蕎麦打ち用の型枠(試作)

渓パパは、蕎麦打ちの初心者でも、簡単に一人前の蕎麦を打てる方法を研究中です。

b0208961_1318222.jpg





蕎麦の生地を薄い長方形に延ばすには、蕎麦の生地を横に延ばしたり、
b0208961_13183598.jpg





斜めに延ばしたりする必要がありました。
b0208961_13185811.jpg

ん~ これは少しだけ練習と言うか経験が必要なんです。




・・・で、練習しなくても簡単に薄い長方形に延ばす方法を考えてみました。




一人前の蕎麦生地を作ったら、円筒形に丸めて、真ん中をくびれさせます。
b0208961_15383363.jpg





延し板の上で型枠に詰めましょう。
b0208961_15385181.jpg





型枠を外して蕎麦の生地を取り出します。
b0208961_1539353.jpg





ローラーで縦方向にだけ延ばします。
b0208961_15395330.jpg

四角に延びそうです!(^^)!





薄くなったら四隅だけ延びすぎてしまいました(>_<)
b0208961_15403737.jpg

完全に失敗です(>_<) (>_<) (>_<)




ん~ 延ばした生地を見てみると、幅が足りないので、型枠の横幅を拡げて、
b0208961_1556556.jpg

四隅の生地が多すぎたので、くびれを緩やかにしてみてはどうでしょう?





型枠の形を改良すれば長方形に延ばせるかもしれません。
b0208961_1558776.jpg


また、挑戦してみます。
by keipapa3 | 2017-01-23 08:25 | 蕎麦打ち | Comments(0)
←menuへ