エルクヘアカディスのヘッド処理


ここ数年、あまり出番がないけれど、ここ一番でいい仕事をしてくれるエルクヘアカディス(以下EHCと表記)

b0208961_1384561.jpg

そんなEHCを少し改良してみました!(^^)!





ファンデーションした時のスレットの余りとハックルストークを縒り合せて渓パパはねじねじハックル
b0208961_139485.jpg





ハックルファイバーがいい感じに乱れて、スレットは補強の役目も果たしています。
b0208961_1392973.jpg





ハックルを止めたら、シャンクの上に先端を揃えたエルクヘアを載せて縛ります。
b0208961_1394552.jpg





余ったエルクヘアをベンド側に折り返して、エルクヘアとアイの間にスレットを巻いてしっかり固定します。
b0208961_1310328.jpg

普通はここでウィップフィニッシュして、余分なエルクヘアは三角に残してカットしますよね。




ん~これだとアイにエルクヘアが覆いかぶさりティペットを通しにくい(>_<)




・・・で、エルクヘアを直角に折り返してから根元を束ねてみました。
b0208961_13104591.jpg





これならアイがむき出しなので、ティペットが通しやすいですね!(^^)!
b0208961_1311413.jpg





え~ この角度から見ればアイがよく見えますね。
b0208961_13114097.jpg

あっ! 写真ではアイがよく見えるんですが、実物ではローガン鏡がないとティペットを通せなくなりました(>_<)





ま~ EHCには今シーズンもいい仕事をしてくれることを願っています。
b0208961_13112282.jpg

それにしても、シーズンインまで先が長いな~



久しぶりのタイイングネタでした!(^^)!
by keipapa3 | 2016-02-08 17:57 | タイイング | Comments(2)
Commented by ニャンコ at 2016-02-08 22:43 x
こんばんは
ひさしぶりにフライネタですね♪

なるほど、自分もEHCはティペットがアイに通し辛いので面倒であまり使っていませんでした。
これなら良いかも。
秋田のイワナ用パイロットフライに最適ですね。

故、西山徹氏が選ぶパイロットフライと記憶しています。
Commented by keipapa3 at 2016-02-09 12:14
ニャンコさん
エルクヘアカディスは釣れるフライで、フライを始めた頃はよく使ったのですが、
リーダー&ティペットが長くなるにしたがって、ティペットが撚れ易かったり、
数匹釣るとエルクがヘタるのが嫌になり、次第に出番が少なくなりました。
シャンク上でエルクヘアを縛る位置をベンドよりにするとアイがよく見えるのですが、
出来る限りアイ寄りに止めたいと思っています。
そこで、アイ寄りに止めてもエルクヘアがティペットを通す邪魔をしないようにしてみました。
←menuへ