<   2010年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧


9月27日はsatakaさんをお誘いしお隣へ県外出釣しました。

注)秋田は9月21日からクローズですが岩手は9月末まで釣りができます。



久しぶりの再会を果たしSatakaさんのホームリバーへ案内していただきました。



巨岩が折り重なり、水はどこまでも透き通り河畔の緑を映し出しています。
b0208961_189062.jpg




そんな夢のような渓相の中、satakaさんは見事なキャスティングで、次々とフックアップさせてゆきます。
b0208961_18123128.jpg





ロッドティップの軌道より低い位置でラインを通し下から上に展開するループで
ブレーキを利かせリーダーティペットを逆U字に柔らかく着水させます。




これではイワナも何の疑いもなく出てしまいますよね
b0208961_1814320.jpg





このロッドティップの軌道より低い位置でラインを通し、下から上に展開するループのキャスティングを

渓パパがやると着水の時にフライが舞い上がってしまいます。

簡単そうではありませんが、来シーズンは渓パパもこのキャスティングをマスターしようと思います。




途中ある地点から、イワナから返事が来なくなったことに気づき、よ~く見たら砂地に比較的新しい足跡が・・・

これを機に下流部に移動し、ヤマメを狙いましたが残念ながら、写真サイズは出ませんでした。




そんでも2010年いい締めくぐり出来ましたっけ(岩手弁のつもり)。

へば来シーズンは秋田の渓さ案内するべ(秋田弁)。

渓パパがパパになる前のお話。

母Mが洗濯物を取り込んでいた時、 「アッ痛~」

タオルに紛れ込んでいたフライフックが母Mの指にバーブまでフッキング。



演出です(笑)
b0208961_2240939.jpg




母Mは渓パパのせいで近所のクリニック診療所に行く羽目になったけど
一言も渓パパに文句を言わなかったな~(しみじみ)


当たり前ですが、家の中でフックを紛失すると大変です。

よくやるのはピンセットで一つだけ摘み上げようとしてはじき飛ばしたり、

ケースごとひっくり返してばら撒いてしまうこと。

渓パパも何度かやらかして、どっかに飛んで行ってしまったフックを血眼になって捜しました。




そんな経験から思いついた方法がこれ
b0208961_22435326.jpg




石でできた灰皿は重くて重心が低いのでひっくり返りずらく、

中央の凹みがフックを一つだけ摘みあげるのに丁度いい形。




渓パパは100均で捜してきました。

四角い形で収納しやすく、ガラスと違い大理石製(たぶん)はフックを見やすい。
b0208961_22505441.jpg



タイイング専用スペースを確保できないお父さんで、特に赤ちゃんがいるご家庭は要注意ですよ。

ハイハイしている赤ちゃんがフックを口に入れたり、体にフッキングしてしまっては大事故になってしまいますから。


渓パパは妻Mに何度も何度も注意されました、今は懐かしい思い出です。
フライマンの中には縞縞ボディー好きな人多いですよね。

ハックルストークやターキーバイオットなどで巻いたボディーには、独特の虫っぽさがありますからね。


the-kinghisherさんの変スピVer.5のレシピでは、ヘンのサドルハックルで裏にブラウンの色の出ているやつご指定でした。

それを手に入れるべく都会のフライショップまで電話して捜しまわる、the-kinghisherさんの行動力には頭の下がる思いです。




え~渓パパにはそんな行動力はないので・・・

地方田舎のフライショップ釣り具屋さんで手に入るADWで縞縞に巻いてみました。
b0208961_17523449.jpg





b0208961_17525365.jpg



色の組み合わせを変えたり3色にしたり色により幅を変えたりしてどこまで

ヘンのサドルハックルで裏にブラウンの色の出ているやつに迫れるか、

このオフにいろいろ試してみたいと思っています。

今日は息子Kが通っている小学校の学習発表会でした。


渓パパが通っていた頃は「学芸会」と言っていたような気がします。

・・・で、息子Kの学年の出し物の最中に、体育館のブレーカーが下がるアクシデントが数回あり、少し残念でした。



息子Kの作品
b0208961_17194839.jpg





b0208961_2120667.jpg




きのうは雨だったのでフライを巻きました。

絵でも書でもフライでも、数をこなさないと自分のものにはならないものだ。
b0208961_15553472.jpg





the-kinghisherさんの変スピVer.5をこのオフに巻き込んで自分のものにしたいと思う。

明日は残っている夏季休暇を使ってSatakaさんと再会しご一緒する予定で、

遠足前日の小学生のように興奮しています、今夜は早く寝よう。



satakaさんお天道さん明日はよろしくお願いします。

3年ぐらい前のお話です。

いつものように地元の川でイワナに遊んでもらっていました。

小さなプールに差し掛かり何気なくキャスト、ゆっくりと出て合わせが決まり寄せて来たら???

なんとフライが二つ掛かっていました。いくら若いイワナも自分で口ピアスはしないので、

どなたかが合わせ切れしてしまったのでしょう。




フックは錆びていましたが、おそらくTMCの100の#16で、

それに7Xぐらいのティペットがユニノットで結ばれ5Cmほど残っていました。



2つのフライをいつもより丁寧に外してイワナには川へお帰りいただきました。


手元に残った他人様のフライを手にどうしようか迷いましたが、捨てるわけにもゆかずフライボックスに入れて持ち帰りました。


そのフライがこれ
b0208961_9145477.jpg





b0208961_916336.jpg


ハックルはシャンク全体に、ストークの近くが黒く2色になっているやつを密に巻き、下側のファイバーをカットしています。

注1)このハックルはよくわからないけどバジャー Badgerと言うのかな?

注2)ちなみにバジャーを調べたら日本語で穴熊と言うことらしい。

ヘッド部分にオレンジ色のダビング材かウイリーでボール状にインジケーターをつけています。



え~それ以来渓パパのフライボックスに保管しております。

このフライにお心当たりの方がいらっしゃいましたら、当ブログまでコメントください。


お返しいたします。

昨日9月23日はお彼岸の中日。

渓パパ家の菩提寺であるK寺にご先祖様のご供養に行ってきました。
b0208961_10572668.jpg





途中水汲み場にはこんなものが・・・。
b0208961_1142232.jpg




その姿、頭はラクダ、角はシカ、眼はウサギ、首はヘビ、耳はウシ、鱗はコイ、手のひらはトラ、爪はタカでしたっけ。

は水をつかさどる神様の化身ですよね



自分の釣りの腕前は棚に上げておいてなんですが、

あの忌まわしい奇病「大物バラシ病」に罹らないように龍にしっかりお願いしておきました。

今日9月23日は秋彼岸の中日(秋分の日)。

・・・で、オフに入り、初めての休日なのでなんだか気が抜けています。


まぁ昨日の話でも・・・


昨夜は十五夜でしたね、暦の上では昨日だけどお月さま自体は今日が満月だそうです。
b0208961_8144731.jpg




今年は猛暑のため果樹は不作のようです、子供のころは十五夜の日は、腹いっぱいいろんな秋の果物を食べたな~



秋田では薄雲から出たり入ったりでしたが、今シーズンの無事を感謝し、しっかり拝んでおきました。
b0208961_8152878.jpg




サクラマスは海で生活し河川に溯上する魚なので、月の満ち欠け(潮の干満)が、溯上行動に影響を与えているらしいです。

月の満ち欠けが湖沼型のサクラマスや陸封のヤマメ・イワナには影響しないのでしょうか。



え~それから、

渓パパの母Mに初めて敬老会の招待状が町から届きましたが、出席しなかったので

ささやかですが敬老の宴を催しました(酔っ払っているのは渓パパだけだけど)


b0208961_8322015.jpg


母Mが言っていたけど、敬老会の招待状が届いても嬉しくなかったそうです。

その意気で元気で長生きしてください。
9月21日から秋田県では渓流釣り禁止。

したがって今日が渓パパの2010年ラスト釣行になります。



・・・で、ラストは20年来の釣友Nさんとご一緒させてもらいました。



相変わらずの前傾姿勢とのけ反り合わせ、 まぁスタイルは人それぞれですから(笑)
b0208961_1037149.jpg





それでも狙ったポイントから次々と引き出してゆきます。
b0208961_1037574.jpg





渓パパは昨日始めて巻いた、あの 「変スピVer.5」 をティペットに結びドキドキしながらキャスト。

結果はご覧の通り。
b0208961_10385097.jpg



この変スピVer.5はパラシュートに比べ、ゆっくり流れるように感じます。

ゆっくり流れるからイワナもゆっくり慌てず出てくるので合わせが決まる。

う~ん 凄いね これがドラッグヘッジ効果ってやつか、よし来シーズンの研究テーマは決まったな。





ハンゴンソウが秋を知らせてくれます。
b0208961_1039494.jpg





締めの一匹を狙った流れから読み通りに引き出し、いいイメージのまま終了(これ大事)
b0208961_1040596.jpg



今シーズンもいろいろあったけど、健康でフライが出来た事と、遊ばせてくれたイワナとヤマメに感謝して竿納め。




山ではサルナシが実を揺らし、秋の訪れを知らせてくれています。
b0208961_1047746.jpg





イワナ達よ また来年の春までさような・・・

んっ ちょっと待てよ そうだお隣の岩手県に行けば、もう10日間フライが出来るはず、

satakaさんに連絡してみよう。
午前中は自治会のお手伝い
今回児童館を取り壊し自治会館として建て替える計画があり
今日は児童館の備品を神社と消防団の器材置場にお引っ越しの作業。
渓パパが子供の頃は毎日外で遊んでいたな、そして雨が降れば児童館で遊んだものだ。
今のようにWiiもDSもなかったからね。

午後
明日で渓流も終わり,明日も雨なら巻いても来シーズンまで
使う機会がないけれどタイイングすることにした。

何を巻こうか? そうだ変態が使っているスピナーとやらを巻いてみよう
え~と とりあえず手元にあるマテリアルでタイイング開始
渓パパもかれこれ20年以上は巻き巻きしているので一目見れば
なんとかなるだろうと思い巻き始めたけど微妙なバランスは
やはり本物を見ながらでないと・・・
あっ そうだいい方法を思いついた
その方法がこれ
バイスの後方にPCを配置してと
これなら本物のお手本を見ながら巻いているのと一緒

b0208961_165819100.jpg



フックが同じものがないのでバランスが同じにはならないけれど一応巻きあげた。
やはりオリジナルのようには上手くいかないものだ。
コピーはコピーだね オリジナルの凄味がないもの。


レネゲイドというパターンがある。
タンデムともいうらしいけどリヤハックルとフロントハックルで
テレストリアルをイメージしているドライフライ。
それにはインジケーターがなくてフロントハックルを
白色で巻くことで視認性を確保している。

b0208961_1715136.jpg


b0208961_173618.jpg


リヤハックルと言う発想はテレストリアルには以前からあったけど
スピナーにリヤハックルという発想が渓パパはすごいと思う。
オリジナルの開発者も言っていたけど釣れる機能を追求しているうちに
モデルのメイフライのスピナーからかけ離れてしまったそうだ。
ん~それでも渓パパはスピナーと呼んでいいと思う、
なぜなら発想の原点がスピナーなのだから。

ブログを始めから初めての釣行。


ようやく釣行記が書ける、デカイのいっぱい釣ってニコパチ写真アップし~よう。

3連休初日いつもの川へと・・・。

先ずは赤ベコが出迎えのあいさつに(黒いのじゃなくてよかった)
b0208961_16592193.jpg





「よしっ」って一人大声で合わせたらこの通り  左頬にフッキング ごめんなさい
b0208961_1701858.jpg



このあと飽きない程度にイワナ達に遊んでもらってランチタイム


メニューは渓パパ特製  「ミズ入り濃厚とんこつラーメン」
b0208961_1713598.jpg




世の中にはグルメやら美食家やら食通とか呼ばれる方がいる。

彼らは高価なものやなかなか手に入らない、珍しいものしか美味しいと感じないようだけど、

渓パパは貧乏舌なので5袋298円のインスタントラーメンが美味いと感じる、

いや何を食べても美味い、渓パパにはまずいものはないのだ。

ここで問題   食通と渓パパ まずいものを絶対食べない人はどっち?




え~ ビンボー人の屁理屈を並べたところで

○○○ 川でのラーメンの調理法講座 ○○○
   
 1、川の水を掬って飲めるところに行く(これ一番大事)

 2、丁度いい量より少なめにお湯を沸かす(燃料と時間の節約)

 3、お湯が沸く間にお○っこしたりタックルのケアなどする(ボーッとしててもよし)

 4、袋の中で麺を縦横4つに割り 入れる(そのままでは小さい鍋に入りません)

 5、丁度煮え上がる前に火を止め粉末スープ投入(余熱の利用と言うか燃料節約)

 6、火が通ったら水を加える(食べやすい温度に下げることと 2、の分の加水)

 7、食べ終わったらトイレットペーパーで拭き取る(川では油や洗剤を使わない)

 8、隠し味は瀬音と木漏れ日




二時ごろから雨が降り出し予定より早めに切り上げ山を降りたら下界はいい天気。

b0208961_17104792.jpg


禁漁まで残り2日 雨が降らないことを天に祈ります。
←menuへ