冷製カプレーゼうどんを


夏野菜のトマトを使って、冷製カプレーゼうどんを作ってみました。




先ずは、渓パパ農園からバジルの葉っぱを摘んできましょう。

b0208961_8383341.jpg

注)バジルをはじめ、小葱、青紫蘇、パセリ、イタリアンパセリ、ローズマリーなどハーブや香草を植えています。





普通にウドンを打ってもつまらないので、トマトジュースで水回しして細打ちのトマト麺にしてみました。
b0208961_8385394.jpg

注)抹茶や青汁やクロレラを使うと緑色の麺が出来ます。





冷製の場合は喉越しのいい細打ちの麺がいいですね。
b0208961_8393836.jpg

注)ウドンを打つ時に、卵液とオリーブオイルを加えれば生パスタになります。





2枚に畳んで切っているので、見た目の2倍の長さの麺線になります。
b0208961_8395370.jpg





トマトとバジルとモッツァレラチーズ♪
b0208961_8461474.jpg





トマトはざっくり切って、チーズは賽の目切り、バジルはテキトーに千切って、
b0208961_8462679.jpg





サラダとして食べるのではなく、麺のソースだから藻塩と黒コショウとオリーブオイルで濃い目に味付けします。
b0208961_8463928.jpg

注)塩・オイル系の麺は少し高いけど良い塩と良いオリーブオイルを使ってください。





麺を洗った後は氷水できっちり〆ましょう。
b0208961_8401761.jpg





麺線が絡まないように麺を盛るのが蕎麦屋の技術と心がけ。
b0208961_8485699.jpg

ザルごとひっくり返したり、鷲掴みで盛れば麺線が絡んでしまいます(>_<)





トマト色の麺が鮮やかで光っていますね!(^^)!
b0208961_8403415.jpg

注)冷製のパスタやウドンは水気をきっちり切らないとソースの味がぼやけてしまいます。





冷やしておいたカプレーゼを盛り付けましょう。
b0208961_841235.jpg





バジルの花芽を天盛りすれば、冷製カプレーゼうどんの完成です♪
b0208961_8412987.jpg

フォークで食べるか、お箸で食べるか迷うな(笑)



あっ! ブドウジュースを使えば紫の麺も作れちゃいます(笑)
by keipapa3 | 2017-08-01 08:08 | ウドン打ち | Comments(0)
←menuへ