蕎麦を拡げたまま冷凍したい


蕎麦を太い束状にせずに、平らに拡げたまま冷凍保存したい(理由はこちら

b0208961_1530443.jpg

・・・で、蕎麦を拡げたままクッキングシートとラップに包む道具を考えてみました。




板に棒を二本平行に置いて、薄いU字型の溝を作り、テープで仮止めします。
b0208961_15302292.jpg





ラップを敷き、更にその上にクッキングシートを敷き、蕎麦に見立てたウドンの麺線を置いてみます。
b0208961_1531037.jpg

何度も麺線をいじっているので乱れていますが、綺麗に揃えたまま置きます。




一人前の蕎麦を置いてみて長さや幅を調整します。
b0208961_15343410.jpg





丁度いいサイズを見つけたら、ノコギリで切り出して接着し、
b0208961_15351922.jpg





ボンドが乾燥するのを待って面取りすれば完成。
b0208961_15353766.jpg





道具の上にラップ、クッキングシートの順で敷いて、蕎麦を置きます。
b0208961_15362834.jpg

注)ラップとクッキングシートを溝にピッタリ合わせてU字に折り目を付けておくのがコツ。





クッキングシートで包んで、さらにラップで包み、軽く押し付けて空気を抜きます。
b0208961_15361063.jpg

注)空気を抜かないとシートの中で麺線が動くのでよくありません。





U字の溝をスライドされて取り出せば、
b0208961_15394461.jpg





束にせずに平らに広げたままで蕎麦の麺線を包むことができました!(^^)!
b0208961_15395974.jpg


あっ! もっと簡単にラッピングできる方法を考えてみます。
by keipapa3 | 2016-02-12 17:58 | 蕎麦打ち | Comments(0)
←menuへ