魔除け

「わ~凄い、釣れた~ 何てお魚ですか?」



声がする方を振り向いたら、天童よしみ似のおばちゃんが橋の上から渓パパを見ていました。

b0208961_15254294.jpg





「ヤマメと言う渓流魚ですよ」 と、渓パパは教えてあげました。
b0208961_15252372.jpg

ん~これが天童よしみではなく、藤あや子似の秋田美人だったら、近寄って丁寧に説明してあげたのですが(笑)





ん~でも、天童よしみ似のおばちゃんなら魔除けにはなるか。
b0208961_1532047.jpg

山葵は食中りの予防になるって言いますよね、怖い物や辛い物には病気や怪我を寄せ付けない効果があるのかな。





気を取り直して次のポイントに向かうと、雪代に洗われて、完璧に回復したレインボートラウト♪
b0208961_1526970.jpg





レッドバンドと頬紅が鮮やかなのでもう一枚。
b0208961_15263438.jpg





春の渓流らしく、桜の花の咲く流れで、
b0208961_15285760.jpg





今日、唯一のネットサイズ♪
b0208961_15274994.jpg






ランチは孫左衛門のベンチに座り、おにぎりを頬張りながら七滝を眺めます。
b0208961_15293233.jpg

注)渓パパは汚れたウエーディングシューズでお店に入る勇気はありません。





ゴールデンウィークは賑やかでしたが、お昼頃でもお客さんは疎らでした。
b0208961_1529571.jpg





ん~ あの木さえなければ、頂きポイントなのですが、渓パパのキャスト力ではフライを入れれません(>_<)
b0208961_15283516.jpg





今日は石裏のたるみや巻き返しから一匹も出ないで、厚みがあり緩やかで距離のある直線的な流れから出ました。
b0208961_15571428.jpg





渓パパ式リリーサー適応サイズを何匹か追加して、ダムの上流の様子を覗いてきました。
b0208961_15281497.jpg






ん~ まだ、ドライフライでは釣れそうにない流れ。
b0208961_1529133.jpg

ポツポツと小雨が降ってきたタイミングで終了。





帰り道は少し遠回りして、八九郎温に浸かって股関節を労わってきました。
b0208961_15433589.jpg

あっ! 今日はレインボーとヤマメばかりでイワナが一匹も釣れなかったな~ 



天童よしみ似のおばちゃんの魔除けの効果で、今シーズンも怪我なく過ごせますように・・・。
by keipapa3 | 2017-05-13 16:17 | 釣行記 | Comments(4)
Commented by madaibaka at 2017-05-13 21:23
仕事で七滝を通過した時にそれらしき車を見ました👍無理せず楽しんでください。レインボーもヤマメもすっかりサビから回復して漁体が綺麗ですね(^o^)v
Commented by keipapa3 at 2017-05-13 22:08
真鯛バカさん
「雪代に洗われる」 と言いますが、
秋に産卵と放精を終えた魚たちは長い冬を忍んで、
雪解け水に流される虫たちを飽食して体力を回復します。
今日釣れたレインボーもヤマメもサイズは今一でしたが、
お腹パンパンで綺麗な魚体でした♪
Commented by ニャンコ at 2017-05-14 19:22 x
今年は楽しめそうですね。
山ノ神に見込まれた様ですし(笑)

昔から山の神はX女と言われてますからね。
え? X=醜ですかって?

当たりです♪

藤あや子でなくて良かったですね♪
Commented by keipapa3 at 2017-05-15 17:46
ニャンコさん
山の神は醜女(しこめ)で嫉妬深と言うのが定説のようですね。
山の神に祟られてもいいから、藤あや子似の美人に会いたかったです(笑)
←menuへ