<   2012年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧


今年もアサガオの種を巻いて緑のカーテンを作ろうと思います。

b0208961_943347.jpg





・・・で、花壇の土を起こしていたら、
b0208961_944661.jpg

渓パパの地元ではドバミミズの事を 「たまぐらミミズ」 といいます。




え~たまぐらミミズには何の関係もないけれど、
b0208961_1003096.jpg

鎌や鍬などの金属の部分と木の柄の部分を固定する金属の輪を 「たまぐら」 と言いますよね。




え~たまぐらと言えば、釣り師にもいろいろなタイプの人がいて、大きく分けると、

渓パパのように、ある一つの釣りしかやらないタイプと、いろいろやるタイプに分類されるようです。

そして、どんな釣りでも上手な人のように、マルチなタレントを発揮できる人を渓パパの地元では 「たまぐら」 といいます。



それに対して、いろんな釣りに手を出すけれど、どれも人並み以下でものにならない人のように、

何にでも参加して手も口も出すけれど、役に立たない人を 「くされたまぐら」 といいます。


なぜ 「くされたまぐら」 かと言うと、輪が腐ると何にでもハマるけど、役に立たないので、「腐れたまぐら」 なんです。



アサガオ今年もたくさん咲くといいな~
b0208961_10474175.jpg

注)去年の写真です。
昨日はノースさんとご一緒させてもらいました。

ノースさんは今年が2シーズン目で、タイイングはついこの前始めたばかり。



自宅で自分の力だけで巻きあげたフライ。
b0208961_10471647.jpg

ん~充分釣れるフライですね~ 最初からこの位巻けたら末恐ろしいべ。




・・・で、入渓直後の最初のポイントであっさり一匹釣っちゃいました。
b0208961_10474364.jpg

自分で作ったフライで、自分でドラッグフリーを演出する、まさに自作自演ですね。




その後も渓パパがライズを見つけて指示したところにキャストして・・・。
b0208961_104882.jpg





え~寒くもないし暑くて汗をかくこともないし、気持ちいい季節になりましたね~
b0208961_10483420.jpg





若い頃には魚の事で頭がいっぱいで感じなかったけど、瀬音を聞きながら木漏れ日を浴びて食べるおにぎりは格別だよね~
b0208961_1049537.jpg





あっ渓パパは自分でおにぎりを握って川に来るんですよ。
b0208961_10492893.jpg





渓パパはおにぎりを握るのも釣の一部で、この前は塩昆布を入れたら釣れなかったので今日は鮭にしてみようとかね。
b0208961_10495671.jpg

注)あまり効果は無いようです。




後半戦、ノースさんファイト中です。
b0208961_10502046.jpg

ん~合わせてから寄せて取り込むまでラインを緩めるとフックアウトする事があるんですよ。




ん~? なぜだか左手にロッドを持ち替えちゃったみたいです。
b0208961_1444876.jpg





ロッドを地べたに置かずに腋に挟むのは良いんですが、右利きなら左の腋に挟むんですよ。
b0208961_1051263.jpg



あっ! そう言えばキャスティングは一緒に練習したけどランディングの練習まではしていませんでしたね。

次回の釣行時に活性が高くたくさん釣れるようならランディングの練習をしましょう。




この日は、そこそこ反応があり楽しめていたのですが、あれ? あれ? 急に濁りだしました。

何と林道の補修工事が始まったようです。




・・・で、場所替えしたのですが行くところ行くところ先行者のあとで川は沈黙。


ん~でもそんなことお構いなしに障害物があるところも積極的に攻めています。
b0208961_10514376.jpg


そうそう引っかける事を恐れずにどんどんキャストするべし! キャストするべし! キャストするべし!

そうしてロッドを一振りする度に少しずつ変態になっていくんですよ(笑)


え~家に帰ったら、ノースさんが自力で巻いたフライで初めてイワナを釣った祝いの杯を傾けよう。

あっ、な~んにも無くても毎晩杯を傾けていました。
昨夜、前線が通過したため午前10時の時点では寒さと風が残っていました。

b0208961_1723497.jpg

思った通り反応はいまいち。ま~でも、これから回復に向かうので昼近くになると活性が上がるはず。



こんな時は無駄に釣り上がらずにゆっくり時間を稼いで活性が上がるのを待った方がいいんだよね~




読み通りお昼近くになると日が差し風は止みイワナの活性も上がってきました。
b0208961_17253123.jpg



・・・でも、今日はこの後で鹿角郡市小学校陸上競技大会の応援があるんですよ。



ようやく活性が上がってきたのにな~   後に予定があると釣に集中できないものだな~
b0208961_17255997.jpg





大会プログラムでは6年男子の走り高跳びは1:40開始予定。
b0208961_17263296.jpg





まさかウエーダー履いたまま行くわけにはいかないので急いで着替え。
b0208961_17272491.jpg

ん~折角これからと言う時に、後ろ髪を引かれる思いで会場に向かいました。




ふ~ぎりぎり間に合いました。
b0208961_17281648.jpg




息子Kは6年男子の走り高跳びにエントリーしました。最初は13人いたんですが、だんだんふるい落とされていきます。



段々高くなってきました。
b0208961_17285670.jpg





跳べ~~ 跳べ~ 渓パパの祈りは通じるのか?
b0208961_17302875.jpg





自己ベストは1メートル15センチなのに大会で1メートル20センチをクリア!!
b0208961_17324663.jpg

練習で何度やっても跳べなかった高さを大会本番でクリア、もしかしてプレッシャーに強いタイプ、それともただの鈍感(笑)



この時点で1メートル20センチをクリアしたのは二人だけ。


残った二人で1メートル25センチに挑み、息子Kは残念ながら失敗し、もう一人はクリアしたため2位に終わりました。


ま~大会本番で自己ベストを更新したんだから、よく頑張ったべ。


明日はノースさんと今シーズン初釣行の予定なので、祝酒も程々にして早よ寝よう。

体重:66.2Kg
b0208961_9184938.jpg





体脂肪率:19.5%
b0208961_919137.jpg





先週の渓パパは  体重:66.5Kg  体脂肪率:19.9%

体脂肪量に換算すると12.90-13.23=-0.33Kg

1週間で330gの体脂肪減少 ま~チリも積もれば何とやら、



え~これまでの数値をエクセルに打ち込んでグラフにして表してみました。
b0208961_9202079.jpg



グラフにするとゆっくりと少しずつですが右肩下がりの傾向が一目でわかりますね。


体重を急激に落とすとV字回復する事が多いそうなので気長~にやっていきま~す。


先週末、田植えの片づけのあと少しだけ時間ができたので近くの川に刺さってみました。



あれ? あれ? 去年まで有った渓畔林が切り倒され丸坊主になっていました。
b0208961_1043308.jpg

注)渓(たに)の畔(ほとり)の林(はやし)と書いてケイハンリン。




上の写真と同じ場所ですよ。
b0208961_104447.jpg

注)去年の5月の写真です。

柳の木にはカディスのアダルトが気持ち悪いくらい停まっていたんですが今年は見えません。




明るいしバックスペースがとりやすいのでロッドは振りやすくて、ポツポツとは釣れるのですが、あまり反応がよくありません。
b0208961_1045688.jpg





ん~これは渓パパの腕のせいではなく、渓畔林を伐った祟りに違いない。
b0208961_10454689.jpg





心なしかイワナも寂しそうな、
b0208961_1046277.jpg




渓畔林は出水時に水没し流木化して下流に被害を与えるため、定期的に伐採するのがいいという説もあります。


その一方で渓畔林自体が上流からの流木を補足する効果も期待されるので、治水上の効果の判定は難しいとも言います。




治水の難しい事はよくわからないけれど、丸坊主にしてしまうと水鳥の生息場所を奪ったり魚の付き場も失われるんだよね~



遠くの山まで見通せて、これじゃ~おちおち野○ソも出来ないべ。
b0208961_1047151.jpg




鳥や魚が棲みやすい環境と人間が住みやすい環境は相いれないものなのでしょうか?


先週末は妻Mの実家に田植えの手伝いに行ってきました。


渓パパの任務はハウスで大切に育てられた苗を軽トラに積み込んで田んぼまで運ぶこと。
b0208961_10371197.jpg





渓パパの家は農家じゃないのでよくわからないけど、苗は根の張り具合が大事なんだそうです。
b0208961_10372671.jpg





運んだ苗と顆粒状の肥料を田植え機にセットしてスタート。向こう岸まで130メートルあるそうです。
b0208961_14535932.jpg





田植え機にドライバー以外にもう一人乗って、苗が減ってきたら補充するんです。
b0208961_1038880.jpg

こうすれば苗の補給の度に機械を止めることなく植えられるんですよ。




小さい子たちはお決まりなのでカエルと戯れております。
b0208961_10381932.jpg





普段は考えもしないけど、水が豊富に無いと稲を育てる事は出来ないんだよね~
b0208961_14194686.jpg





お手伝い頑張っていて感心だな~と思っていたら、
b0208961_10514285.jpg





あっ、「かっぱり」 もお決まりでしたね。
b0208961_1038594.jpg





1粒の種籾が秋には200粒になるんですよね~
b0208961_10391479.jpg

何の仕事も大事だけれど、食べ物を作る農業って偉大だな~




作業終了後は近くの天然温泉で汚れと疲れをさっぱり落としてから、
b0208961_1040198.jpg





豊作を祈って豚肉とウドの油炒めで美味いビールを頂きました。
b0208961_10402545.jpg



ゴクゴクゴク プッファ~ 肉体労働のあとの一杯は一味違うな~
溶接用のお面越しに太陽を見ると形がはっきり見えるんですよね~

b0208961_9222840.jpg



渓パパが子供の頃に近くの清○鉄工所の溶接の火花を見ては 「わっ~花火だ~」 って喜んでいたな~

鉄工所のおっちゃんに 「目が見えなくなるぞ」 なんて脅されたりして・・・。




溶接用のお面は形状的にカメラのフィルターに出来なかったので、
b0208961_9231013.jpg

農業用の黒いシートをカメラのフィルターにして撮影しました。


秋田では8割ぐらいしか欠けず、残念ながら金冠日食にはなりませんでした。

全県中学春季卓球大会に出場する娘S達の応援で横手市まで行ってきました。



会場は県南の横手市 ん~遠いな~
b0208961_185332.jpg


福島県は浜通り、中通り、会津地方と横に分けるけど、秋田県は県北、県央、県南と縦に分けるんですよ。




三時間ほどかかって会場到着。
b0208961_1872765.jpg




え~川は雪代が治まったころで、本当は釣りに行きたかったんですが、

応援に行けない理由が 「魚釣り」 では将来娘Sがグレる可能性が高くなりますからね。




緊張しているようには見えませんね~
b0208961_1864756.jpg





団体戦の予選リーグは、だまこ鍋で有名な五城目中と花火で有名な大曲中と対戦。
b0208961_1881349.jpg





予選リーグの結果は二試合とも0-3、0-3、で四番手と五番手の出番はなく惨敗。
b0208961_1883684.jpg

せめて四番手、五番手まで回したかったな~



日本卓球協会のルールだからしょうがないことだけど、四番手、五番手の親は子供が戦う姿を見ることなく帰路につきました。




試合は負けてしまったので、せめてお昼位は地元の味を・・・。


横手焼そばも食べたかったけど十文字ラーメンにしました。
b0208961_189383.jpg





秘密の県民ショーでやっていたけど、県南ではラーメンのトッピングに 「麩」 なんだそうです。
b0208961_1893165.jpg





横手まで来たのにマンガ美術館にもふるさと村にも行けなかったので、
b0208961_1895730.jpg



今度はゆっくり遊びに来てみたいです。(あっ、観光に来たんじゃなかった)

体重:66.5Kg
b0208961_8415758.jpg





体脂肪率:19.9%
b0208961_8423331.jpg




先週は体重:67.2Kg  体脂肪率:19.0%

体脂肪量に換算すると12.76-13.23=-0.47Kg


体重は初めて67Kgをわったけど体脂肪率がアップしていますね。

ちょっと腰に違和感があり筋トレを休んでいたんですよ。

体は正直だな~
タイイング未経験のノースさんにフライタイイングを伝授することにしました。


・・・で、皆さんは初めて巻いたフライはどんなパターンだったか覚えていますか?

年代にもよると思いますが、エルクヘアーカディスかパラシュートと言う方が多いのではないでしょうか?

どちらのパターンも実釣での出番が多く、もちろん実績も充分なフライですよね。




渓パパのフライボックスにも常にしっかり入っています。
b0208961_15213514.jpg



この2つはネット上に 「簡単に巻けるのでタイイング初心者にお勧め!」  などと書いていたりしますが、

はっきり言って、タイイングのビギナーにとって簡単なフライなど存在しません。



・・・で、どちらを最初に巻いてみようか迷ったんですが、渓パパが今まで一番魚を釣ったフライである、

ピーコックパラシュートに決めました。


ただしフックをジャスティスのIWI S-2000よりワイヤが少し太めのTMCの102Yに変更してみます。

フックサイズは巻きやすいように大き目の#11にしましたが、秋田の初なイワナなら充分に通用するサイズ。




え~ノースさんは始めて見て触る道具に戸惑いながらも、約2時かけてようやく一本巻きあげました。
b0208961_857032.jpg

注)ちょっとだけ渓パパがリカバリーしました。





ま~初めの一本なので上手い下手は問題外、巻きあげたことに意味があるんですよ。
b0208961_8572932.jpg





ダビングボディーは均等により付けて、綺麗なテーパーを付けるには正直難しいけど、
b0208961_857574.jpg

ピーコックボディーなら多少乱れても、もともとファジーな感じだし(笑)





最後にウィッツプフィニッシュの練習をして終了となりました。
b0208961_8581549.jpg

渓パパと違いまだまだ頭も体も柔らかいんでしょう、あっという間に手順をマスターしました。

本当はハックルファイバーを巻き込まないようにするのが難しいんですが、ま~それは追い追いと・・・。




ノースさんお疲れ様でした。 二本目は自分の力だけで一本巻きあげてみてください。

スレッドを一回しする度に問題にぶち当たるはずです(ご質問にはいつでもお答えしますよ)


フライが初心者でも簡単に巻けて釣れるものなら、渓パパも頭が薄くなるまでこの年になるまで夢中にはなっていませんよ。
←menuへ