無割蕎麦は中華麺になるのか

干しウドンを重曹入りのお湯で茹でると、中華麺に限りなく近くなるらしい。

b0208961_12471570.jpg

注)中華麺が手に入らない国へ長く滞在するときの裏ワザのようです。





・・・で、無割蕎麦を重曹入りのお湯で茹でると中華麺になるのか試してみました。
b0208961_12481019.jpg

注)無割蕎麦とは小麦粉100%の捏ねない、踏まない、寝かせない、塩も使わないウドンを蕎麦の細さに切ったもの。





手揉みして縮れ麺にしてみます。
b0208961_12492354.jpg





お湯に重曹を入れ溶かします。
b0208961_12494744.jpg





さて、どうなることやら、
b0208961_12501777.jpg





1分茹でて湯切して、スープを張った丼に入れ、具材をトッピングしたら出来上がり♪
b0208961_12511295.jpg





油の浮いたスープはまさにラーメンですが、
b0208961_12514293.jpg





ん~麺線は多少黄色さを帯びたけど、温かいスープに浸かった無割蕎麦はふにゅふにゅの食感(>_<)
b0208961_12573744.jpg

中華麺の独特の香りもほとんどなく、とても中華麺とは言えない麺になってしまいました。





予測ではこんな感じになるはずだったのですが・・・(>_<)
b0208961_8494448.jpg


ウドンを中華麺に変化させようとせずに、やっぱり中華麺真剣に取り組んだ方がいいですね。





追記:


拙ブログの延べ訪問者数が、ぞろ目の 77,777人を達成しました!
b0208961_16114015.jpg


これからも、「流れの向こうに」 をよろしくお願いいたします!(^^)!
by keipapa3 | 2015-10-22 17:36 | ウドン打ち | Comments(0)
←menuへ