山椒の若芽


七味唐辛子の成分の一つである山椒。その若芽をもり蕎麦の薬味にしてみました。

b0208961_15525383.jpg





一般的には 「木の芽」 と呼ばれていますよね。
b0208961_15531592.jpg

高級なすりこぎは山椒の木で作るのだそうです。





刻む前に手でパ~ンと叩いて細胞を潰すと香りが立ちます。
b0208961_15533648.jpg





もり蕎麦の辛汁に入れましょう
b0208961_15542197.jpg





葱や山葵に飽きたならお試しください♪
b0208961_15543911.jpg



あっ! 4月22日に人工骨頭置換術を受けてから、初めて杖を突かずに外出しました。
by keipapa3 | 2016-06-15 11:42 | 蕎麦打ち | Comments(2)
Commented by ニャンコ at 2016-06-15 19:38 x
山椒を薬味とは考えた事がありませんでした。
昔、山手の社宅にも山椒の木があって、毎年アゲハチョウが卵を産みに来ていたのを思い出します。

あの葉っぱ、大葉と同じく手の平に乗せてパンっとたたくといい香りが立ちますね。

それにしてもアゲハチョウってなんで山椒やカラタチなど、癖のある植物で幼虫時代を過すんでしょうね。
コアラか!っちゅうの(笑)

杖無しの歩行、おめでとうございます♪
Commented by keipapa3 at 2016-06-16 11:34
ニャンコさん
山椒の木には棘がありミカンの仲間らしいですよ。
↓柑橘類以外にもセリやニンジンもアゲハの食草ですよね。
http://keipapa3.exblog.jp/16876299/
ミカンの皮を乾燥させた陳皮は、七味唐辛子に使われます。
一般に蕎麦の薬味は辛いものが多いのですが、
海苔や胡麻のほかにも爽やか系の薬味もありだと思います。
←menuへ