光でイワナは目を覚ますのか



今日は源流部に近い、階段状で落差の大きい流れを釣ってみます。

b0208961_16142690.jpg





昨夜の雨の影響でしょうか、葉っぱや石は濡れていて、渓流沿いにはこんな奴が這いずっています。
b0208961_16883.jpg





ま~ 釣れないことはないのですが、反応が今一つ・・・。
b0208961_1682279.jpg

サイズも渓パパ式リリーサーが使えるやつばかり((>_<))





それまで、雨こそ降らないものの寒くてレインウェアを着ての釣りでしたが、急に空が明るくなってきました。
b0208961_1683675.jpg

レインウェアをリュックに仕舞って、気合を入れ直します。





渓のお花にも光が差し始め、喜んでいるっように見えます!(^^)!
b0208961_1685039.jpg





お日様が顔を出し、しばらくすると今度は蝉の大合唱が始まりました♪♪
b0208961_1691123.jpg

この蝉の大合唱がきっかけの様に、気持ちよく釣れ出しました。





あっ! マッチ・ザ・ハッチを意識して、蝉になんとなく似たフライに交換してみました。
b0208961_1610888.jpg





蝉だと思って食いついたのかは、イワナに聞いてみないと定かではありませんね。。
b0208961_16111934.jpg





ここは以前にも大きいのを釣ったポイントです。
b0208961_16102337.jpg

タックルを点検して、バックスペースを確認して、ランディング場所までイメージして、いざっ キャスト!





渓パパのフライを待ち構えていたかのように、ゆっくりと浮上してバックリと呑み込みました。
b0208961_16105278.jpg

フライ歴四半世紀を超える渓パパは、少しも慌てることなく、余裕のネットイン!(^^)!





痩せているのはご生憎ですが、今シーズン初の尺イワナです!(^^)!
b0208961_16103949.jpg





あっ! フライはパラパラシュートに戻していました。
b0208961_1611461.jpg

この前の釣行では釣れども釣れども9寸止まりでしたが、こんな源流部で尺が釣れちゃうんですね。





ここにイワナが定位していて、ライズもしていたのですが、写真には写っていませんね。
b0208961_16322914.jpg





食いっ気のあるヤツはもちろん一発でゲット♪
b0208961_16343096.jpg





お土産にウドを少し採ってきました。
b0208961_16113367.jpg

沢の日が当たらない部分で、土が崩れたような場所には、6月になっても食べられる柔らかさのウドが生えます。





釣りから帰ってから、中学校の総体の応援に行ってきました。
b0208961_16421212.jpg


渓パパの家には中学生はもういませんが、娘と息子が中学の時に応援して頂いたお礼です。
by keipapa3 | 2017-06-17 16:50 | 釣行記 | Comments(2)
Commented by ニャンコ at 2017-06-18 22:16 x
14日に入渓したのは東ですか?
15日の午後、ちょっと時間があったのでためしに東に入ってみましたが、喰いが浅いというか、反応はするのですがバラシが続きました。
前日、パパさんが入ってたから?(笑)
Commented by keipapa3 at 2017-06-19 12:01
ニャンコさん
14日は牛がいる方に入りました。
本文にも書きましたが、最高の条件が揃って最高の反応でした。
←menuへ