「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:釣行記( 128 )

八九郎温泉に行ったら、トビゲラの群飛に遭遇しました。

b0208961_15532170.jpg






レンズの汚れの様に見えるのがカディスです(笑)
b0208961_15541571.jpg

注)フライマンはトビゲラの事をカディスと呼び、群飛の事をスフォーミングと格好つけてよびます(笑)





写真ではわかりにくいので動画を撮ってみました。

   





渓パパのジムニーにも留まっています。
b0208961_1556329.jpg

注)卵、幼虫、蛹の時代は水中に生息して、羽化して成虫になると陸上で生活します。





エルクヘアー カディスのモデルとなった川虫で、カディスは留まるときに羽を閉じるので、三角の羽になるんです。
b0208961_15572367.jpg

注)虫の場合は羽(はね)ではなく翅(はね)が正しいね。





トビゲラの蛹(カディス ピューパ)は一斉に羽化して成虫となり、川の上流を目指して飛んでゆきます。

   

注)幼虫時代に下流に流された分、成虫になったら上流に飛んでゆき産卵するのだそうです。





羽ばたいているのが分かりますね。
b0208961_1557423.jpg


禁漁になった川に来ることはないので、この時期にトビゲラが群飛するとは知りませんでした。

今日10月1日は十和田湖のヒメマス釣りの解禁日です。


え~ 渓パパの母校の校歌にも謳われている神秘の湖十和田湖を見てきました。



発荷峠からの展望は八甲田連峰も望めます。
b0208961_10323043.jpg

自宅から湖畔まで約26Kmでした。




湖から孵化場のあるこの流れ込みに群れを成して遡上してきます。






あと少しだよ! ガンバレ!


産まれた川の臭いを覚えていて、稚魚放流されたヒメマスは大きくなって帰ってくるのだそうです。





いや~ 釣り人がたくさんいました! 
b0208961_10335978.jpg

秋田、青森、八戸、岩手、盛岡ナンバーに混じって遠方からも来ているようです。




桟橋から狙う人と岸に立ち込んで狙う人に囲まれて釣り堀状態(笑)
b0208961_10345954.jpg

エサ釣り師、ルアーマンが多くてフライマンは少数派のようです。





ま~ キャスティングなんていりません。足元の群れの中に垂らすだけ。
b0208961_10352315.jpg

ん~ 正直言って、こんな釣りはしたくない(>_<)





湖畔を折りたたんでジムニーに搭載してきた自転車で走ってみました。
b0208961_10471328.jpg





あっ! 残念ながら吉永小百合さんは釣りしていませんでした(笑)
b0208961_1037786.jpg





ま~ こんな釣り方なら許せるかな~
b0208961_1036093.jpg

フライはエッグをルースニングでサスペンドさせたり、マラブーをリトリーブしているようでした。





自転車で走っていてキノコを見つけましたが、ここは国立公園内、動植物の採取捕獲は禁止です。
b0208961_10361997.jpg





ボートで釣りする人はお金持ちなのかな~
b0208961_1036497.jpg





日本国内で産卵のために遡上してきたヒメマスを釣らせている漁協は十和田湖だけのようです。
b0208961_1055189.jpg

注)ネット情報ですので、本当かどうかは定かではありません。


え~ もう少しで紅葉が始まりますね、錦秋の十和田湖もいいですよ~


みなさん遊びに来て、地元にお金をたくさんおろしてください(笑)

半日分だけ残っていた夏季休暇を午後から取って、二度目の股関節の手術から初めて釣りに行ってきました。



遡行スピードは元気な時の4分の1程度で比べ物になりません(>_<)

b0208961_16142668.jpg





ま~ こんな股関節だから渓流を歩けるだけでもありがたい。
b0208961_16144839.jpg

注)右の人工骨頭置換術を受けたのが2年前の4月で、左の人工骨頭置換術を受けたのが今年の4月。





手術後初めての釣りだったので、1時間ぐらいしか釣りしませんでしたが、
b0208961_16151058.jpg

フライ歴四半世紀を超える渓パパは結果を出します!(^^)!





正直に言うと、足元が不安で思い切り楽しめませんでした(>_<)
b0208961_16153163.jpg

ま~釣りができただけで良し、大きいのは出なかったけれど釣れたのでさらに良しとしておきましょう。




不整地と言うか渓流筋を歩くのは、整地を歩くのとはわけが違います。
b0208961_1616081.jpg


来シーズンが始まる頃には、渓パパの脚も今より良くなっていることを祈ってロッドを置きました。
明日から秋田県内の渓流は禁漁になるので、今シーズン最後の釣りに行ってきました。



今日のランチのおにぎらずは特別にツートーンにしてみました。

b0208961_17422255.jpg





いっぱい釣れるでもなく、と言って釣れないでもなく、釣っては放しての繰り返し。
b0208961_17425112.jpg





ポイントに割に小さいのが出たので、もっと大きいのがいるはずと読んで、同じポイントに再キャスト。
b0208961_17433135.jpg

普段は一匹釣れたポイントに投げ直すことはないのですが、こんな読みが当たった時が嬉しい。





かのがきのこを見つけましたが、高くて手が届きません(>_<)
b0208961_1759419.jpg





ま~連続バラシもあり、連続ヒットもあり。
b0208961_180298.jpg





渓パパの地元では 「ミズのたまっこ」 と言い、塩漬けなどにして食べるんですよ。
b0208961_17435911.jpg

注)ウワバミソウのむかごの事です。





戦いで傷ついたのか、脚のカギ爪が欠損していました。
b0208961_17441876.jpg

気温が下がってしまったからなのか、ほとんど動きませんでした。





今シーズンは去年手術した股関節の状態を意識しながらの釣行でした。
b0208961_17445867.jpg





釣りができることの嬉しさと、思ったように歩けないもどかしさとが交錯しました。
b0208961_17452039.jpg

長く歩き続けると股関節に痛みが出ます。





股関節の事を考えると長歩きはしない方がいいのですが、もう少しこの釣りがしたいんです。
b0208961_17454380.jpg


この釣りを続けるかどうかは、来年になったら答えを出したいと思います。

今日は雨の予報だったのに朝目覚めたら外が明るい。 ラッキー



色づき始めた渓流でフライフィッシング。

b0208961_15414524.jpg





川沿いには竜胆が揺れて、渓パパの下手なキャスティングを笑っています。
b0208961_15422156.jpg





良いポイントからは高い確率で反応があるんですが、こんなサイズばっかり(>_<)
b0208961_15425587.jpg





ま~ 反応があれば楽しいけどね。
b0208961_15432323.jpg





ランチは話題のおにぎらず。 今シーズンはこればかり食べたな~
b0208961_15444043.jpg





このポイントで、一瞬の手応えを残して今日一をばらしてしまいました。
b0208961_1545450.jpg





ん~ 何が悪かったのかな?  「腕」 それとも 「運」  きっと両方かな。
b0208961_1644976.jpg





最後の一匹は婚姻色が出て黒くなっていました。
b0208961_15434819.jpg





あっ! 仏様に少しだけ頂いてきました。
b0208961_15453040.jpg



いよいよ明日は秋田県の渓流釣りの最終日です。


どこに行こうかな~
大雨と言えるぐらいの雨が降りましたが、ダメ元で川に行ってきました。

b0208961_10501683.jpg

ま~ 釣りになりませんね。





もちろん、こんなことは渓パパの想定内なので、キノコ採りに変更。
b0208961_10503526.jpg

渓パパのリュックにはキノコ採り用の薄い手袋も当然装備されています。





それから、渓パパのフライロッドは6ピースのパックロッドなので、
b0208961_10544658.jpg

釣りの途中でキノコなどを見つけてもロッドをリュクに仕舞ってキノコ採りができます。





え~ 川の水嵩が高すぎて渡渉すらできず、キノコ採りも諦めて帰ってきました(これは想定外)
b0208961_1053448.jpg

こんな場合はボウズと判定されますか?



川まで行って一匹も釣れないのだから当然ボウズと判定します。


それとも、ロッドを振っていないので釣りに行ったことにはならずボウズではないと判定します。


あなたなら、どっち?




追記:


午後から郡市中体連のバスケットボール大会の新人戦の応援に行ってきました。


息子K達は引退したけど、後輩たちのお父さんお母さんたちにたくさん応援してもらったので、
b0208961_22395963.jpg

今度は息子K達の後輩達の応援です。


♪流~れる大気~  ♪爽やかに~


今日は行かないつもりでしたが、今シーズン釣りができる土日は今日を入れてあと五日。



昨日の釣行の疲れが股関節に少し残っていたので近くの川でちょい釣り。

b0208961_14371615.jpg





渓パパの背丈を優に超えた葦が行く手を阻みます。
b0208961_14374668.jpg





クレソンを発見!
b0208961_1438852.jpg

注)渓パパの地元のお年寄りは 「みずたかな」 と呼んだりします。





胡麻和え、おひたし、生でもいけます。
b0208961_14384284.jpg

注)ステーキの付け合せについてくるクレソンと同じものかどうかわかりません。





渓パパのリュックにはお土産袋が常備されているんです。
b0208961_14385858.jpg





二つ目のプールでガンケ山女魚とご対面!
b0208961_14392855.jpg

フライは昨日結んだままのエルクヘアカディス





今日はあまり歩かずに小一時間で終了しました(手術する前には考えられない事です)
b0208961_14412592.jpg

今日は一匹しかフライに出なかったけれど、その一匹を釣り上げたので打率10割(笑)





帰り道、蕎麦の花が秋風に揺れていました。
b0208961_14425822.jpg



短時間でも、速くは歩けなくても、険しい源流部には行けなくても、この釣りを続けたいと思う渓パパです。

目的の支流に辿りついたら釣り人と遭遇。

b0208961_16183292.jpg

五戸町から来たと言う餌釣り師さんで、この支流がお気に入りで毎年来るのだそうです。





情報交換すると 「5匹しか釣れなかった」 と言うことで一安心(笑)して場所替え。
b0208961_16185947.jpg

注)渓パパの記憶では、以前一度この場所でお会いしていた様な気がします。





イワナはあんまり釣れないな~ もう一度場所替えしようかな~
b0208961_1620517.jpg





そうこうしていると、今シーズン初のサモダシと遭遇。
b0208961_16205785.jpg

こうなるとキノコ目になってしまって、釣りが雑になりさらに釣れなくなるんです。





イワナを釣る時にはイワナ目になってイワナの付き場を探すように、キノコを探すときにはキノコ目になってキノコを探します。
b0208961_16212792.jpg

注)脳がイワナ目モードからキノコ目モードに切り替わるんですね。





先週、尺ヤマメを釣った川にまた寄り道しました。
b0208961_16221159.jpg

二匹目のドジョウは果たして釣れるのでしょうか?





大きなヤマメが一度グリズリーカラーのパラシュートに出たのですが、何故かフライの数センチ横。
b0208961_16231424.jpg

レーンは外していなかったし、ドラッグもかかっていなかった、着水してからライズまで余裕もあったのに。





こんな時には姿や色がガラッと変わったフライを結びます(サイズダウンするより効果があると思います)
b0208961_16431251.jpg

注)大きいのがいるとわかっている時には未使用のフライを新しいティペットに結ぶと安心です。





何度もここぞと言うときに渓パパに幸運をもたらしてくれたエルクヘアカディス。
b0208961_16224182.jpg

フライチェンジしている時間はポイントを休ませる効果もあるんですね~





サービスカット(上のヤマメと同じ個体です)
b0208961_16324948.jpg

泣き尺ヤマメはメジャーで測らなければ約30Cmだったんですが(笑)





自宅に帰ってから、サモダシを熱湯で茹でて綺麗に洗い下処理しました。
b0208961_1623469.jpg


いよいよ秋だな~
先々週の釣行で長く歩き過ぎてしまい、昨年手術を受けた右の股関節に痛みが出ました。

b0208961_17344267.jpg

本当は釣れない区間に入ってしまい、次の退渓点までロッドを振らずに早足で移動したんです(これがいけなかった)





・・・で、今回はその点を反省してゆっくりゆっくり釣り上がることにしました。
b0208961_17352927.jpg





太極拳の如く、ゆっくりゆっくり、跳ねたりは絶対にしないように、
b0208961_1736128.jpg





大股にならないように、大きな段差は越さないように、
b0208961_17362063.jpg





スローフィッシング スローフィッシング スローフィッシング
b0208961_17365145.jpg





あっ! 釣果もスローなので早目に切り上げました(>_<)
b0208961_17371941.jpg





自宅に帰る途中、時間があるし股関節の痛みも無いので寄り道してしまいました。
b0208961_1738274.jpg

十和田湖に向かう道の途中にある道の駅の真ん前の流れ(笑)





観光客もたくさん歩いているけれど、ちゃんと釣れるんです。
b0208961_17514924.jpg

注)数年前までこの川沿いに養魚場と管理釣り場があったので外国の魚も釣れるんです。





最後は一昨年以来の尺ヤマメで〆ました(去年はあまり釣りができなかったけどね)
b0208961_17394093.jpg

注)道の駅の駐車場に車を止め、ランディングネットをぶら下げているリュックを車内に置いてきたので岸にズリ上げ。





サービスカット(上の写真のヤマメと同じ個体です)
b0208961_1739229.jpg


いつもなら自宅に帰ったら直ぐにシャワーして冷蔵庫のビールに手が伸びるのですが、ちゃんとストレッチしました。



追記:

スローフィッシングの意味をネットで調べたtら、のんびりした釣りと言う意味以外に、小物釣りと言う意味もあるそうです(>_<)

秋田商業高校が延長戦を制して、ベスト8進出したのをテレビで見届けてから御出勤(渓へ)

b0208961_1742915.jpg

秋商野球部OBのS先生おめでとう♪





応援に行くって言っていたけど、このアルプス席の中に居たかな~
b0208961_17424255.jpg

清浄たりや~  矢留城~





雲は湧き~♪   光溢れて~♪
b0208961_17435832.jpg





夏の大会
b0208961_1745375.jpg





内野ゴロ
b0208961_17454315.jpg




え~順調に釣り上がっていた渓パパの背後に人影。
b0208961_17495250.jpg

街のスポーツ用品店のおじさんがキノコ採りに来たのだそうです。





サウスポーの渓パパはサイドハンドキャストで、オーバーハングしたイタドリの枝と岩の隙間から左岸の巻き返しへ。
b0208961_10403515.jpg

ナイスバッティングじゃなくて、ナイスキャスト!





最後は尺イワナのさよならホームランで〆ました(笑)
b0208961_8381079.jpg

秋田商業 クォーターファイナルもいい試合を期待しています。
←menuへ