<   2013年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

卵とじ蕎麦に再挑戦!

b0208961_14153046.jpg

前回の挑戦の模様はこちら





レシピには卵が固まらないうちに半熟で火からおろせと書いていた。
b0208961_14154680.jpg

レシピ通りの、いい感じの半熟状態♪





・・・で、丼に移したら固まっていない卵で汁が濁ってしまい失敗。
b0208961_1416287.jpg

レシピ通りにやっているつもりなんだけど、何かが違うんだよな~



ネットで濁らない方法を調べたら、蕎麦汁に水溶き片栗粉でとろみを付けてやると汁が濁らないと書いていた。


・・・でも、それって 「玉子とじ」 じゃなくて 「かき玉」 じゃないのかな~



ま~とりあえず今度やってみよう。


プロの蕎麦打ち職人は蕎麦生地を表面から見れば、色の濃淡で厚いところと薄いところわかるんだそうです(凄い技だな~)

b0208961_16544720.jpg

ゴム風船も大きくなるにしたがって厚みがなくなり色が薄くなりますからね。




残念ながら、渓パパがよ~く観ても、どこも同じ色にしか見えません。




ま~ 四つ出しが済んだぐらいなら、横から見て影の厚さで判断できます。
b0208961_17182823.jpg

この程度の違いならば渓パパにもわかるけど、微妙な厚さの違いは視診してもわからないんですよ。




・・・で、どうするかというと、


蕎麦生地を折り返して、のし板との隙間に指先を入れ動かして触ってみるんだそうです。
b0208961_1656969.jpg

注)いやらしい意味はないですよ。



重さ、なめらかさ、柔らかさ、などを指先で感じ取り厚さを見極めるのだそうです。


触診すればいいんだ!


フライロッドを置くときは、地べたに置いて踏みつけたりしないように必ず立て掛けて置きますよね。

b0208961_18535.jpg






蕎麦切り庖丁を置くときに柄を持ちやすいように左に柄を向け、手を切らないように刃が奥になるように置いていました。
b0208961_1853823.jpg

注)渓パパは左ぎっちょ。




・・・で、この置き方で間違いないと思っていたんですが、



庖丁を置くときには鞘などを枕にして、刃先が当たらないように置くんだそうです。
b0208961_1864574.jpg





この隙間が大事。
b0208961_187567.jpg






追伸:

今日、息子KのインフルエンザA型の罹患を確認。
b0208961_1835935.jpg


今度の土曜日は郡市スキー大会! 


今まで練習してきたのに果たして間に合うのか?

今日は 「町内除雪デー」 という自治会活動に参加しました。



自治会の会員が出て普段は除雪の手が入らない狭い路地の雪かきをします。
b0208961_16232388.jpg

息子Kをスキー場まで送ってきたので30分遅参。





自治会で除雪するときには町が無償でローダーなどの重機をオペレーターさん付きで手配してくれます。
b0208961_16234456.jpg




参加したからと言って何の報酬もないし、参加しないからと言って何の罰則もありません。

地域の人たちが助け合う共助という考え方でしょうか?




渓パパはノコギリ除雪法でゴミの集積カゴを救出しました。
b0208961_1624371.jpg

当自治会も少子高齢化が進展し、渓パパはこれでも若い方です(笑)





え~ 雪は山にだけ降ってくれればいいんですがね~
b0208961_16282757.jpg


スキー場は今日も新雪でした。


鹿角市の道の駅 「あんとらあ」 にて鹿角そばっこまつりが開催されます。

b0208961_16391182.jpg





蕎麦好きの渓パパはお店の蕎麦は一応全て食べたことがあります。
b0208961_16393079.jpg

へ~ 蕎麦打ち同好会ってあるんですね~




フライフィッシングはどこのクラブにも属していませんが、蕎麦打ち同好会って楽しそうだな~





渓パパは蕎麦打ちの道具の付録のビデオで覚えた蕎麦打ち。
b0208961_16395674.jpg

プロの蕎麦打ちは見たことがありません。



これは何としてでも行かなくてはなりません。
体重:65.5Kg
b0208961_8531295.jpg





体脂肪率:18.0%
b0208961_8533098.jpg

先週の渓パパは体重:65.3Kg   体脂肪率:18.8%





定期検診のオプションの脳ドックで、頭部のMRIや頸部の動脈のエコー(超音波)検査など受けました。




あっ! これも受けました。
b0208961_1756379.jpg



だんだん気になる年になってきましたが、気になるだけで何の努力もしてないな~

早いもので娘Sも今年3月には高校受験。


え~ この時期に滑るのは縁起が良くないので滑らない方法を考えました。



100均で買ってきた滑り止めマット。
b0208961_11351314.jpg





適当な大きさにカットして、木鉢の下に敷くと滑らないんです。
b0208961_11352922.jpg

以前は濡らして搾った布巾を敷いていたんですがマットの方が効果的ですね。





まな板の下にも敷きましたよ。



のし板の打ち粉をブラシで綺麗にしてから、
b0208961_1136589.jpg





マットを敷きます。
b0208961_1137351.jpg

粉や油の上にマットを敷いても効果がないんです。





蕎麦は少しだけ向こうに押しながら切るので、向こう側にまな板が動くんですよ。
b0208961_11374913.jpg



プロの蕎麦屋さんはしっかりと固定しているらしいのですが、素人の家庭の蕎麦打ちなら十分です。




これで娘Sも滑ることなく高校に合格すること間違いなし(かな)


妻Mの実家からこんなものを頂きました(いつもありがとうございます)

b0208961_10424010.jpg



これが何だかわかりますか?




正解は 「サメの煮こごり」 です。
b0208961_1043351.jpg

下処理したサメの皮の煮汁を型に入れて、寒いところに置いておくと固まるんだそうです。





アンモニア成分が多く独特の臭みがある反面、腐りにくいので山間部に暮らす人々の貴重なタンパク源だったそうです。
b0208961_10432452.jpg

コラーゲンたっぷり♪





辛子醤油もいいけど真鯛バカさんお勧めの柚子胡椒で頂いてみました。
b0208961_10433966.jpg

注)常温に置くと煮こごりが溶けだすので食べる分だけ冷蔵庫から出します。





冷凍保存技術が未発達だった時代には鮮魚が食べられなかったので、海から遠く離れた鹿角ではご馳走だったんだろうな~
b0208961_1044255.jpg




そんな昔の生活を想像しながら美味しくいただきました。

元日には渓パパの家の近くの稲荷神社に初詣に行ってきました。

b0208961_13185187.jpg

京都府の伏見区にある伏見稲荷大社が総本山で、赤い鳥居とキツネがシンボルです。




お稲荷さんと言えば稲荷寿司キツネ蕎麦ですよね(渓パパだけか?)



・・・で、今日はキツネ蕎麦にしてみました。


油揚げはザルをけゃっちゃにして、熱湯をかけて余分な油を抜きます。
b0208961_1184612.jpg

注)「けっちゃ」 とは秋田弁で裏返しと言う意味。





お湯を切ったら、食べやすい大きさにカットして、醤油、砂糖、みりん、ほんだしで煮ます。
b0208961_1191689.jpg





いつもの食えない蕎麦を丼に盛ったら、
b0208961_11101623.jpg





油揚げをトッピングして温かい汁をかけます(沸騰させると出汁っけが飛んじゃうので注意)
b0208961_11103852.jpg





少し甘めに味付けした油揚げがいいな~
b0208961_11105641.jpg





ところで、渓パパの手打ち蕎麦って絡まったり縮れてウェーブがかかっていますよね。
b0208961_11111752.jpg

本当はまっすぐな蕎麦にして絡まないように盛りたいんですが、原因がわからないので修正できないんですよ。





今は日清の 「どん兵衛きつねそば」 でも真っ直ぐなのに(笑)
b0208961_1315152.jpg

カップ麺を真っ直ぐにするのに、相当な研究開発がなされたんだそうです。



渓パパ庵の蕎麦も真っ直ぐになるように研究しなくては・・・。
鹿角のスキーキッズの大事な練習場所である、水晶山スキー場にいってきました。

b0208961_11374675.jpg

注)近くには楽天イーグルスの二軍練習場





え~ 水晶山スキー場のスキーハウスに展示していた懐かしいものを撮ってきました。
b0208961_1813222.jpg

止めワックスにレッドやブルーやブルーレッドなんてありましたね~






渓パパは走れないノルディック部員でしたが、校内スキー大会のミカン拾いが得意でした。
b0208961_8515548.jpg

ミカンが凍ってて食べられなかったりして。





山道を通ってラジオ塔から中小坂まで、ノルディックの板で降ってきたな~
b0208961_1815240.jpg





渓パパはゴム製で紐で締め上げるスキー靴。
b0208961_845514.jpg

革製のスキー靴は見たことないな~





ワンタッチなんて言うビンディングもありましたね~
b0208961_1822479.jpg





いつごろの写真でしょうか?
b0208961_1824185.jpg





えっ! 渓パパのスキーの腕前ですか?
b0208961_1823017.jpg


それは聞かないでください(泣)
←menuへ