<   2013年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧


ウエーダーの裾についているフックでウエーディングシューズの紐に固定しますよね。

b0208961_9352224.jpg





購入してそのままだとフックを引っ掛けても歩いている時に外れてしまいます。
b0208961_937417.jpg





・・・で、渓パパは新しくウエーダーを購入したら、ペンチでフックの幅を調整して、
b0208961_9355327.jpg





ギュッと押し込めば引っかかるけれど、歩いている時には外れないようにしています。
b0208961_9361279.jpg



あっ! 本当はフックが無くても裾がずり上がったりはしないので無くてもかまわないんですが(笑)

渓パパ農園で収穫したズッキーニを使って浅漬けを作ってみました。

b0208961_10233653.jpg





ピラーで飾りに皮を剥き少しおしゃれに。
b0208961_9583621.jpg





5Cm幅にカットし、塩をまぶし酢に漬け10分放置プレー
b0208961_959542.jpg





緑色の水が出るまで揉み揉み揉み。
b0208961_959348.jpg





水を絞って生姜、唐辛子、パウダーの柚子胡椒、紫蘇の葉
b0208961_100795.jpg

塩昆布を加えて和えると旨味が出ます♪





味を見て薄ければ醤油を少し。
b0208961_1004629.jpg





お決まりのグラスリフト写真(笑)
b0208961_101895.jpg





キュウリのパリパリ感はなくて茄子に近いかな~
b0208961_1012460.jpg





ん~正直、渓パパはあまり美味しいと思いませんでした。
b0208961_1022483.jpg



翌日、食べ残って冷蔵庫に入れておいた浅漬けを食べたら昨日より美味しくなっていました♪
日曜日も土曜日と同じく大雨の予報だけど、朝目覚めたら陽が射していたので川に行くことにしました。



途中で水量や濁り具合などチェック  ま~上流部に行けば問題ないでしょう。
b0208961_17313294.jpg





ほらね~ 水はクリアー 水量もいい感じ♪
b0208961_17315914.jpg

注)大気が不安定で急激な増水が予想される場合は、直ぐに林道に上がれる川を選択します(ここ大事)





前日の激しい雨のためなのか未熟なブナの実がたくさん打ち落とされていました。
b0208961_17321879.jpg





試しに何個か割ってみたけど100%虫食い、ブナの実は虫たちにとっても大事な食糧なんですね。
b0208961_17323156.jpg

ブナの実を虫が食べて、その虫をイワナが食べて、そのイワナを渓パパが釣る。





ん~調子よく釣っていたら、
b0208961_17325342.jpg





予報通りですが水面が白く見えるほどの大粒の雨が急に降り出し、ブナの木の根元に避難し慌ててレインウェアを着ました
b0208961_108210.jpg






渓パパのレインウェアはリュックを背負ったまま着るとちょうどいい大きさなんです。
b0208961_17332064.jpg

注)ただし、荷物を出し入れするときには一度脱がなくてはなりません。




止みそうもないので退散することにして、家に帰ろうと山から下がったら町は青空。




・・・で、昼ご飯を自宅で食べてから午後の部



今度はヤマメ狙いで増水している葦の川に行ってみました。
b0208961_17334590.jpg





この時期の葦の川は蜘蛛の巣がうるさい。
b0208961_17354652.jpg





あれれっ ごめんなさい
b0208961_1734347.jpg





今度はしっかり口にかけて少しサイズアップ。
b0208961_17342931.jpg

ヤマメ狙いでも午前のイワナ釣りと同じ#10のいつものフライ。





更に少しサイズアップ
b0208961_17345355.jpg





この調子で今度は尺かと思ったら又雨が降り出したために退散することにしました。
b0208961_8375758.jpg



ん~雨から逃げても追いかけられた一日でした。


梅雨明けは8月になるのかな~



アサガオの定植から一か月経ち、

b0208961_8414339.jpg





次々とアサガオの花が咲きだしました。
b0208961_8445735.jpg





今はまだ低いけれど、
b0208961_8434679.jpg





どんどん伸びて花のカーテンが出来るはず。
b0208961_843069.jpg



6月は雨が降らずにカラカラだったけど、7月は適度に雨が降り水遣りをほとんどしませんでした。

土日は大雨の予報だったので息子K達の部活の送迎を買って出ました。



朝5時半に出発、2時間半かけて秋田市まで。




・・・で、男バスの練習試合開始までの時間を使ってD.LOOPさんでお買い物。
b0208961_16532487.jpg





お店は秋大附属病院の正面の通りにあります。
b0208961_16592491.jpg





昔はプロショップに入ると何でも試して見たくて散財したものですが、今は本当に必要なものしか買わなくなりました。
b0208961_1654542.jpg

いくら使ったかは書けませんけど(笑)





某中学校体育館に戻り応援(1年生の出番はありません)
b0208961_1655150.jpg

試合開始のことを野球はプレーボール、サッカーはキックオフと言うけど、バスケはトスアップ(初めて知りました)




帰り道、秋田道を走っているうちは晴れていたのに二ツ井のトンネルを抜けたら大雨。


天気予報は大当たり。


雨の日は子供達や家の用事を引き受けておけば、晴れた日には大手を振って釣りに出かけられるってもんです。
町の最大のイベントである小坂七夕祭まであと一週間余り。

b0208961_823791.jpg




子供たちは夏休みに入り、夜になると遠くからお囃子の練習の音が聞こえてくる。










出汁の山車の製作は山場を迎えるころ


早く梅雨が明けて暑い夏がくればいいな~

昨日、息子KがDOWA社の主催する植樹祭に参加しました。



鉱山の煙害で禿山になったところに木を植える活動です。
b0208961_8515151.jpg





今年で7回目の植樹だそうですが、以前、天皇陛下もお植えになられたようです。
b0208961_11184542.jpg





・・・で、夕方のニュースに息子Kの姿が映っていました。
b0208961_8441434.jpg

注)小さ過ぎてどこにいるのか本人しか分かりません(笑)





植樹祭のあと、bj リーグの秋田ノーザンハッピネッツの選手たちからバスケットボールの指導をしていただいたそうです。
b0208961_8473936.jpg

秋田製錬はユニフォームスポンサーの一社(パンツ右側にDOWAと書かれています)





選手の手書きサイン入り下敷きとマスコットキャラクターのビッキー(ビッキは秋田弁でカエルのこと)をもらってきました。
b0208961_8451633.jpg





え~複数の種類の木を混ぜて植えると競って大きくなろうとするのだそうです。
b0208961_8453820.jpg

秋田と言えば秋田杉が有名ですが、人工の杉林は虫が少ないためを鳥も棲まず川にはイワナが棲まないと言いう。






ブナを代表とするミズナラ等の落葉広葉樹林は虫が多く、その虫目当ての鳥が棲みつき川にはイワナが棲むと言う。
b0208961_8444956.jpg

川を塞ぐように倒れたナラノキは三度冬を越すとキノコが生えてきて、やがて朽ち果て土に還ります。




一度破壊した環境を元に戻すには多くのお金と遥かに長い年月がかかるなんだ~

Nさんとご一緒した日の帰り道。

b0208961_14455764.jpg





秋田県営砂子沢ダムを見たことがないと言うので案内しました。
b0208961_16271725.jpg





管理棟と東屋
b0208961_1628754.jpg





崩れた痕があり、大雨の影響なのか水は濁っていました。
b0208961_16274113.jpg





え~渓パパはダムが完成する前にアカシヤ祭の企画で見学に行ってきました。
b0208961_16301019.jpg





貯水する前に撮ったダムの底です。
b0208961_16302521.jpg



今はもう見られないので貴重な写真ですよ。

昨日は土用の丑の日でしたね。 みなさんは鰻食べましたか?




鰻や鮎も美味しいけれど、渓パパが食べた事がある淡水魚の中でヒメマスは美味い魚だと思います。

b0208961_841104.jpg

注)あくまでも渓パパの個人的な見解ですので・・・。




・・・で、ふと考えた。




仮にイワナが物凄く美味い魚だとしたら、釣ったイワナをリリースするだろうか?
b0208961_8431879.jpg


昨日、ジムニーで沈下橋を渡っていたら川に見覚えのるテンカラ師のTさん(真鯛バカさんもご存知のお方)




テンカラ釣法を見せていただき勉強しようとご一緒させて頂きました。
b0208961_8331310.jpg





なるほど、テンカラとはいってもフロータント処理したパラシュートフライを使って水面で出るのを見て掛ける釣り方ですね。
b0208961_8445928.jpg





川から上がって車止めまで歩いていたら、Tさんのお知り合いのMさんと言う方が川にやってきました。




・・・で、Tさんは帰られると言うので、渓パパは初対面のMさんとご一緒させて頂くことにしました。





Mさんの後ろをストーカーの様についてゆきどんな釣りか見させていただきました。
b0208961_8333974.jpg





Mさんは石化け木化けでポイントににじり寄り、渓パパより長いロッドと渓パパより短いリーダーティペットを駆使して、
b0208961_8342948.jpg

ロッドを高く掲げてフライラインは殆ど水面に付けない釣り方で釣り上げてゆきます。





あっ! 渓パパ式リリーサーの使い方を教えてあげたら関心を示してくれました。
b0208961_8455626.jpg





・・・で、お近づきの印に渓パパ式リリーサーを差し上げました。
b0208961_8345086.jpg

注)ピンオンリールはご自分でご用意くださいませ。



Mさん機会がありましたらまたご一緒してください。
←menuへ