水回し棒を使ってみました


100均で買った竹製の天ぷらバサミを加工して作った水回し棒で蕎麦を打ってみました。

b0208961_20482539.jpg





蕎麦粉につなぎの中力粉が2割入った二八蕎麦です。
b0208961_20484428.jpg





ペットボトルで作ったジョウロでぽたぽたと加水しながら、水回し棒でゆっくりかき混ぜます。
b0208961_13502729.jpg

注)一気加水(一度に必要量の全ての水を入れること)では、速い水回しが必要になると思います。





水を貰った蕎麦粉のダマと、水にありつけない乾いたままの蕎麦粉が混在しています。
b0208961_2050640.jpg

大きなダマを水回し棒で砕くようにして、可能な限りダマの大きさが均一になるようにします。





乾いた粉が無くなりしっとりして水回し棒に纏わりつくようになったら、小指を下にして力が入り易く握ると楽です。
b0208961_2050541.jpg





さらに水回し棒を回し続けると、次第に粒がくっ付き合って大きくなり一つの塊になりました。
b0208961_2051198.jpg

これで水回しの完了です。





蕎麦打ちの最難関である水回しが簡単にできてしまいました(少量ですけど)
b0208961_20515959.jpg

注)その粉にあった加水率を見極めるのが難しいところ。




水回しが上手にできていれば、そのあとの練ったり、延ばしたり、切ったりが簡単になります。
b0208961_20522459.jpg

アイディア次第で100均はお宝売り場になるんですね~



蕎麦打ち入門者なら、先ずは、少量の二八蕎麦を水回し器で打ってみて、水回しの意味を理解するのもいいかもしれません。


 
by keipapa3 | 2015-11-11 17:55 | 蕎麦打ち | Comments(2)
Commented by ニャンコ at 2015-11-12 12:16 x
これは箸より使いやすいかも。
箸を二本微妙な間隔を保ちながら水回しを続けるのは至難の業でしたから(笑)
作るより100円で買ってくる方が安そうですしね♪
Commented by keipapa3 at 2015-11-12 17:43
ニャンコさん
魚沼の手打ち弥三郎さんの十割蕎麦は、
水回しの初期段階をお箸でしているようですね。
箸や水回し棒を使っての蕎麦打ちは研究の価値ありと思っています。
道具を使わずに自分の手指で行えばただなので一番安上がりですけど(笑)
←menuへ