両サイドは真っ直ぐに


渓パパは、蕎麦打ちの初心者でも、簡単に一人前の蕎麦(ウドンも)を打つ方法を研究中です。




掌で円筒形に丸めた生地をローラーで延ばすと、ま~こんな感じで歪に延ばされます。

b0208961_10121998.jpg





すると、麺帯の両サイドが直線でないので、切った時に麺線にならなかったり短い麺線になってしまいます(>_<)。
b0208961_9264351.png





・・・で、型枠を使って、この形から延ばし始めると、両サイドを直線にしやすいんです。
b0208961_9453350.jpg





ローラーか麺棒を使って縦方向だけに延ばすだけ♪
b0208961_941647.jpg





え~ 一人分のウドンの生地を延ばし終わりました。
b0208961_9255817.jpg





2枚に畳んで切ると、赤い線の外側は 「耳」 と言ってきれいな麺線にならない部分できます。
b0208961_9311398.jpg

・・・でも、最小限に済んでいます!(^^)!




道具を工夫すれば、蕎麦打ちの初心者でも長く繋がった蕎麦(ウドンも)を打てるはず。
b0208961_10223719.jpg



次回は、この型枠を使って蕎麦の生地を延ばしてみます。


上手くいくかな~
by keipapa3 | 2017-01-30 17:43 | 蕎麦打ち | Comments(0)
←menuへ