無割蕎麦を源たれで


ズボラ飯(手抜きだけどそれなりに美味しいご飯)の中に、ズボラーメンと言う分野があるらしい。



手抜きだけどそれなりに美味しいラーメンね~



え~ 渓パパは手抜きだけどそれなりに美味しいズボラ無割蕎麦を作ってみました。

b0208961_20524283.jpg

いつものように無割蕎麦を打ちましょう。





茹でて、冷水で〆たらきっちり水気を切り、お皿に移しましょう。
b0208961_20535260.jpg

注)無割蕎麦とは捏ねない、踏まない、寝かせない、塩も使わない、蕎麦の太さの細打ちのウドン。





少量の胡麻油を垂らして塗しましょう。
b0208961_20541230.jpg





はいっ! ここで、上北農産加工さんの焼き肉のタレ 「スタミナ源たれ」 の登場です。
b0208961_2055086.jpg

注)スタミナ源たれは青森県人のソウルフルな焼き肉のタレ。






軽く塗したら完成ですが、余裕があったら刻みネギや白胡麻などの薬味をお好みでどうぞ。
b0208961_20572526.jpg





あっ! 手抜きだと思ったけれど、麺を手打ちしている時点で手抜きではありませんでした(>_<)
b0208961_20575549.jpg





ん~でも、乾麺を茹でるぐらいの時間がれば、無割蕎麦は踏んだりお寝かせたりしないので打てるんですよ。
b0208961_20581662.jpg

ま~ 道具の他にも、少しだけ技術が必要ですがね(笑)





源タレは焼き肉、野菜料理と謳っていますが、麺料理でも行けるんですよ!
b0208961_20543497.jpg


渓パパは秋田県人ですが、子供の頃に源タレで味付けした焼き肉が弁当に入っていれば嬉しかったです。
by keipapa3 | 2017-04-18 08:28 | ウドン打ち | Comments(2)
Commented by ニャンコ at 2017-04-18 13:35 x
渓パパ庵では
「てぬきうどん」
と、お品書きに書くんですね♪
Commented by keipapa3 at 2017-04-18 22:00
ニャンコさん
華うどんと無割蕎麦は、一般的なウドンの作り方とは違い、
捏ねたり、踏んだり、寝かせたり、塩を入れたりせずに手を抜くことで、
小麦粉が本来持っている香りが残るんですよ。
他にも茹で時間が短いのも香りが残る理由だと思います。
小麦粉の香りと言う一点だけで勝負すれば、
日本一高い干しうどんと言われている稲庭うどんより、
渓パパの無割蕎麦の方が数段上です(渓パパ比)
←menuへ