<   2011年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧


3月31日は別れの日ですね。


別れと言えば、震災で家族や大事な友人と永遠の別れをした方も・・・。

b0208961_9514772.jpg


地震は平日の日中に起きたため
子供たちは学校にいて集団で非難して無事で、
親の世代が亡くなったケースが多いようです。



b0208961_9522624.jpg


政府にはなんとか手当みたいなことを止め、
震災で両親を亡くした子供たちに
義務教育までとは言わずに高校を卒業するまで、
生活支援と修学支援をお願いしたいです。
きっとその方が支持率アップしますよ。

注)渓パパのブログでは政治や行政を批判する気はなかったんですが、つい。


限られた財源の中では選択と集中、
さらに優先順位を決めることが政治家の仕事だと思います。




震災を体験した子供たちは近い将来
きっと地元復興の原動力になってくれると渓パパは信じます。




明日4月1日は出会いの日です。

明日で3月も終わりですね。
もうすぐ新年度が始まると言うのになかなか雪が消えません。



ん~ こうなったら自分たちの手で消すしかありません。


こちらは小学校の校庭。

b0208961_1642179.jpg


土の校庭なので日が差すと泥んこになってしまいます。

がんばれ我が後輩たちよ。




こちらは町の陸上競技場。

b0208961_165498.jpg



b0208961_165523.jpg



タータンのグラウンドなので泥んこにならずに済みます。

注)渓パパが子供だった昭和の時代は土のグラウンドでした。




ところで河原の雪はどうなんでしょう?

ガソリンも満タンになったし
そろそろ川岸パトロールにでも行ってみようかな。
今日はG.Sに行列ができていなかったので、
ジムニーに3月13日以来の給油をしました。


b0208961_16453564.jpg




冷静に考えて渓パパの愛車ジムニーは
通勤だけなら2週間余りに一度の給油で間に合うので、
報道で燃料の流通の改善状況とジムニーの残量を確認しながら
今日まで行列に並んでまでは給油しませんでした。


聞いた話では、燃料タンクのメモリが少し下がっただけで
不安になりG.Sに行列した方もいたようです。

そのため、G.Sでは一時的に燃料の残量が半分以上ある方には
販売しないなどの措置が取られました。



この間渓パパは、通勤以外は不要不急の外出は避けて
お彼岸と一周忌にお寺まで二度行き来しただけ。

注)少しでも燃費を上げようとヒーターを点けなかったけどね。




小売店のスタッフのみなさんは
行列を整理したり、販売出来ない事を謝ったりと本当にお疲れ様でした。

b0208961_1646491.jpg


ほかにも製油所の方や各地のG.Sまで配送してくれる方、
いろんな方々のおかげで世の中は周っているんですね。
皆さんに改めて感謝です。

渓パパに出来ることを見つけました。

出来る限りいつものように坦々と仕事をすること、
ただそれだけです。



山梨のみなさんお疲れ様です。

b0208961_21471687.jpg




b0208961_21473571.jpg




b0208961_21475821.jpg




b0208961_2148174.jpg




b0208961_21483565.jpg




この後は、秋田がしっかり引き受けます。
ベタですがパラシュートフライの水平ハックルとリヤ ハックルを組み合わせてみました。

b0208961_1124657.jpg



本当のオリジナルフライって難しいものですね。

今まで誰も見たことがないものを作り出すってことですもんね。


b0208961_1131140.jpg


渓パパの頭で考えても結局は今まであるものを組み合わせただけ。
注)これをオリジナルとは言いません。



水平ハックルの浮力のよさとリヤハックルによるドラッグヘッジ機能を期待してみました。

b0208961_944691.jpg



注)まだ使ったことが無いので投射性など未確認です。




渓パパのオリジナルと言えば2010.11.14の記事にも書いた、パーマーハックルの巻き方 「ねじねじハックル」 ぐらい。

b0208961_1144850.jpg




b0208961_1152176.jpg




この釣りができなくなるまでに渓パパオリジナルのフライを考案してみたと思っています。
the-kingfisherさんの変スピVer.5を巻いていて新しいテクニックを発見しました。

注)今まで気が付かなかったのは渓パパだけかも。


普通にリヤ ハックルを巻くとスピアー部分が邪魔で綺麗かつ密に巻きにくいですよね。



そこで渓パパが考えた方法は、ハックルを巻き止めハックル ストークの後ろに2巻きして立ち上げておきます。

ここまではいつもと一緒。



次に、通常はハックルを止める位置にスレッドを垂らして巻き止めに備えておきますが、

この方法ではシャンクに巻いてアイ側に移動しておきます。

b0208961_9371021.jpg




次に、ハックルを巻きます。

この時多少の隙間があってもかまいません(これなら簡単)
b0208961_9384825.jpg




ここに注目。

ハックルにテンションを緩めにかけたまま、垂らしておいたスレッドを逆回転して解いてゆきます。

この作業でシャンクに粗く巻かれたハックル ストークがベンド側に詰められて行きハックルが密になります。

b0208961_9391463.jpg






どうですか?

この方法ならスピアーがあっても綺麗かつ密に巻くことができます。

この方法を思いつきスレッドを逆回転し、ハックルが密に詰まって行った瞬間に渓パパは感動しました。



こんな小さな発見が嬉しい渓パパです。
昨日は冬に逆戻り、

b0208961_17533864.jpg

(樹形により雪の付き方にも違いがでますね)



でも、今日は桜が咲きました。

b0208961_1754393.jpg

注)娘Sが拾ってきた枝です、決して折った物ではありません。




こちらにも桜が・・・。
b0208961_17542734.jpg





b0208961_17594582.jpg

今日は昨年3月に満108歳で亡くなった、
おんばあの一周忌でした。


渓パパもお仕事をお休みさせてもらい
掌を合わせてきました。


渓パパの子供たちはおんばあの玄孫です。
b0208961_21184391.jpg


注)本人→子→孫→曾孫(ひまご)→玄孫(やしゃご)



おんばあが生まれた明治35年は、
映画にもなった八甲田山雪中行軍遭難事件のあった年。
その後日中、日露、太平洋戦争と3つの戦争を生き抜きました。

b0208961_21192139.jpg


A家の菩提寺であるK寺開山400年の歴史の中で
記録として残っているもので最高齢者だそうです。


おんばあ みんなを見守っていてください。




午後から雪が降り出しました。

b0208961_21203762.jpg



いつもはバットケースを担いで登校している野球少年が
何故かスコップを担いで小学校に登校していました。


実はこんな理由。
b0208961_115013.jpg




野球場の内野部分に降り積もった雪を取り除き
少しでも早く土の上で野球が出来るようにするため。

b0208961_11494048.jpg




野球と言えば今日、高校球児の夢の舞台である、春の選抜高校野球が開幕しましたね。

地震の被災地に配慮し、ブラスバンドなどの鳴り物を使った応援は禁止、
開会式も簡素化などの処置がとられていました。



この非常時にスポーツなんてとおっしゃる方もいますが、
物理的に問題がないのなら渓パパは開催に賛成です。


先日もNHKで安否情報を流している裏で、
民放がお笑い番組を放送していました。

こんな時に無神経なとおっしゃる方もいますが
渓パパはいいと思いますよ。


渓パパには被災者の本当の気持ちを測り知ることはできないけれど、
復興の支えは食糧や燃料、鉄やコンクリートと言った物質以外にも
歌だったり笑いだったりスポーツもあると思います。



同じ理由で渓パパのブログ 「流れの向こうに」 でも
犬のウ○コのネタや、ぼた餅の写真を載せたわけです。
今から30年近く前のお話です。
渓パパは地元秋田の高校を卒業後、横浜市の会社に就職しました。
注)今の職業とは全然違います。


この会社の独身寮に入ることになったのですが、
新入社員は入社二年目の先輩と相部屋になるシステムでした。
逆にいえば二年目は新入社員と一緒の部屋になります。
注)三年目からは一人部屋が与えられました。


渓パパが新入社員の時一緒の部屋になったのが
岩手県の大槌町出身の方で
お名前を○田さんとおっしゃいました。


よく故郷の自慢話をしていました。
確か三年目で故郷の大槌町に戻りお父さんになったはずです。


渓パパは四年間その会社に勤めましたが
その後何を思ったか学生に戻り卒業と同時に、
八年間の都会生活に終止符を打ち
二十六歳の時故郷に戻り今に至っています。



震災のニュースで 「大槌町」 の名前が出るたびに
その方の事が気になっていました。


あっ そーだ。
昭和のアナログおやじもPCを使い、
グーグルで  大槌町 ○田○ で検索してみよう。

そしたらヒットしました。
安渡小学校というところに避難しておられました。


生きておられましたか安心しました。
落ち着いたら会いに行ってみようかな。
その前に渓パパの事覚えているかな~



b0208961_17452959.jpg

渓パパの詩集 「流れの向こうに」 より。




震災による安否情報で個人の名前や住所がネット上に流されています。
悪用したらバチが当たりますよ。
←menuへ