冷やし梅しそ蕎麦

梅雨の時期にはさっぱりした蕎麦が食べたいですよね。



・・・で、梅しそ蕎麦をぶっかけスタイルで食べてみました(書き出しが前記事と一緒だ)

b0208961_15325622.jpg





昔は、渓パパが梅の実を木に登って採って、母Mが梅干しを漬けていました。
b0208961_1533126.jpg

注)この時期の長雨を梅雨と言うのは、梅干しを漬ける季節と重なるからだとか。





青紫蘇は千切りに、梅干しは梅肉を叩いて、大根はおろしましょう。
b0208961_15342148.jpg

今はスーパーで買ってきた梅干しです。





お皿に蕎麦を盛ったらトッピング開始です。
b0208961_15344144.jpg

渓パパは紫蘇の香りが子供の頃から好きでした。





仕上げに白胡麻をふって、冷たい梅しそ蕎麦の完成です♪
b0208961_15431456.jpg

ぶっかけスタイルで食べていただきます。





妻Mが 「今日の蕎麦はいつもより細くて食感が弱すぎる」って、
b0208961_15345820.jpg

試しに薄く延ばして細く切ってみたのですが、それに加えて水の温度が上がってきたので氷水で〆ないとダメかな。





え~ ところで、青紫蘇と大葉の違いってわかりますか?  
b0208961_154038.jpg


昔は大葉なんて呼んだりしなかったけどな~
by keipapa3 | 2016-06-24 06:48 | 蕎麦打ち | Comments(0)
←menuへ