カテゴリ:タイイング( 84 )


マテリアルボックスを物色していたら、インディアンハックルが出てきたので、懐かしいフライを巻いてみました。

b0208961_8315568.jpg

注)ウィングに適したハックルティップがなかったので、ADWでハーフスペントのウィングです。





テール一つとっても、位置、角度、ボリューム、フレアーの程度、先端の揃え方など注意点が一杯。
b0208961_11314527.jpg

ボディーはハックルストークを爪でしごいて潰して、段差が出来ないようにシャンクの上に取り付けます。





ボディーはベンド側からアイ側に向かって徐々に太くなるようにテーパーを付けるとカッコいいんですね。
b0208961_1132848.jpg

ハックルはアイ側に取り付けて、ベンド側に巻いて進む、ヨーロピアンスタイル。





当時はパートリッジ社のワイヤが太いフックだったので、今のファインワイヤでワイドゲープと印象が違います。
b0208961_11322795.jpg

ランズパティキュラやスペントバジャーやホートンルビーなんて聞くと、懐かしく思う方も多いのでは・・・。





釣りを始めた頃は縦巻きハックルのパターンをよく巻きましたが、程なくしてロングリーダーティペトが流行。
b0208961_11554963.jpg

・・・と同時に、ハックルを水平に巻いたパラシュート時代が訪れ、縦巻きフライは終焉を迎えます。




渓パパより年代が下の方は、パラシュートフライからタイイングを始めた方も多いのではないでしょうか。
b0208961_11324169.jpg

あっ! 渓パパは今でもハックル縦巻きのフライを使いますよ。



フライが回転してティペットが捩れにくい様に工夫していますけど・・・。
フライタイイングって、こんな道具を使って、

b0208961_176253.jpg





こんな材料で、
b0208961_1762233.jpg





こんな疑似餌を作る遊び。
b0208961_1763774.jpg

注)道具はツール、材料はマテリアルと呼ぶ方がフライっぽいか(笑)




もしも、フライを釣具屋さんで買ってくるものなら、
b0208961_17162588.jpg

今までフライフィッシングを続けていなかったかもしれません。





自分で巻いたフライに、イワナやヤマメが飛び付く瞬間を想像しながら巻く時間が楽しい!(^^)!
b0208961_1794571.jpg

頭の中では、尺ヤマメがたくさん釣れるのですが(苦笑)





フライを始める前にやっていた、ミミズや川虫やイナゴと言った生きたエサを使う釣りも楽しいけどね。
b0208961_1452459.jpg


あっ! 「生き餌を使った釣りこそが釣りの基本だと思う」 って、一平じいさんが言っていたな~

窓の外は雪なのに、家の中で蜂を発見しました。

b0208961_21271860.jpg





この寒い時期に蜂なんて、ん~これはフライを巻けという神のお告げかな~
b0208961_21273564.jpg





・・・で、この蜂からインスピレーションを受けて、翅付きのパラシュートを巻いてみました。
b0208961_21275917.jpg

二度と使う事はないだろうと思っていたけど捨てずに仕舞っていたインディアンケープのハックルティップを二枚。





形だけ蜂に近づけるのは簡単なのですが、飛び方や浮き方がよくないと釣れるフライにはなりません。
b0208961_21281858.jpg





アブダメン(腹)とソラックス(胸)を太く巻いてクビレを作れば蜂っぽくなるのですが、
b0208961_21283721.jpg

ストレッチフロスを巻いてわざと重くしています。



家の脇で投射性のテストをしていたのを真鯛バカさんが見つけて幻かと思ったそうです。


ま~ 雪の上でロッドを振っても何も釣れないからね(笑)
3連休の初日、お天気がいいので八九郎温泉に浸かって骨休めしてきました。



周囲は1メートル以上の積雪ですが、温泉の熱でそこだけ雪がなく地表が見えて春のようです。

b0208961_1065796.jpg

注)鉄分を多く含む泉質で、酸化して赤錆色をしています。





帰り道、車窓から眺めた渓はまだまだ冬のようで、生命感がありませんでした。
b0208961_1071967.jpg

まるで白黒写真のようですね。





え~ 帰ってからフライを何個か巻きました。
b0208961_1074524.jpg

フライを巻いている時間は気分はもう春です!(^^)!





渓パパの机の上は虫だらけ。
b0208961_10111221.jpg



早く春が来ないかな~
久しぶりにフライを巻いてみた。

b0208961_8262034.jpg





やっぱり面白いね~
b0208961_8263517.jpg

指がタイイングを覚えていました。





フライを巻いたはいいけれど、
b0208961_8271177.jpg


ん~ この足で、渓流を歩けるかな?

渓パパのフライフィッシングの歴史の中で、最も使われて、最もイワナをかけたフライはピーコックパラシュートです。

b0208961_15162278.jpg





若い頃、コガネムシの太いボディーを意識して、太いボディーにしたら、魚が出てもフッキングしないことを経験しました。
b0208961_15174240.jpg





以来、テレストリアルを意識したパターンでも、ボディーは細身に仕上げるようになりました。
b0208961_15181111.jpg





渓パパのピーコックボディーの巻き方は、ウルトラストロングスレットと言う糸と、ピーコックハールを寄り合させて補強してから、
b0208961_15175779.jpg





フックシャンクに瞬間接着剤を薄く塗ってから、きっちりと力を込めて巻いてゆきます。
b0208961_15183573.jpg

この方法を採用してからは、実戦で使ってもピーコックハールがばらけたことは一度もありません。





え~ 今年の冬は積雪が少なかったので、渓パパの解禁も早まるかもしれません。
b0208961_1545653.jpg


そろそろ、フライを巻かなくちゃ!(^^)!

ここ数年、あまり出番がないけれど、ここ一番でいい仕事をしてくれるエルクヘアカディス(以下EHCと表記)

b0208961_1384561.jpg

そんなEHCを少し改良してみました!(^^)!





ファンデーションした時のスレットの余りとハックルストークを縒り合せて渓パパはねじねじハックル
b0208961_139485.jpg





ハックルファイバーがいい感じに乱れて、スレットは補強の役目も果たしています。
b0208961_1392973.jpg





ハックルを止めたら、シャンクの上に先端を揃えたエルクヘアを載せて縛ります。
b0208961_1394552.jpg





余ったエルクヘアをベンド側に折り返して、エルクヘアとアイの間にスレットを巻いてしっかり固定します。
b0208961_1310328.jpg

普通はここでウィップフィニッシュして、余分なエルクヘアは三角に残してカットしますよね。




ん~これだとアイにエルクヘアが覆いかぶさりティペットを通しにくい(>_<)




・・・で、エルクヘアを直角に折り返してから根元を束ねてみました。
b0208961_13104591.jpg





これならアイがむき出しなので、ティペットが通しやすいですね!(^^)!
b0208961_1311413.jpg





え~ この角度から見ればアイがよく見えますね。
b0208961_13114097.jpg

あっ! 写真ではアイがよく見えるんですが、実物ではローガン鏡がないとティペットを通せなくなりました(>_<)





ま~ EHCには今シーズンもいい仕事をしてくれることを願っています。
b0208961_13112282.jpg

それにしても、シーズンインまで先が長いな~



久しぶりのタイイングネタでした!(^^)!

ハックルケープを買っても#16、#14、#12、#10のフライを巻けるのは禿げた部分だけ。

b0208961_1017471.jpg

残った部分がもったいないな~





・・・で、長いハックルファイバーをパラリと巻くパラパラシュートを巻いてみました。
b0208961_10173430.jpg

注)ハックルの目利きがまだ甘い頃に買った物なので質が良くありません(>_<)





根元側に生える細かい毛(バービュール)の部分は、柔らかく水を吸うのでドライフライには使えないと思ってきました。
b0208961_10175088.jpg

注)タイイングの教本に、ドライフライには張りのあるハックルファイバーを使えと書いてあり、今まで信じて実行してきました。





・・・でも、ティシュペーパーできっちり水分を吸い取ってフロータントを塗ればドライフライとして機能します(実証済み)
b0208961_10181035.jpg





もう使える部分が無いと思っていたハックルケープですが、このフライならまだまだ巻けますよ。
b0208961_10312238.jpg





ウィングの一部を長く残すカット方法で完成♪
b0208961_1019924.jpg





前回の釣行で尺ヤマメを釣ったフライはこれなんです。
b0208961_1123190.jpg



あっ! 渓パパの頭も薄くなってきたけれど、残った部分にまだまだ頑張ってもらわないと(笑)

2020年 東京オリンピックのエンブレムのデザイが盗用や模倣の疑惑で白紙撤回に。



え~ 渓パパの自称オリジナルフライのデザインは、
b0208961_857840.jpg

ハーフスペントのウィング、ダビングボディー、パーマーハックルの下側のハックルファイバーカット、フロントハックル





あっ! ボディーハックルはスレットと縒り合せてから、ダビングボディーに食い込ませて巻きます。
b0208961_9371640.jpg

注)渓パパは 「ねじねじハックル」 と呼んでいます。





よくオリジナルフライと言っていても、他のフライにどこか似ていたり、既に存在していたり、いいところの寄せ集めが殆どです。
b0208961_920351.jpg


このフライのコンセプトはボディーハックルの下側をカットすることで、

キャスト時にティペットが拠れないようにフライの回転を抑制する。

水面で転がらないように着水姿勢を安定させる。

フックポイントをむき出しにしてハックルファイバーがフッキングを邪魔をしない。

フックのベンド側が沈みにくいのでテールが必要なく、同じフックサイズでも小さく見せれる。

ん~でも、フロントハックルだけは下側のハックルファイバーをカットせず残すことでドラッグがかかりにくくしているんです。





ま~ 渓パパのオリジナルだと思っているこのフライは、世の中に既に存在しているかもしれません。
b0208961_8564696.jpg





自称オリジナルではなく、誰もが認めるオリジナルフライをデザインすることは、とても難しいんだよね~
b0208961_11143769.jpg



このブログをご覧のあなたには、オリジナルだと胸を張って言えるフライがありますか?

パラシュートフライのポスト部分はある程度の太さが無いと、ハックルストークを巻き付ける際に強度的に問題がある。

b0208961_14525279.jpg






・・・で、ポストを太くしてそのままインジケーターを大きく残すと抵抗が大きくてキャストしにくいフライになる(A)
b0208961_14553031.png

だからと言って、抵抗を減らすためにインジケーターを小さく残すと見にくいフライになる(B)





そこで考えたのが、インジケーターの一部を長く残す方法(C)
b0208961_1456042.jpg

これならキャスト時に長いインジケーターが後方に倒れ抵抗が減り、なおかつ視認性も良い。



最初は前側を切り落として後ろ側を残していたんだけど、キャスト時に長い部分が後方に倒れっぱなしになってしまった。




最新のモノは前側を切り残す方法に変えてみました(D)
b0208961_14592822.jpg

こうすることで長い部分が後方に倒れそうになっても、後ろの短い部分が支えとなって倒れないんです。


ポストには十分な強度があり、インジケーターはキャスト時の抵抗が少なく、ドリフト時は見やすい。
←menuへ