<   2012年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧


子供会の夏休みの活動で 「鹿角市中滝ふるさと学舎」 に行ってきました。



先ずは挨拶をすませ、森のクラフトに挑戦。
b0208961_9412516.jpg





クラフトと言っても木端や小枝をヒートガンで接着するだけの簡単工作。
b0208961_941488.jpg

高学年になれば切ったり削ったりも出来るかな?





誰が教えた訳でもないのに女の子はお人形さんや小動物がお気に入りのようです。
b0208961_9433410.jpg

だんだん親の口が出たり、手が出たり(笑)





それに対して男の子は乗り物や武器が・・・。
b0208961_943187.jpg



ん~先天的に男の脳と女の脳は違うものを好むのか?それと生まれた後の環境によって好みは作られるのか?


ま~難しい事は大脳生理学者にお願いすることにして、渓パパも作ってみました。



何を作ろうか色々考えたけど結局これ(笑)
b0208961_943559.jpg

台座に松ぼっくりを置いて鰭になるパーツを乗せたり挟んだりしただけで接着していません。





あ~これも、
b0208961_9441090.jpg



はっはっはっ  結構楽しいな~

息子Kの作品は余りにもセンスがなさすぎるため写真を撮りませんでした。



中滝ふるさと学舎はその2に続きます。
昨年、corocoro-stoneさんとご一緒して、惨敗を喫した川にリベンジマッチを挑んできました。




メジャーな川なので一度上流まで車で行き、他の釣り人の車が停まってない事を確認して、入渓点に戻り釣り開始。

b0208961_1785629.jpg






ん~釣れない事はないんですが渓相の割には可愛いサイズばかり。
b0208961_179498.jpg






・・・で、何日か前に釣り上がった後のようなので、副流になっている部分では水量が少ない方を狙ってみたら、
b0208961_17104585.jpg






あっ、もちろんcorocoro-stoneさんもヒット。
b0208961_17122248.jpg





いいのが出ました。
b0208961_17112639.jpg




飽きない程度に釣れていたんですが、あれあれ朝には無かった白い車が・・・。

どうやら頭をはねられたようです。


注)渓パパ達より遅くきて渓パパ達が釣り上がっている先に入る事を 「頭をはねる」 といいます。




ま~しかたなく下流に大移動して再開。



ん~これが明らかに先行者のあとでさっぱり釣れませんが、いまさら移動でもないしそのまま釣り上がりました。




この日は暑くて渓パパも一枚脱ぎたいぐらいです。
b0208961_1713222.jpg





暑さにも寒さにも弱い渓パパは日陰に入ってcorocoro-stoneさんの釣りを後ろから拝見。
b0208961_17155316.jpg



渓パパも若くて自分が釣りたい盛りの頃は早く自分の番になれと思ったものですが、

今は同行者の釣り方を後ろから見ながら、渓パパならどう攻めるか比べたりして、イメージフィッシングも楽しめる年です。





えっ 誰が何の目的でこんなことを・・・。
b0208961_1718584.jpg

まさか神の仕業か?





梅雨が明けたばかりというのに、渓ではオオカメノキが早くも赤く色付き始めていました。
b0208961_17135956.jpg




頭をはねられちょっと消化不良気味でしたが、ま~一応リベンジに成功ということで。


corocoro-stoneさん楽しい一日でした、またご一緒しましょう。
体重:64.5Kg
b0208961_843947.jpg





体脂肪率:17.2%
b0208961_8431788.jpg


先週の渓パパは 体重:64.1Kg  体脂肪率:19.0%


体脂肪量に換算すると11.09-12.10=-1.01Kg





え~小6の息子Kと足の大きさを比べたら、悔しいけれど負けてしまいました。
b0208961_13271226.jpg

親子って足の形も似るものですね~





同級生の靴と比べてもかなり大きいんですよ。
b0208961_13282417.jpg





近い将来、こんな大男になったりして、
b0208961_13383522.jpg




ん~この分だとあと1・2年で背丈は越されるかもしれません。



・・・でも、体脂肪率では渓パパがまだまだ勝っているからね(自慢にならないか)
これ何だかわかりますか?

b0208961_901479.jpg





正解は妻Mが知り合いのジュンサイ沼から摘ませて頂いた 「ジュンサイの茎」 でした。
b0208961_92472.jpg

注)秋田県のジュンサイは生産量日本一を誇り秋田を代表する特産品。





一般にジュンサイは開く前の葉を食べるんですが茎も食べられるんですよ。
b0208961_91408.jpg

これは生の状態ですが湯通しすると綺麗な緑色に変わります。





シンプルにワサビ醤油、生姜醤油、ポン酢で頂くのももちろん美味しいんですが、鍋や味噌汁の具にしても美味しんですよ。
b0208961_93249.jpg

寒天質のプルプルとしたぬめりが特徴で丸いのは花芽です。





え~茎はこんな食べ方もありです。
b0208961_924088.jpg

先に言っておきますけど、渓パパの駄蕎麦じゃなくて 「ジュンサイそーめん」





ま~ジュンサイそのものに味は殆どないけどプルプルの食感を楽しむのが 「ジュンサイ」 の醍醐味。
b0208961_9302.jpg



世界自然遺産の白神山地から流れる水で潤された沼で摘んだジュンサイを頂きました。
ノースさんとご一緒した寒かった日の翌日もまた行ってきました。



フライフィッシングってバックスペースが必要なので、狭い川が苦手だと思っている方も多いと思いますが、
b0208961_13244831.jpg

渓パパは狭い川も好きなんですよ。





立ち位置を工夫してバックスペースを探し出せれば、
b0208961_168167.jpg

餌釣りで仕掛けを極端に短くした提灯釣りでも攻められない様なポイントも攻略出来る(事がある)んですよ。





立っていてはキャスト出来ないところも、
b0208961_1631635.jpg





忍者みたいに片膝をついて態勢を低くすれば、ほら奥までフライをネジ込めます。
b0208961_1634582.jpg





・・・で、「よっしゃ~」 とあわせたらポイントに似合わないようなサイズの引き・・・通りで(苦笑)
b0208961_1651616.jpg

同じスレでも口に近いところならまだいいんですが、尻尾に掛かると川の中を引きずられます。





どんどん釣り上がって、6月5日にアップした「ラスト キャスト」と同じ堰堤下で今日も終了。
b0208961_1654591.jpg





手前から順に探ってゆき、おチビさんを何匹か掛けてから、いよいよ本命場所にラストキャスト。



・・・で、出ちゃいました。同じ場所で同じサイズのイワナが・・・。
b0208961_166855.jpg





もしかして6月に釣ったイワナをまた釣ったかな~と思って、帰宅してから写真を見比べ個体識別してみました。




注)6月に釣ったイワナの写真。
b0208961_8585648.jpg





この日の最後に釣ったイワナの写真。
b0208961_1663724.jpg






殆ど同じサイズですが、この日釣ったイワナは尾鰭も裂けているし、ん~、どうやら違うイワナのようです。
b0208961_1672977.jpg




え~イワナにもホクロや手術痕があれば個体識別しやすいんですが・・・。
すでにお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、リンク先が増えました003.gif


タイトルは 「今はまだ人生を語れず・・・」です。



管理者はSHIGEZOさんとおっしゃいまして、渓パパとはプロフィール写真も似ていて、老眼釣り師である点も共通しています。


b0208961_1385263.jpg




え~SHIGEZOさんは吉田拓郎さんのファンなのでしょうか?


よろしくお付き合いください。

大きく張り出したオホーツク海高気圧の影響で秋田県には低温注意報が発令。


そんな中ノースさんとご一緒させて頂きました。


先日の大雨で川岸の草は下流側になぎ倒されていて、
b0208961_636417.jpg





大きく成長したサシドリも流れてきたものがぶつかった傷痕がくっきり。
b0208961_637101.jpg





渓パパはノースさんが釣るところを後ろでじ~っと見ているんですが(ストーカーじゃありませんよ)
b0208961_635523.jpg





それが7月と言うのに寒いのでレインジャケットを着たりしました。
b0208961_6353265.jpg

レインジャケットは体を濡らさないだけじゃなくて 「防寒着」 にもなるんです(今は何月だ)





どんどん釣り上がって行くと、7月もあと10日でおしまいというのに残雪が・・・。
b0208961_6385965.jpg

根性の塊みたい。



ん~ノースさんはだいぶ良くなってきましたが、ループの幅をいまひとつコントロールしきれていないんですよ。

・・・で、ループが広すぎてオーバーハングした枝を釣ってしまったり、逆に狭過ぎて自分で自分のロッドを釣ってしまったり。




・・・でも、開けたところではしっかり釣れるようになってきましたよ。
b0208961_6394067.jpg

ループコントロールできれば狭いポイントにも対処できるし、自分で自分のロッドを釣ってイライラする事もなくなりますよ。





ノースさんの一匹。
b0208961_641424.jpg

ノースさんがトラブルで時間がかかる時に渓パパが先行するんですが、なぜだか渓パパに大きいのが出ました。

注)決して渓パパだけいいポイントを狙い撃ちしている訳ではありませんよ。





え~尺取り虫の事をインチワームと言いますよね。言語や文化は違っても同じ発想ですね。
b0208961_6402142.jpg

フライもテンカラも釣針に鳥の羽を巻き付けて魚を釣ると言う意味では同じこと。






渓パパのヘボ写真じゃわからないけど底石が洗われ綺麗な川で気持ちいい釣りができました。
b0208961_641355.jpg



ノースさん、楽しい一日でしたまたご一緒しましょう。
体重:64.1Kg
b0208961_8344548.jpg





体脂肪率:19.0%
b0208961_83572.jpg


先週の渓パパは 体重:65.1Kg  体脂肪率:18.6%


体脂肪量に換算すると12.17-12.10=+0.07Kg




渓パパは食事や運動に気を使っているので徐々に体重が減っているんですが、

特に食事を変えた訳でもなく、運動量が増えた訳でもなく、

いつも通りに生活しているのに体重が徐々に減ってきたら最初に何を疑いますか?


そうです正解です。 それは癌のサインである場合があるんですよ。





今朝、アサガオの花が一つだけ咲きました。
b0208961_856155.jpg





ん~花が咲いたのはいいのですが、弦がいつもの年のように伸びないんですよ。
b0208961_8564128.jpg





去年、一つ目の花が咲いた時にはこんなに伸びていて、花芽もたくさんついていたのに・・・。
b0208961_14463548.jpg

注)去年の写真です。



例年通りに土作りから種蒔きまでやったんですが、これって何か病気の症状なんですかね~


あっ、もしかして、これが連作障害と言うやつか?
梅雨といえばアジサイをイメージするかたも多いと思いますが、バラの季節でもありますよね。



日本人の好きな花ランキングでは、一位が桜で二位はバラなのだそうです。

b0208961_1024074.jpg
子供の頃にお隣のおばあちゃんから大館市にある石田ローズガーデンに連れて行ってもらった記憶があります。

注)石田RGは大館市で管理していますが、もともとは元運輸大臣の故石田博英氏の私邸。





これは渓パパの庭に咲いたバラです。
b0208961_10243617.jpg

渓パパはバラに限らず、ゴージャスな大輪よりも小輪の花が好きです。





・・・で、若い枝をよ~く覗いてみると、いましたいました。
b0208961_1025424.jpg


アブラムシがバラの樹液を吸い甘露と言われる甘い排泄物を出します。



蟻はその排泄物が大好物で、その甘露を頂く代わりに、アブラムシの天敵であるテントウムシなどから守ってくれるそうです。





他にもバラの木が弱ると他の元気な植物まで連れて行ってくれたりと、お互いが利益を得ているそうです。
b0208961_10253162.jpg




このようにお互いが利益を得ている関係を 「相利共生」 といい、共生も寄生の一つの形態なのだそうです。



え~梅雨が明けて本格的な夏が来るまでに、あの変態フライ四畳半アントを巻いてみます。

活発な梅雨前線の影響で、秋田県では16日、北部を中心に激しい雨が降りました。

b0208961_1459578.jpg





今年の渓は雪代が治まったと思ったら、そのまま一気に渇水し底石もヌルついていました。
b0208961_14592460.jpg

そんなわけで、まとまった雨が欲しかったところに待望の雨です。





渇水が進み人的プレッシャーも高まっていたんですが、これでリセットされたと思います。
b0208961_150223.jpg






ゴミは流され底石は磨かれて、きっとピッカピッカの渓になっていますよ。
b0208961_1514436.jpg

今から週末が楽しみです。




九州北部では豪雨によって人命が失われたり行方不明者が出るなど人的被害が出たようです。

被災されました皆様には心からお見舞い申し上げます。
←menuへ