冷凍麺が鍋にくっ付かない茹で方

同じ量の麺線でも、太い束にせずに平らに並べた方が、中心部まで熱が速く伝わるのが分かりますね。

b0208961_9384254.png





・・・で、麺線を平らに並べられる道具を作り、冷凍することに成功しました!(^^)!
b0208961_939756.jpg





冷凍の麺線が解けるまでの時間は短縮できたのですが、冷凍のままお湯に入れるとやっぱり鍋底にくっ付きやすい。
b0208961_940023.jpg

冷凍の麺は鍋に入れた直後が一番くっつきやすいので、入れたらすぐに菜箸で動か続けるといいようです。





・・・でも、動かし続けるのも面倒くさいし完璧ではないので、オタマを使って鍋底にくっつかないように茹でてみました。
b0208961_940266.jpg





グラグラにお湯が湧いたら、オタマの上に冷凍の無割蕎麦を乗せ静かにお湯の中に入れましょう。
b0208961_9404854.jpg

冷凍の麺線が鍋底に接することなく、水中に浮いた状態を保つことができます。





両脇から解けはじめ、最後に中央部分が解けて、麺線が泳ぎだしたらオタマを引き上げましょう。
b0208961_9414494.jpg

注)冷凍の麺線を入れるとお湯が再沸騰するまで時間がかかります。





鍋底にくっつかずに茹でることが出来ました♪
b0208961_9415934.jpg





時間があるときに蕎麦やウドンを打って冷凍しておけば、時間がない時でも食べられますね!(^^)!
b0208961_9421289.jpg


あっ! 手打ちでなくても冷凍の蕎麦やウドンを茹でるのに使えるテクニックです。
by keipapa3 | 2016-02-14 10:26 | 蕎麦打ち | Comments(0)
←menuへ