とろろ昆布おぼろ昆布



重ねた昆布の側面を削ったのが 「とろろ昆布」 で、一枚の昆布の平面にカンナをかけるように削ったのが 「おぼろ昆布」

b0208961_13191133.jpg

注)糸状のとろろ昆布は機械で削り、帯状のおぼろ昆布は職人が一枚一枚削るのだそうです。





え~ 今日は、とろろ昆布蕎麦にしましょう!(^^)!
b0208961_13202113.jpg





冬がすすむにつれて水道の水も次第に冷たくなってきましたね~
b0208961_13205078.jpg






寒い季節には、温かい蕎麦もいいですよね~
b0208961_1322022.jpg





秋田県の稲作農家は冬に仕事が無いので、北海道に渡り昆布削りの出稼ぎをしたのだそうです。
b0208961_13211542.jpg





昆布削り職人の多くが秋田県出身の方だったので、昆布を削る刃物を 「アキタ」 と呼ぶそうです。
b0208961_13213153.jpg





とろろ昆布を絡めて蕎麦を手繰りましょう♪
b0208961_1332263.jpg

渓パパはおぼろ昆布よりとろろ昆布の方が好きです!(^^)!




ん~でも、ウドンにはおぼろ昆布の方がいいかな~
b0208961_1349971.jpg

注)とろろ昆布の方が機械で一度にたくさん作れるので、手で削るおぼろ昆布に比べ安いのだそうです。


このブログをご覧のみなさんは、とろろ昆布とおぼろ昆布、どちらが好きですか?
by keipapa3 | 2015-12-25 08:26 | 蕎麦打ち | Comments(0)
←menuへ