べるのに夢中で茹でた蕎麦の写真を撮り忘れました。



お皿に盛った蕎麦の写真は こちらをポチッとお願いします。



mizuさん、初心者でもちゃんと手繰れる蕎麦が打てるんですが、打つ度に微妙に違う蕎麦になるんですよね~

ま~そんな難しさも蕎麦打ちの面白さと思っています。

またやりましょう♪





追伸:

渓パパの大事な麺棒は餅を延ばすために母Mが使っていました。
b0208961_1553431.jpg


もう いくつ寝ると お正月♪
毎年、中山そばの年越し蕎麦作りのニュースを見ると年末だな~と思います。

b0208961_8451023.jpg

ん~ 麺切りカッターを使っているんですね~





お隣り大館市の中山そばは 「つくねいも」 を繋ぎに使ったお蕎麦。
b0208961_8453381.jpg

毎年、年越し蕎麦は中山蕎麦と言う方も多いのではないでしょか。





え~中山そばは黒くて太い蕎麦で、これはこれで美味しいと言う人もたくさんいます。
b0208961_8455592.jpg

注)つくねいも自体は凄い粘りですが、蕎麦自体は比較的切れやすい蕎麦なんです。





渓パパは小麦粉以外をつなぎに使ったことがないので、来年はいろいろ試してみようかな~
b0208961_8462168.jpg



あっ! 渓パパは明日から怒涛の9連休♪  毎日、酒飲んで寝て暮らすのはもったいないですよね。


6年間続いたスキー場への送迎も今年からは解放されたし、

何しようかな~

蕎麦の麺帯を切り進んでゆくと最後の方は駒板が斜めになり、素人の蕎麦打ちには綺麗に切るのが更に難しい。



・・・で、切り板に畳んだ麺帯と同じ厚さの板を張り付けてサポートしてみました。
b0208961_11404989.jpg

これで駒板が最後まで水平を保てるようになるはず。





「魔法ののし板」 で長く均等な厚さに延ばしたら、
b0208961_11412445.jpg





後ろ半分に打ち粉を振り、
b0208961_11415744.jpg





手前から奥へと半分に畳みます。
b0208961_11421956.jpg





茶こしを使って、段差付の切り板に打ち粉を振ります。
b0208961_11425022.jpg





麺帯を段差に沿わせて置くことで、最後まで切っても駒板の水平を保てます。
b0208961_11431182.jpg





あっ! 段差付の切り板は駒板の水平を保つ他にも、麺帯が回転しない様にストッパーにもなっているんです。
b0208961_11434192.jpg

注)初心者が駒板を当てて蕎麦を切って行くと駒板の下で麺帯が回転するんです。





麺帯の上にも打ち粉を振って、
b0208961_1146194.jpg





段差付の切り板で駒板の水平をキープして、ガイド付きの駒板で平行移動をキープします。
b0208961_11435826.jpg





二枚重ねだと麺線が持ち上がってしまうところは、今後の課題としておきましょう。
b0208961_11441975.jpg


年越し蕎麦を今年は手打ちでとお考えのあなた。これなら長くつながった蕎麦が手繰れるかもしれません♪


あっ! もしも短くプツプツに切れた蕎麦になっても、渓パパは責任を負いかねます(笑)

年越し蕎麦を自分で打ってプツプツに切れてしまい、その難しさを実感された方も多いのではないでしょうか?



そんな蕎麦打ち初心者のために、渓パパは簡単な一人前の蕎麦の打ち方を研究中。

b0208961_11271746.jpg




普通の手打ち蕎麦ではヘソ出しと言って、木鉢のカーブを使って生地の傷を一か所に集め無くし、
b0208961_17173747.jpg





円錐型にしてヘソをつぶして真ん丸にしてから延しの作業に移ります。
b0208961_1718299.jpg





え~ 渓パパが一人前の蕎麦を打つ時には、捏ね鉢を使わずに容器法で水回しをします。
b0208961_1714042.jpg





そのあとは捏ね鉢を使わないので、流し台の天板の上で捏ねるんですよ。
b0208961_17142437.jpg





次に、水回しに使ったタッパーの底の平らな部分で転がして生地の傷を無くするんです。
b0208961_14413814.jpg

注)生地の傷は茹でた時に麺線が切れる原因のひとつ。





あとは俵型(円筒形)に整形すればOK
b0208961_1439104.jpg





延し板や麺棒に生地がくっ付かないように打ち粉を塗し、
b0208961_14394498.jpg





魔法の延し板を使って延しの作業に移ります。
b0208961_14555030.jpg





これなら蕎麦打ち初心者でも均等な厚さで、茹でた時に切れにくい麺線が作れますよ。
b0208961_1543916.jpg



この次は、この麺帯を初心者でも簡単に細く切る方法をアップ予定。


あっ! 今から言っておきますけれど、パスタマシーンで切るのではありませんよ(笑)

息子Kを練習試合会場に送り届けた帰りに、花輪の市日(いちび)を覗いてきました。

b0208961_1613724.jpg





市日(いちび)とは定期開催される市場のことで、渓パパの地元では 「まち」 ともいいます
b0208961_16133557.jpg

ちなみに小坂町の市日は1と5が付く日なので 1日,5日,11日,15日,21日,25日に開かれます。





やはり、この時期は何と言っても季節ハタハタが目立ちます。
b0208961_1614127.jpg





季節ハタハタとは産卵のために浅い藻場に接岸したハタハタを捕獲する漁。
b0208961_16143194.jpg





他にも秋に山から採って塩漬けにしたサモダシなどのキノコ類や、
b0208961_1615177.jpg





南蛮巻やシソの実漬けや味噌昆布などの漬物も並んでいます。
b0208961_16154031.jpg





あっ! こんなのも売っていました。
b0208961_1616971.jpg

注)熊の胃とは胃ではなく胆嚢(肝臓で作った胆汁を一時的に貯めて置く臓器)のこと。




鉄砲で仕留めたという天然の鴨と熊の肉!  お店のおじさんが解体前の鴨をわざわざ見せてくれました。
b0208961_16163391.jpg





ん~ 鴨南蛮蕎麦か~    熊肉を使って、熊南蛮蕎麦なんてのもいいかも(笑)
b0208961_16165929.jpg





おばちゃんが捌いているこれ何だかわかりますか?
b0208961_16172118.jpg

渓パパの地元ではカスベと言いますがエイですね。




昔は縄で縛って雪の上を引きずって一匹ごと家まで持ち帰って食べたそうです。
b0208961_16174537.jpg




乾物屋さんには干したカスベと干したタラが並んでいます。
b0208961_161884.jpg

海から遠い鹿角では鮮魚が手に入らなかったので干した魚を食べたんですね~


スーパーにゆけば鮮魚が手に入る時代ですが、食文化としてサメやエイや干しタラを食べる習慣が残っているんですね。


今は女性も仕事を持っていて、仕事帰りや週末にスーパーでまとめ買いするので、市日を利用する人は少なくなってきています。


小坂の市日も昔は賑やかだったな~
日本一辛いと言う噂の松館しぼり大根。

b0208961_10141334.jpg

おろしてから搾って、その汁をもり蕎麦やかけ蕎麦の薬味に使うのが一般的な食べ方。





食えない蕎麦を打ったら、
b0208961_1015767.jpg





え~今回はあえてしぼり大根を搾らずに薬味にしてみました。
b0208961_10161611.jpg





搾らずに大根おろしのまま使うのなら、もり蕎麦よりもぶっかけ蕎麦のスタイルがいいですね。
b0208961_101655100.jpg





薬味の力で食えない蕎麦が食える蕎麦に変身♪
b0208961_1017431.jpg





おかわり~
b0208961_10181328.jpg





二杯目は蕎麦汁を使わずに生醤油で食べてみました。
b0208961_10183278.jpg





生醤油でも素朴な味で美味いんですが、旨味の多い蕎麦汁より先に食べる方がいいようです。
b0208961_10185271.jpg

搾ってもり蕎麦の薬味にするより、おろしのまま使えば搾りカスが出ないので経済的(せこっ)


あっ! ケチやシミッタレのことを 「せこい」 と言うけれど標準語なのかな?

mizuさんから教えていただいた、しょっつる風味のぺペロンチーノを早速作ってみました。




材料はこんなもん(ちゃんと説明しろよ)
b0208961_15253750.jpg





フライパンを傾けて、オリーブオイルにニンニクと唐辛子の香を移します。
b0208961_15255873.jpg





パスタの茹で汁を少し加えキャベツを炒めます。
b0208961_15261567.jpg





キャベツがしんなりしたらパスタを投入し、ここで味の決め手しょっつるを加え絡めたら完成♪
b0208961_15264559.jpg





塩と胡椒はあえて使わずに、しょっつるで塩気とコクを出してみました。
b0208961_1527928.jpg





お好みでドライバジルや粉チーズを振って頂きます。
b0208961_15411958.jpg





ペペロンチーノにチーズと合わないけれど、同じ発酵食品の魚醤とチーズは合うみたい。
b0208961_15282138.jpg



mizuさん、 またいろんなレシピを教えてください
←menuへ