ばっけ天ザル


例年より早く雪が消えた渓パパ農園の隅に、ばっけ(蕗の薹)が出てきました。

b0208961_21544489.jpg

注)秋田では、ふきのとうを 「ばっけ」 「ばっきゃ」 と呼びます。





これは摘み取って、天ザルにするしかないでしょう♪
b0208961_9135894.jpg





ばっけの天ぷらを揚げる前に蕎麦を打ちましょう。
b0208961_952168.jpg





蕾状のものが苦みは少ないようです。
b0208961_9142682.jpg

ふきのとうは秋田県の花で、ちなみに木は秋田杉、魚はハタハタ、鳥はやまどり。





ガク(?)をめくって花が咲いたように開きます。
b0208961_9144756.jpg

ばっけを始め山菜が生では苦かったりエグミが強いのは、虫や動物に食われないための防衛策だとか。





衣を付けてさっくりと揚げましょう。
b0208961_9151158.jpg





いつもの食えない手打ち蕎麦とは別皿に盛れば、ばっけ天蕎麦の完成です♪
b0208961_9152660.jpg





ばっけの天ぷらは男鹿の藻塩で頂きます。
b0208961_9154382.jpg





渓パパは天ぷらと蕎麦を交互に食べるけれど、天ぷらを先に食べてから蕎麦を手繰る人もいますよね。
b0208961_9155631.jpg





温かい蕎麦が好きな母Mには、温かいばっけ天蕎麦です。
b0208961_916951.jpg

蕎麦の汁を吸ったばっけの天ぷらも捨てがたい。





逆に、天ぷらの油の浮いた蕎麦汁も美味いんだよね~
b0208961_9123158.jpg





お山に行けばこんなに大きなバッキャもあるんですよ(渓パパのリュクの3倍はありますね)
b0208961_1043408.jpg


あっ! 灰汁抜きすれば伸びたバッキャの茎も食べられるんですよ。
by keipapa3 | 2016-03-23 17:46 | 蕎麦打ち | Comments(0)
←menuへ