カテゴリ:タイイング( 86 )

渓パパがフライを始めた頃はハックルを縦に巻くスタンダードなパターンを巻いたものですが、


何年かして岩○さんや里○さんがメディアに出始め、それ以来パラシュートばかり巻くようになりました。



・・・で、懐かしのモスキートフライを巻いて見ました。



グリズリーのハックルティップを2枚用意します。
b0208961_10334490.jpg





ありあわせのフックに取り付けます(表同志を背中合わせにしてシャンクの真上に乗せるのがポイント)
b0208961_1034043.jpg





次にテールも取り付けます(位置、長さ、ボリューム、フレアー加減に注意)
b0208961_10341361.jpg

モスキートは蚊がモデルなのにテールがあるんですよ(笑)





ファイバーをむしってハックルストークを剥き出しにします(爪でしごいて平たく潰しておくのがポイント)
b0208961_1034398.jpg





シャンクに止めて巻き付けて縞々ボディーにしたら、ウィングをたすき掛けにしてフルスペントに開きます。
b0208961_10352468.jpg





ハックルをセットして、巻いて、止めれば出来上がり(ハックルをアイ側からベンド方向に巻くヨーロピアンスタイル)
b0208961_10355032.jpg





巻き上がったら反省点を探します(これ大事)
b0208961_1036611.jpg

ボディーの下地が凸凹なのでボディーが汚いね(>_<)

ま~ 実際に使うことはないから直ぐに解体します。簡単なフライの解体の方法はこちらをポチッっと






あっ! 数年前からパラシュートを止めて、再び縦巻きのパターンを使うようになりました。
b0208961_10581482.jpg



ん~ 懐かしいフライを巻いてみて、若かった頃を思い出しました。
ヒトスジシマカ(一筋縞蚊)がデング熱と言う伝染病のヴィールスを媒介し問題になっていますね。



蚊と言えば、グリズリーのコックハックルでスタンダードに巻いた、モスキートと言うフライパターンがあったな~

b0208961_1665063.jpg

注)薮蚊ではなく家にいた蚊です。





確かボディーもハックルストークで白と黒の縞模様に巻いた気がしました。
b0208961_1671274.jpg

注)写真のグリズリーはサドルです。





巻き上がったモスキートは縞々で釣れそうだけど、実際に川でキャストすると全然見えなくて釣りにならないんですよ。
b0208961_16175757.jpg






ビジュアルがリアルでも視認できないドライフライは釣れないことをモスキートから学びました。
b0208961_16255777.jpg

・・・で、次第にエアロドライウィングのウィングに変えたり、パラシュートに巻いたりして、視認性のアップを図るのでした。


あっ! 久しぶりのタイイングネタでした。




追伸:

デング熱を発症された方々の早いご回復をお祈りします。
フックポイントを上に向けたフライをキールフライと言いますよね。

b0208961_7275470.jpg

注)秋田では裏返しのことを 「きゃっちゃ」 と言います。





普通にフライを巻けるようになると、みんさんも一度はキールスタイルに巻いてみた経験があるのではないでしょうか?
b0208961_91756100.jpg





ん~でも、実際に使うと着水姿勢が不安定だったり、フッキングが悪かったりして二度と巻かなくなるんです。
b0208961_9181395.jpg





そんなことも十分承知の上で、懲りもせずにザトウムシをモデルにしたキールフライを巻いてみました。
b0208961_15334314.jpg





元はパラシュートにして長いハックルファイバーをパラリ2回転した単純なフライ。
b0208961_15331687.jpg

注)フックが丸見えだけどイワナはこれが釣り針だとは分からなので、フックゲープを隠す意味は全くないんです。





キールスタイルではフックポイントが空を向くので木の枝や岩に引っかかりにくい形状(^^)!
b0208961_919816.jpg





・・・でも、イワナの口にも掛かりにくい形状(>_<)
b0208961_9211830.jpg

こんなことを繰り返しながら春を待ちます。




3月も半ばを過ぎたと言うのに今日も雪降り。
b0208961_7363933.jpg



春遠し

パラシュートフライはポストをどの高さまで根巻きするか重要ですよね。

b0208961_1641736.jpg

注)渓パパはΩ式ポストと言う立て方をしています。





・・・で、ADWをV字に立てた渓パパのフライ♪
b0208961_1643815.jpg





ADWをシャンクに置いたら、スレットでタスキに掛けて、
b0208961_1645895.jpg





根元を数ミリ巻き上げて束ねているのですが、
b0208961_165332.jpg





ん~ どのぐらいの高さまで巻いて束ねるのがベストなのか考えました。
b0208961_1655110.jpg





パラシュートフライのポストと違い、ADWを束ねてフレアーさせるだけですから短くてもかまわないのかな~
b0208961_1663233.jpg

ん~どうせ短くするなら、根巻きを省いたらどうかと思いやってみました。





ん~タスキ掛けがしっかり出来ていればちょうどいい角度で広がり、しっかりフレアーもしているんです。





それにハックルを巻くときに根巻きした部分が邪根魔で、根巻きの裏側に当たる部分にハックルを巻きにくいのですが
b0208961_1665030.jpg

根巻きが邪魔しないので簡単に巻けちゃうんですよ。





向かって左が根巻きなし、右が根巻きあり。
b0208961_1671324.jpg





実際にキャストして一匹釣ってみて、乾かしてみたりフロータント処理してみないとどちらがいいのか判断できません。
b0208961_1672555.jpg

実釣でテストできる日が早く来ないかな~



あっ! 決してローガンが進んできたので、手抜きフライを考えているわけではありませんよ(笑)

春は淡い色の虫からハッチが始まり、季節が進むに従って次第に濃い色の虫がハッチするのだそうです。

b0208961_14532785.jpg

注)若い頃に読んだフライ雑誌にそう書いてありました。





・・・で、渓パパも春用の淡い色のフライを巻くために淡い色のハックルや、
b0208961_1454929.jpg





淡い色のダビング材や、
b0208961_14542997.jpg





淡い色のスレットを買い揃えました。
b0208961_14545964.jpg





・・・でも、雪代が落ち着いて渓魚が水面を意識するようになると、いきなり濃い色のフライで釣れるようになります。
b0208961_14553248.jpg

注)渓パパがよく行くフィールドに限った話です。





いわゆるアーリーシーズンがないのでミッジも必要ないし、淡い色のフライも本当は必要ないんです。
b0208961_1456193.jpg





ま~ テレストリアルを意識した濃い色のパターンと、プールでの渋いライズ狙い用にCDCダンがあれば事足りてしまうんです。
b0208961_14561958.jpg

ま~ 雑誌に躍らされて、本当に必要なものを見極められなかったんですね。




買って一度は試してみたものの、二度と使わないマテリアルやツールもいっぱいあったな~(遠い目)
昨シーズン、チャートリュース色の虫を見つけました。

b0208961_951513.jpg

注)知らない虫を触ってはいけないし、仮に触れてしまったとしても掻いたりしてはけません。





ちなみにチャートリュースはシャルトリューズと言うお酒の名前が語源になっているんですよね。
b0208961_1065434.jpg





リキュールの女王と称されていて、緑をヴェール 黄色をジョーヌと呼ぶらしい。
b0208961_9513346.jpg

注)このお酒からチャートカラーが生まれたとか。





・・・で、蛍光グリーンのADWを使ってフライ巻いてみました。
b0208961_9515942.jpg

注)チャートカラーはルアーによく使われていて、水が濁っていてもアピール力が半端ないんだって。





スレッドとハックルストークをねじ合わせる ねじねじハックル にします。
b0208961_12202166.jpg





ボディーにハックルを巻いただけの何のひねりもないフライ(苦笑)
b0208961_18263782.jpg





カラーと形状を似せただけでは釣れるフライにならないんですよね(―_―)!!
b0208961_18265583.jpg





フライとして機能するには投射性や水面での安定性やフッキング性能などいろんな機能が求められます。
b0208961_18272077.jpg

渓パパは濁った水でドライフライは使わないので、たぶん一生出番はないだろうな~



こうして、フライボックスに眠ったままになるフライが増えてゆくんです(笑)
ここ数年、渓パパのお気に入りのフライ♪

b0208961_9531460.jpg

ボディーハックルの下側のファイバーをカットし、フロントハックルを巻いたフライ。





特定のモデルの虫はないけど、何となく虫っぽければ秋田のイワナは吸い込んでくれます。
b0208961_9485867.jpg





妻Mはカゲロウとトンボを区別できないので、イワナだって細かなことは区別できない(と思う)
b0208961_9462692.jpg






エルクヘアカディスから本物のカディスを連想できる人はフライマンだけ(笑)
b0208961_949257.jpg





渓パパ的には硬い虫は美味くない感じがするけど、イワナは丸呑みするから硬くても柔らかくても関係ない(と思う)
b0208961_9533388.jpg






こじつければ渓パパのフライはこれに一番似ているかな~
b0208961_11414468.jpg





窓の外は雪で真っ白な世界ですが、緑の中をいろんな虫が飛び交う渓流をイメージしながらフライを巻こう♪
b0208961_946846.jpg



フライフィッシングって一年中楽しめる釣りなんですよね~(蕎麦打ちも楽しいけれど)

麺類に目がない渓パパも、たまにはこんなのも買ってきます。

b0208961_15471433.jpg





パッケージが大きいと中身まで大きいと勝手にイメージしてしまい、商品に手が伸びるけれど・・・。
b0208961_1552516.jpg

あれあれ、開けてビックリ玉手箱(笑) 





え~ ザトウムシもサイズは大きいんですが実際のボリュームは少ないんですよ。
b0208961_154812100.jpg

フライもイワナに勝手にイメージさせることが重要な気がします。





サイズが大きくイワナから早く発見されるけれど、ボリューム少なく吸い込みやすい華奢なフライ!
b0208961_15524283.jpg






大きいフライは確かに目立つけれど、ボリュームいっぱいのフライはイワナが吸い込みにくい気がします。
b0208961_15491114.jpg





追伸:

ピザはラップの上から押すようにして切ると、ラップは切れずにピザだけカットできて、包丁が汚れないんですよ。
b0208961_15501032.jpg


昔、「伊東家の食卓」 と言う番組で見ました。

日曜日は雨の予報だったので、土曜日のうちにジムニーを夏タイヤから冬タイヤに交換。

b0208961_1191916.jpg






・・・で、雨の日曜日




新しく作り変えた二代目のローガン鏡の効果を確かめるためにタイイングしてみました。
b0208961_1194051.jpg

デスクワーク用に一つだけ高いのを作り、¥1,980のローガン鏡も買って居間用や持ち歩き用に。





折角なので#18のフックに巻いて、そこ効果を確認してみます。いつもの#10のフックが異様に大きく見えますね。
b0208961_11102941.jpg






スレッドはここ何年も使っていなかった16/0で、
b0208961_11104798.jpg




ADWはファインを使用。
b0208961_1111581.jpg





ん~見える!  見える!   若い頃は眼鏡なしでこんな風に見えていたんですよね。
b0208961_111126100.jpg

見えるとタイイングが楽しいと言うか、タイイングがストレスにならないな~





・・・でも、よく見えるからと言っても、タイイング自体が上手くなるわけではありません(苦笑)
b0208961_11114224.jpg



あっ! 手元だけではなく遠くも見えにくくなってきたので、この先#18のフライの出番はないだろうな~

今まで脚の長~いクモだと思っていたしたが、節足動物門鋏角亜門クモ網ザトウムシ目と言うらしい。

b0208961_14354033.jpg





米国では 「あしながおじさん」 Daddy Longlegs の愛称がある(らしい)
b0208961_1436229.jpg





・・・で、かなりこじ付けですが、パラパラシュートを 「ザトウムシフライ」 と呼ぶことにしました(笑)
b0208961_1436452.jpg





一見すると外見はクモを連想させますが、クモとは別のグループに属し、実態はクモよりダニに近い(らしい)
b0208961_14372555.jpg






ザトウムシフライは普通のパラシュートやエルクヘアカディスが綺麗に巻けないタイイング初級者でも巻けます。
b0208961_14393090.jpg

注)ボディーにクモのようなくびれはいらないし、ポストは短くていいし、ハックル2回転なら乱れようがありません(笑)





ローガンが進んできたので手抜きしているわけでも、マテリアルをケチっているわけでもありません。
b0208961_14544187.jpg

注)クモを模したスパイダーフライとはボディーの大きさや長さが違うんですよ。





長いハックルファイバーをパラパラと2回転が特徴。
b0208961_14374930.jpg

ん~ハックルが薄くてこれで大丈夫なのか思いますが、この薄さがいいのだと思っています。




最近ザトウムシフライに働いてもらっています。
b0208961_1440081.jpg

フックが剥きだしで異様に長いハックルファィバーはカッコ悪く見えたけど、使っているうちにカッコよく見えてくるんです。



フライマンの美的感覚なんていい加減なものだな~
←menuへ