無割蕎麦をカルパッチョソースで


マグロや鯛や帆立などのお刺身がないので、無割蕎麦にカルパッチョソースをかけて食べてみました。



藻塩とオリーブオイル、レモン汁少々でカルパッチョソースを作っておきます。

b0208961_21564527.jpg





無割蕎麦を打ちましょう。
b0208961_2158015.jpg

無割蕎麦とは、小麦粉100%で蕎麦の太さに仕上げた、捏ねない、踏まない、寝かせない、塩も使わないウドン。





稲庭うどん位の細さに延ばして切っています。
b0208961_21583026.jpg

注)稲庭うどんは、薄く延ばして細く切るのではなく、手延べという製法で麺にするんです。





きっちり水気を切ってお皿に盛ったら、水に晒して辛味を少し抜いた新玉。
b0208961_21585754.jpg





他にもお野菜をたっぷり♪
b0208961_21592593.jpg





仕上げに、カルパッチョソースをかけましょう。
b0208961_21594334.jpg





お箸でもいいけれど、今日はフォークで頂きます。
b0208961_21595944.jpg





無割蕎麦をズズッ~ト啜りたいのですが、野菜が邪魔をして噛まないと呑み込めません。
b0208961_2201478.jpg

注)欧米では音を出して麺を啜るという食べ方は下品なんだそうです。





イタリアンっぽく味付けしてもお醤油が欲しくなるのは渓パパだけでしょうか。
b0208961_2203659.jpg


やっぱり、無割蕎麦は蕎麦汁におろし生姜の薬味で食べるのが一番美味いかな(苦笑)
by keipapa3 | 2017-03-15 07:57 | ウドン打ち | Comments(0)
←menuへ