簡単手打ち蕎麦のすゝめ


年越し蕎麦を手打ちしようと思い立って、ネットで情報を集め初挑戦したアナタ。



茹でても切れずに細く繋がった長い蕎麦になりましたか?

b0208961_1342772.jpg




ん~ 見事な世界地図ですね。 ま~ 大体はこんな結果に終わったのではないでしょうか。
b0208961_1351071.jpg





それに、何とか麺線にしても茹でると短く切れてしまったり等々・・・。
b0208961_1353068.jpg





渓パパの人生初の手打ち蕎麦です(>_<)
b0208961_1362266.jpg





蕎麦打ちでは延し棒や包丁を使った作業が目立つのですが、最難関は水回しと呼ばれる木鉢での作業なんです。
b0208961_139575.jpg

最初の加水で乾いたままの粉がなく、逆に水を吸い過ぎてべっとりとした大きな塊もない、そぼろ状にします。





これが難しいのだけれど、ここで諦めずに練習すれば自分で打った蕎麦を大晦日に食べられますよ。
b0208961_1372845.jpg

あっ! 今から練習しても大晦日まで間に合わないか(>_<)





そんな時にはペットボトルに穴を空けたぽたぽた加水と、天ぷら掴みを切って作った水回し棒と、
b0208961_1375229.jpg





均等な厚さに延ばせる魔法の延し板とローラーと、
b0208961_13234479.jpg






駒板を平行に送れる切り板があれば、今年の大晦日に間に合うかもしれません。
b0208961_1383196.jpg




ホームセンターで手に入るシナベニヤや籤(ヒゴ)など簡単な材料で作れるのでお試しください。
b0208961_1384320.jpg


あっ! 簡単蕎麦打ちは一人前ずつしか打てませんのであしからず・・・。
by keipapa3 | 2016-12-28 08:11 | 蕎麦打ち | Comments(0)
←menuへ