カテゴリ:ごあいさつ( 45 )


渓パパのブログ 「流れの向こうに」 は、今日で一周年の節目の日を迎える事ができました。

b0208961_8475198.jpg




「流れの向こうに」 を始めるきっかけを頂いた、satakaさん、the-kingfisherさんはじめ、
このブログを覗いてくれたり、時にはコメントを残して下さった方々には心から感謝しております。
お陰さまでフライフィッシングがさらに楽しいものになりました。




フライフィッシングを通して、その向こうにある思いを伝えられたらいいナ~
そんな軽い気持ちで始めましたが、渓パパ自身正直1年続くと思ってもいませんでした。



ま~中身はともかく、一年続いたことだけで花丸と自画自賛しております。
b0208961_848247.jpg





下手な作文と写真、そして何よりもつまらない洒落のブログですが、
これからも宜しくお願い致します。

                                  渓パパ
渓パパのブログ 「流れの向こうに」 にリンク先が増えました。


タイトルは 「真鯛オヤジの釣れ連れなるままに」 です。


陸奥湾と日本海を中心としたオフショアの釣りと、祭り、
そしてアコースティックな音楽をこよなく愛すオヤジのページです。



管理者はこんな方。

b0208961_827531.jpg




山生まれの山育ちなのに海を愛する男です(笑)
開設したばかりですので今後に期待大です。

今日3月1日はお隣岩手県の河川の解禁日ですね。



今年の解禁日は火曜日なので土日を心待ちにしているサラリーマンアングラーも多いと思いますが、

解禁された岩手県のフライマンのみなさん、明けましておめでとうございます。


b0208961_13295149.jpg





まだまだ釣りに行けない渓パパは、北東北3県の渓流釣りの解禁日と日数を比べてみました。


青森県 4月 1日~9月30日  183日間

秋田県 3月 21日~9月20日  183日間

岩手県 3月 1日~9月30日  214日間

注)一部例外の河川がありますのでご確認ください。


秋田県を基準に言わせてもらいますが青森県は10日遅く解禁しその分10日遅くまで釣りができます。

岩手県は20日早く解禁しなおかつ9日遅くまで釣りができます。

注)腕の差は釣りができる期間の差だと渓パパは思いたいです(笑)


岩手県はいいですよね。

内陸部の本格的な山岳渓流の他にも太平洋沿岸には雪が少なく解禁早々から釣りになる川もありますよね。




b0208961_14171319.jpg


注)写真は渓パパの勝手なイメージです。



そんな川ならフローティングニンフだとかミッジピューパだとかと言った

繊細なマッチング ザ ハッチの釣りも成立するんでしょうね。


渓パパもマッチング ザ ハッチの釣りを経験してみたいです。

すでに、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、渓パパのブログ 「流れの向こうに」 にリンク先が増えました。


山スキーとルアーフィッシングをこよなく愛する熱い男のブログです。



渓パパのブログには間違ってもアップされることのない、ドでかいの釣ってるので渓パパは見ているだけで癒されます。


タイトルは 「ski&Lure」 是非ご覧ください。

告白します。

渓パパのブログ 「流れの向こうに」 は、ほぼ毎日更新してきました。

それに対し真鯛バカさんは 「毎日頑張っている」  とコメントを下さいました。


また、女性釣り師Sさんには、「いつ更新しているんですか?」 と問われました。


実はこんな風にやっていました。

時事ネタはもちろんその日か翌日に直接投稿画面に書き込みます。

しかしそれ以外のネタは休日にワードで文章を下書きしておき、
b0208961_1246597.jpg





その下書きをブログの更新画面にコピー&ペーストします。
b0208961_12472657.jpg



これにデジカメやPCのHDに撮りためておいた写真を張り付けて、それを再びコピー&ペーストしワードに保存しておきます。

こうして休日にあらかじめ作って保存しておけば、好きなタイミングで簡単に更新出来てしまうんです。



ですから、更新時間が早朝だったり、仕事から帰って直ぐだったり、

本来は酒を飲んで酔っ払っている時間だったりしたわけです。


ぶっちゃけ早起きして書き込んでいる訳でも、酔っ払いながら書いている訳でも、毎日文章を練っている訳でもありません。




渓パパは考えました。

これって更新するための更新じゃないかって。

そして本当に書きたい事は、書きたいときに書くべきじゃないかと言う結論に至りました。

・・・と言う事で、渓パパのブログ 「流れの向こうに」 は、渓パパが書きたいタイミングで書くことに決めました。


今迄のようにほぼ毎日更新はされませんが、これからもよろしくお願い致します。



渓パパのカミングアウトでした(爆)
←menuへ