<   2012年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧



今日のお昼前に、ケータイの着信音が鳴りました。


妻Mからのメールで、件名に 「大変」 と書かれていました。




もしや、父Mが逝ったか!と思い、ドキドキしながら開けて見たら、
b0208961_13325763.jpg

娘Sと母Mが二人してインフルエンザでした。



え~こんな場合ホッとしていいものか?

妻Mよ、確かに大変なのはわかるけど、誤解するような件名は付けないように。




・・・で、午後に再びメールが、
b0208961_15571392.jpg




妻Mが最初につけた件名は正しかったようです。

渓パパの地元のスーパーでは、 「北館製麺」 さんの製品が売られています。

b0208961_14381730.jpg





お隣の岩手県八幡平市に本社工場があります。
b0208961_1438556.jpg





・・・で、昨年の12月に、クボタロッジさんで行われた忘年会に参加した際に、北館製麺さんの直営店で蕎麦を頂いてきました。
b0208961_14404099.jpg





直営店は 「北の蕎麦屋」 といい、岩手県八幡平市の国道282号線沿いにあります。
b0208961_14485671.jpg




待つこと暫し、う~ん
b0208961_14415195.jpg

注)注文してから蕎麦が出てくるまでの間を楽しめれば立派なオヤジ。




ここの蕎麦は、生粉打ち(きこうち)といって、繋ぎを全く使わない、いわゆる十割蕎麦。
b0208961_14412691.jpg





店内には電動の石臼や、
b0208961_14423148.jpg





渓パパには興味があるマシーンが、お客さんから見えるように置かれていました。
b0208961_1443544.jpg



都会のデパートなんかに行くと、テナントの蕎麦屋さんが蕎麦打ちの実演なんかしているんですが、

この日は残念ながら見る事は出来ませんでした。



蕎麦の味ですか?
b0208961_14434353.jpg





もちろん美味しく頂きましたよ。
b0208961_14441230.jpg





カップラーメンとラーメン屋さんのラーメンを比べても意味が無いように、

手打ちの蕎麦と干し蕎麦は、違うジャンルの食べ物であることを改めて実感しました。

今日仕事から帰ったら、息子Kが独房生活をしていました。

b0208961_18255995.jpg





五年生でも体重が50Kg以上なので、大人と同じ用量だそうです。
b0208961_18264440.jpg




五日間の登校停止だっていうのに、 「明日の音楽のテスト受けなくていいんだよ037.gif」  だって。



頭ももう少し重くなれ!

え~渓パパは昭和のアナログおやじですが(何度も言っているからみんな知っているか)

テキストリンクを貼る方法を自力でマスターしましたよ。



例えば、ねじねじハックルについて書いていて、
b0208961_22205140.jpg




過去記事や皆さんのブログを参照してもらいたい時には、

ねじねじハックルとは・・・


↑をポチッとして頂ければ、ねじねじハックルについて書いた過去記事にリンクできますね~


渓パパも昭和のアナログおやじを脱出できるかな~(笑)

スーパーでお刺身コーナーを覗いていたら、三陸産の生ワカメが目にとまり、早速購入しました。

b0208961_13445047.jpg




いつも渓パパのブログを見て頂いている方はもうわかりましたね(笑)


・・・で、ワカメ蕎麦を食べる事にしました(何のひねりもないね~)


先ずはワカメの下ごしらえと思ったら、すでに湯通ししたものでした。



きっちり水気を絞って、一口大に切っておきます。
b0208961_13455788.jpg





それじゃ蕎麦を打ちましょう。
b0208961_13465651.jpg




b0208961_13472680.jpg




b0208961_13475793.jpg



蕎麦が茹で上がったら、一度冷水で絞めて、ねめりを洗ってから、温めなおし、蕎麦汁をはってワカメを蕎麦の上に乗せます。



ん~どんなふうにワカメを乗せれば、一番美味そうに見えますかね?
b0208961_13482576.jpg



丼の中央に高く立体的に盛る。       丼全体に平らに敷く。      丼の周りに輪を描く。

丼の端に高く立体的に盛る。       丼の半分に平に敷く。      丼に文字を書く(高等技術だ)




平らに・・・
b0208961_1349731.jpg





輪に・・・
b0208961_1349369.jpg





半分に・・・
b0208961_1351355.jpg




ま~どれでも腹に入れば一緒なんですけど(笑)




え~渓パパの家では、いつもは乾燥ワカメを戻したものなんですが、やっぱり生は香りも歯触りも違いますね。
b0208961_1353485.jpg

ん~磯の香りがいっぱいです。


注)冷やしワカメ蕎麦も美味しんですが、温かい蕎麦の方がワカメの香りが立ちますね。


塩蔵ワカメや乾燥ワカメなら一年中楽しめますが、春から初夏にかけてが旬の生ワカメは、今だけですよ。




今ははしりの時期でちょっとお高めの生ワカメですが、値段が落ち着いたらワカメのしゃぶしゃぶをポン酢でいただいてみたいですね。

注)日本人は世界で最も海藻を食べる民族だそうです。


b0208961_13543187.jpg

妻Mよ、「美味しいね~市販の汁が・・・」 のジョークは、二度は笑えませんよ(苦笑)



渓パパはこんな形でしか、被災地を応援できませんが、三陸産ワカメ蕎麦、美味しく頂きました。

え~渓パパは昭和のアナログおやじなんですが、自力で外部リンク(エキサイトブログ以外とのリンク)できました。



新しいリンク先は、「八幡平ペンション村、クボタロッジのブログ」 です。
b0208961_13374188.jpg





雪が降る前のクボタロッジです。
b0208961_13382760.jpg





お宿の近くには、松川をはじめ、有名河川が数多く流れ、フライフィッシャーに人気のお宿です。
b0208961_13392113.jpg





今の季節ならスキーヤー・スノーボーダーにもお勧めです。
b0208961_13394131.jpg

注)写真は八幡平じゃありません(失礼)




あ~それから、もちろん盛岡観光にも・・・
b0208961_1340546.jpg

盛岡市の石割桜は、ちょうどG.W頃に満開で、一見の価値あり。




オーナーシェフのおじさんは、フライフィッシングの専門誌、フライフィッシャー誌にも登場する、凄腕フライマン。


そのおじさんが作る料理もまさに絶品です。それから温泉も堪能できますよ。

渓パパの地元では 「ぼんず」 といいますが、魚釣りで一匹も釣れない事を 「坊主」 と、表現しますよね。


・・・でも、坊主(ぼうず)は差別語なので使ってはいけないそうです。



え~正しくは、お坊さんと呼ばなくてはなりません。
b0208961_9122897.jpg

注)息子Kの坊主頭には、つむじが二つ。




え~それから、助産師を産婆、開業医を町医者と呼んでもいけません。




渓パパのバイブルである 「釣りキチ三平」も、釣りキチの 「キチ」 はキチガイを短縮したものなのでNGだそうです。
b0208961_9141375.jpg


注)正しくは精神障害者と言わなくてはなりません。




それから、○○屋もダメらしく、魚屋は鮮魚店、床屋は理髪店、八百屋は青果店。
b0208961_9151050.jpg


当然、蕎麦屋もNGで、お蕎麦屋さんや蕎麦店ならいいそうです。

注)・・・でも、お蕎麦屋さんが、自分で自分のことを蕎麦屋と言うのはいいそうです。




釣りの帰りに、林道をトボトボと歩いていると、山仕事や山菜採りの方に、

「どんだ、釣れだが?」 と声をかけられる時があります。



そんな時、渓パパは坊主と言わずに、 「じゃっこ(魚)に釣られだ~」 と答えるようにしています。
10個で98円の特売の卵(お一人様ワンパック限り)で、卵とじ蕎麦に挑戦してみました。

b0208961_141436.jpg





茹で上がった蕎麦を水で締めぬめりを洗ったら、再びお湯につけ温め直し、ドンブリに平らに盛っておきます。
b0208961_14154469.jpg

ま~練習なので干し蕎麦をつかいました。




蕎麦を茹でるのと同時進行で、どんぶり一杯分の蕎麦汁を測って、小さな鍋で沸かします。
b0208961_9353276.jpg



先ずは、妻Mにお手本を見せてもらいました。



箸をグルグル回して鍋に渦を作り、溶き卵を箸に伝わらせて流し入れます。
b0208961_14185796.jpg





さすが主婦歴○○年、見事な手捌き(スリスリ)
b0208961_14193325.jpg





ふわふわだ~
b0208961_14203276.jpg





蕎麦が見えないように、鍋からドンブリに移すと・・・。
b0208961_14484135.jpg

卵だけでも良いけど、葱や絹サヤや三つ葉などの青物を飾ると、卵の淡い黄色とよくあいますね。






よ~し、次は渓パパの番だぞ。

な~んだ簡単じゃん、 「これぐらい渓パパにもできるよ」 って感じでやってみました。
b0208961_14231417.jpg

ふむふむ、ぱっと見はいい感じ・・・。




ガ~ン それが、鍋底に卵がくっ付いちゃって、固まっていました。
b0208961_14235123.jpg

1個当たり約10円の卵ですが、卵に申し訳ない気持ちで食べました。




こっちは妻Mの卵とじ、渓パパのとはまったく違いますね。
b0208961_14521283.jpg

くぅ~大失敗(涙)



悔しいけれど、明らかに腕の差ですね。

あ~でも、失敗は成功の元と言いますからね、(ポジティブにポジティブに)



卵料理は時間と火加減が重要で、しかも一発勝負でやり直しがきかないんですよね。


上手に卵とじができるようになったら、手打ちの蕎麦でやってみよう。
今日は蕎麦&酒の会(仮称)を企画したんですが、残念ながら都合がつかず今後に持ち越しになりました。



・・・で、今日のお昼は息子Kと二人で蕎麦会やりました(Kは食べるだけ)
b0208961_14103156.jpg

注)蕎麦会って言うのは名前だけで、ま~ただの昼飯だけどね。




え~昔から、台所は女の城と言いますよね。


渓パパが蕎麦打ちを始めると言いだした時に、我が家の女達から粉だらけになるから止めてくれと言われたものです。
b0208961_9242829.jpg





蕎麦打ちに限らず、料理をする男性も増えているようですが、台所をお借りした後は、「来た時よりも美しく」が基本ですからね。
b0208961_9252527.jpg





蕎麦打ちって結構洗い物が出るんですが、テキパキ片付けちゃいましょう。
b0208961_925517.jpg





え~後片付けにルールはありませんが、包丁だけは一番に片付けています。
b0208961_14262941.jpg

注)蕎麦を切らずに指を切っても食えないですからね(笑)




よっしゃ~ ピッカピカだべ。
b0208961_927233.jpg



後片付けも蕎麦打ちの一部ですから、ぬかりなく。
the-kingfisherさんの変スピに影響され(笑)、昨シーズンは縦巻きハックルのフライを多用してみました。

b0208961_15382546.jpg





縦巻きハックルは水平ハックルのパラシュートフライに比べ、空気抵抗が大きく投射性に劣るため、

水面とオーバーハングした木の枝の隙間をかいくぐり、

その奥の奥にフライを届けるのはパラシュートに比べ苦手の様に感じます。





・・・で、satakaさんから頂いたストレッチフロスで、重いドライフライを巻いてみました。

b0208961_1128781.jpg





ストレッチフロスはテンション次第で太さが変わるので、上手くテンションを加減すれば綺麗なテーパーが付けられます。
b0208961_11291158.jpg

注)これは綺麗じゃないね(苦笑)




ウィングを取り付けて、根元を束ねます。
b0208961_1135926.jpg





ハックルをとり付けたら、ストレッチフロスをダビング材でカバーして、
b0208961_11303771.jpg





ねじねじハックル」 でハックルファイバーを適度に乱して巻きます。
b0208961_1131452.jpg


ねじねじハックルとは、スレットとハックルストークをより合わせ、ハックルファイバーを乱す、渓パパオリジナルの巻きかた。




ダビングボディーに食い込ませるように巻くと、ほ~ら いい感じに乱れますね~
b0208961_113211100.jpg





ボディーハックルの下側のファイバーをカットしてから、残っているハックルでフロントハックルを巻いて出来上がり。
b0208961_11324261.jpg

注)フロントハックルは下側をカットしません。




空気抵抗が大きくても、比重が重いフライってビュンって飛びそうですよね。

これさえあればオーバーハングした枝と水面との狭い隙間の奥に

タイトなループで滑り込ませるようにピシッとキャスト出来るかな~


b0208961_1133217.jpg



それとも、ただの浮かない駄作フライになるのかな(笑)


ん~早くテストしてみたいね、きらめく春が待ち遠しいな~
←menuへ