菜箸で水回し

ジョウロを使って少しずつ加水すれば、菜箸でかき混ぜても水回しできることが分かりました。

b0208961_21122832.jpg

・・・で、今度は菜箸の持ち方について考えてみました。





ご飯を食べる時のように持つと、生地がまとまって重くなってくると手指や腕が疲れます。
b0208961_2113358.jpg





・・・そこで、魔法の延し板の下に滑り止めのために敷くマットで菜箸を掴んでみました。
b0208961_21135573.jpg





クルクル巻いて、
b0208961_21151390.jpg






少し離れる位置に2本目を巻きます。
b0208961_21143698.jpg





握りを太くしたことでグリップが可能となり、水回しが楽になりました♪
b0208961_21154696.jpg




ん~ 快適!
b0208961_2116153.jpg



あっ! 菜箸の本数を3本にすると、もっと効率よく掻き混ぜられるかもしれません。
by keipapa3 | 2015-10-29 17:38 | 蕎麦打ち | Comments(2)
Commented by 真鯛バカ at 2015-10-29 17:45 x
毎回いろんなこと考えてますね!まだまだ認知症にはご縁が無いようです(笑)11月半ば過ぎあたりにでもオフ会しましょう❗
Commented by keipapa3 at 2015-10-30 12:01
真鯛バカさん
本格的な手打ち蕎麦を追究するのも楽しいのですが、
自宅で手打ち蕎麦を簡単に楽しめる方法を研究中で、
まだまだ試してみたいアイディアを持っています。
オフ会いいですね~♪
←menuへ