カテゴリ:冷麺打ち( 11 )


手打ち麺をしばらく冷凍庫に放置していたら、中華麺だったか冷麺だったか忘れてしまいました(>_<)

b0208961_1139111.jpg





・・・で、茹でたら冷麵だと分かったのですが、ラーメンのスープに入れてみました。
b0208961_11392236.jpg





冷麺の麺がラーメンの温かいスープに浮いているなんて、今まで見たことがない光景(笑)
b0208961_11501497.jpg





つるつる感と透明感は間違いなく冷麺ですが、温かいスープに入れると冷麺特有のゴムゴム感が弱まります。
b0208961_11394210.jpg





・・・でも、 スープを飲むとラーメンのスープ(笑)
b0208961_11401514.jpg





ちなみに、こちらはラーメンのスープに中華麺。
b0208961_11441115.jpg



あっ! 冷麺の麺を温かいスープで食べる、その名も温麺(おんめん)というのがあるらしい。


寒くなったら、温麺とやらをやってみよう!(^^)!

8日間も冷蔵庫で眠っていた手打ちの冷麺。

b0208961_13254143.jpg

ここ一週間、二人の兄と娘が帰省していて、忙しくて食べるタイミングを逃してしまいました。





茹でてはみたけれど、美味い不味いの前に食えるのか、少し心配(>_<)
b0208961_13264196.jpg

ネットを見ると、熟成期間は2~5日ぐらいのようです。





この透明感と黄色味を帯びた麺が冷麺で、見た目は変わりないようです。
b0208961_13275681.jpg





食べてみても大丈夫でした!(^^)!
b0208961_13285767.jpg





日本蕎麦は打ち立てが美味いとされ、熟成という考え方はありません。
b0208961_13292298.jpg



蕎麦は冷蔵庫で何日ぐらい保存できるかな?



妻Mの実家から完熟トマトを頂きました(感謝)

b0208961_1233163.jpg

・・・で、冷麺に冷やし中華のタレをかけて、トマトをトッピングして食べてみました。





冷蔵庫で二日間熟成させた手打ちの冷麺です。
b0208961_12332563.jpg






一分間茹でて冷たく冷やしたら、冷やしておいた完熟トマトをたっぷりトッピングしましょう。
b0208961_12334493.jpg





彩に渓パパ農園のバジルの葉を一枚。
b0208961_1234133.jpg





渓パパ特製の冷やし中華のタレを注げば出来上がり♪
b0208961_12342270.jpg





中華麺にはない麺の透明感が冷麺ですね~
b0208961_1235071.jpg





中華麺と違い冷麺に中華のタレでは弱いかなと思ったけれど美味しいです。
b0208961_12343923.jpg



冷麺に冷やし中華のタレ、ありだと思います!(^^)!


冷凍庫からは冷麺を、冷蔵庫からは具材をテキトーに取り出し用意ましょう。

b0208961_1265335.jpg





冷凍の冷麺は解凍せずに熱湯に入れ、浮き上がってから1分茹でてみました。
b0208961_12114473.jpg

最初は白い麺線ですが、重曹の影響で中華麺のように黄色に変わります。





冷たい水で〆て、ぬめりを洗いましょう(夏場は氷水を使った方がよく〆まります)
b0208961_128188.jpg

黄色味を帯びて、透明感のある麺線になります。





きっちり水を切ったらボウルに移し、韓国風合わ調味料を入れ混ぜましょう。
b0208961_1283623.jpg





冷麺を器に移してから、テキトーにトッピングしましょう。
b0208961_129030.jpg





冷凍した手打ち冷麺の完成です♪
b0208961_1293824.jpg





冷凍しても十分しこしこでゴムゴム感がありました!(^^)!
b0208961_1295020.jpg


あっ! 日本蕎麦に比べて冷凍しても切れにくいようです。
時間があるときに冷麺を打って冷凍保存しておけば、食べたくなったらすぐに食べられますよね。



・・・で、冷麺を手打ちして冷凍庫で保存してみました。



材料は小麦粉250グラム、片栗粉(馬鈴薯でんぷん)250グラム、水250CC、重曹5グラム、塩 5グラム、 打ち粉。
b0208961_108879.jpg

注)小麦粉と同量の片栗粉と水、粉全量の1%の重曹と塩と覚えれば簡単ですね。





分量を量ったら混合液を作り火にかけます。
b0208961_109119.jpg





小麦粉と片栗粉を篩にかけ混ぜ合わせたものに、沸かした混合液を垂らしながら菜箸で掻き混ぜます。
b0208961_1092737.jpg






手で触れる温度まで下がったら手で混ぜ合わせます(ここまでの段階で絶対に捏ねてはいけません)
b0208961_1094471.jpg

大きな塊がないようにすることと、生の乾いたままの粉がないようにするのがコツです。





パサパサしていますが、よ~く捏ねることで一塊になります。
b0208961_1010645.jpg





空気を抜くようにしっかり捏ねて、表面が滑らかになったらシワがないように成型します。、
b0208961_1010325.jpg





打ち粉をしながら麺棒で延ばして、4枚に畳んで蕎麦切り包丁で切りましょう。
b0208961_10104634.jpg

均等な厚さに延ばして、均等な幅に切れれば、火の通りが一定になるんです(初心者には難しいかも)





切った麺線が再びくっつかないように、麺線を裁いて打ち粉をまんべんなく塗します。
b0208961_1011227.jpg





ラップに包んで空気を抜き、
b0208961_10112423.jpg





フリーザーバッグに収めて冷凍庫に保存します。
b0208961_10113925.jpg




時間があったら合わせ調味料も作っておきましょう。
b0208961_10115128.jpg

え~ 冷麺を冷凍保存するのは初めてです。



果たして、冷凍の冷麺はどんな食感なのか、お昼が楽しみだ!(^^)!

本来、冷麺はシリンダーに穴が空いた製麺機で、生地を押し出して作るのだそうです。

b0208961_8502153.jpg

注)写真は株式会社ソニックのそば楽の手回し式の製麺機です。





本格的な押し出し式の製麺機は普通の家庭にはないので、渓パパは蕎麦打ちの技法を使って冷麺を打つことにしました。
b0208961_851297.jpg

注)これは丸い蕎麦生地を四角にするための 「角出」 という作業です。





それでは蕎麦打ちの技法で冷麺を打ってみましょう~ 先ずは、粉の計量らはじめます。
b0208961_8513035.jpg

注)この生地は粉の重さが400グラムなので4人前ぐらいになります。





強力粉と片栗粉を混ぜたら、重曹を溶かしたお湯を加水して水回しです。
b0208961_8515460.jpg





ああして、こうして、冷麺の生地が出来上がりました。
b0208961_852253.jpg





ああして、こうして、地延しです。
b0208961_8524544.jpg

注)地延しとは、麺棒で延ばせる厚さまで掌で延ばすこと。





ああして、こうして、本延しです。
b0208961_8532094.jpg





ああして、こうして、畳んだら蕎麦切り庖丁で麺にします。
b0208961_8534699.jpg

注)生地を扱う感じはウドンとほぼ同じですが、蕎麦より少し太いぐらいに延ばして切ればいいようです。





ああして、こうして、冷水で〆たら水をしっかり切って麺の完成♪
b0208961_982237.jpg





魔法の板では一度に一人前しか打てませんが、蕎麦打ちの技術を応用すれば、家庭でも一度に家族分打てますね♪
b0208961_910242.jpg





細くて長くつながった蕎麦が打てるようになるまでには、ある程度の経験が必要ですが、
b0208961_8572376.jpg

冷麺なら最初からそこそこ食えるレベルの物ができると思います。


蕎麦打ちの技術を習得すれば、もちろん冷麺も打つことができますが、

先に冷麺で麺打ちの楽しさを覚えてから、次のステップとして蕎麦打ちを始めるのもいいかもしれません。

平壌冷麺(ピョンヤンネンミョン)は麺に蕎麦粉と緑豆粉を用いて、黒っぽく、噛み切りやすい。



ん~なるほど、小麦粉ではなく蕎麦粉を使う冷麺もあるんですね~!

b0208961_1612545.jpg

・・・で、渓パパも蕎麦粉と片栗粉(馬鈴薯デンプン)が半々の冷麺を打ってみました。





重曹を溶かした熱湯で水回しするので最初は菜箸で混ぜ合わせます。
b0208961_162881.jpg

注)素人が指で水回しすると火傷しちゃうので注意(>_<)





手で触れるぐらいの熱さになったら、今度は菜箸を置いて指を使って粉と水を均等に混ぜます。
b0208961_1634019.jpg

水が回って粉っぽいところが無くなったら括って、ここから練りに入ります。





生地の空気を抜いて、シワの無い円筒形に整形すれば一人前の生地のできあがり♪
b0208961_1654538.jpg





魔法の延し板とローラーで延ばします。
b0208961_1665934.jpg

茹でる前は透明感が無いので小麦粉の割合が高い蕎麦の麺帯のように見えます。





蕎麦切り包丁で細く切って麺線にすればOK
b0208961_1681161.jpg

注)冷麺は押し出し式の製麺機で作るのが正当なのだそうです。





1分茹でて、冷水に取り〆て、洗ってヌメリを取れば蕎麦粉50%の冷麺。
b0208961_169508.jpg




ちなみに、こちらは二八蕎麦(中力粉2割蕎麦粉8割)の麺線です。
b0208961_16101126.jpg

冷麺の麺線は二八蕎麦と比べ、麺線が縮れて、透明感と艶があり、角が立っていませんね。





器に盛ったらスープを注ぎ、青物をトッピングすれば完成♪
b0208961_16141754.jpg

麺の食べ比べなので具は最低限にしました。





あっ! 豆板醤を加えて、お好みの辛さに調節してもいいですね。
b0208961_16151922.jpg





ん~確かに強力粉と片栗粉の冷麺より噛み切りやすい麺に仕上がり、蕎麦粉の香りも多少感じることができますね。
b0208961_16163037.jpg



盛岡冷麺を食べ慣れているせいなのか、渓パパは蕎麦粉よりも小麦粉で作ったゴムゴム感の強い冷麺の方が好きだな~
冷麺は大きく分けて、スープ付きの冷麺(ムルネンミョン)と、スープ無の混ぜ冷麺(ビビンネンミョン)があるのだそうです。

b0208961_16135876.jpg

注)写真はスープ付きなのでムルネンミョンですね。




・・・で、今回はスープの無い混ぜ冷麺にしてみました。




顆粒出汁、コチュジャン、トウバンジャン、お酢、醤油、胡麻油、砂糖、白胡麻などテキトーに混ぜた辛いヤンニョムを作ります。
b0208961_15563278.jpg

注)ヤンニョムとは韓国料理における合わせ調味料の総称だそうです。





麺が茹であがったら冷たく〆てきっちり水切りし、作って置いたヤンニョムを混ぜ合わせます。
b0208961_15574597.jpg

注)ビビンは(混ぜ)ネンミョンは(冷麺)の意味だそうです。





ビビンバのビビンもかき混ぜるという意味だそうで、秋田弁なら 「かます」 ですね。
b0208961_166425.jpg





ボウルからお皿へ移して、肉類、キュウリの千切り、卵など好きなもの盛り付ければ、
b0208961_1558281.jpg





汁無し冷麺ビビンネンミョンの完成です♪
b0208961_15594539.jpg





ピリ辛のヤンニョムがツルシコの麺と絡まって後を引く美味さ!(^^)!
b0208961_161137.jpg

グリグリにかき混ぜた麺をそのまま皿に盛りつけたので、麺線が絡んでしまい麺リフトしにくかった(反省)


あっ! 冷麺を食べた後に誰かと会う予定が無いのなら、ヤンニョムに擦りおろしニンニクを入れると美味いかも・・・。

せっかく冷麺打ちを始めたのだから、簡単な冷麺のスープも自分で作ってみました。



冷麺のスープの材料は、ポン酢にコンソメのキューブとキムチの元だけ。

b0208961_23182193.jpg

お湯を沸かしたら、全部入れて出来上がり♪





粗熱を取ったらコンソメの旨味と、キムチの元の辛味と、ポン酢の酸味のバランスと塩辛さを調整します。
b0208961_2321115.jpg

冷めると熱い時より味が薄く感じるので注意しましょう。





ペットボトルに詰めて冷蔵庫で冷やして置きましょう。
b0208961_2322262.jpg

鍋のままやボウルに移して冷蔵庫に入れてもいいけれど邪魔にならないように。





手打ちした冷麺をきっちり〆て水をしっかり切ったら、お皿に投入します。
b0208961_2249132.jpg

注)このお皿はカレーを食べるときに使っているものなので、冷麺を盛るには雰囲気がよくありません(>_<)





具材を盛り付けたら、冷やしておいたスープを注ぎます。
b0208961_22492283.jpg

注)かけ蕎麦は麺が水面下に完全に没しますが、汁ありの冷麺は麺の3割ぐらいが水面より上になるようにするようです。





汁のある冷麺(ムルレンミョン)完成です♪
b0208961_22495230.jpg

注)ムルは水、レンミョンは冷麺の意味だそうです。





お皿に冷麺の雰囲気がないけれど、麺自体は確かに冷麺ですね(笑)
b0208961_225336100.jpg





工夫すればスープはまだまだ美味しくなりそうです。
b0208961_2254172.jpg



次回は汁の無い冷麺(ビビンレンミョン)を作ってみます。

強力粉と片栗粉の割合を強力粉7:片栗粉3にして冷麺を打ってみました。



ん~ 透明感と艶が低下してウドンに近い見た目になってしまいました(>_<)

b0208961_1054084.jpg





ちなみに、こちらが強力粉5:片栗粉5 にした時の透明感と艶! 目で見ると写真以上に違いわかります。
b0208961_1072161.jpg





冷麺の透明感は片栗粉によるものなんですね~
b0208961_1074216.jpg

冷麺には大根で作ったカクテキキムチを添えるらしいけれど、なかったので冷蔵庫にあった白菜のキムチ。





キュウリが無かったので貝割れ大根で青味を添えてみました。
b0208961_1081142.jpg

注)冷麺にはキュウリの千切りが付き物のようです。





簡単に作れる、冷麺のスープを注いで、
b0208961_1093856.jpg





最後に糸唐辛子など韓国食材を添えると、どうにか冷麺に見えますね(>_<)
b0208961_1091167.jpg




冷麺としてはゴムゴミ感も弱くてスーパーで売っている冷凍のウドンに近いかな。
b0208961_10105381.jpg



あっ!冷凍うどんにはウドンなのに片栗粉(馬鈴薯デンプン)やタピオカ粉が練りこまれているんですよね(笑)
←menuへ