でんぷんうどんを打ってみた


ウドンと言えば小麦粉が主原料ですが、片栗粉(馬鈴薯澱粉)を使った、その名も 「でんぷんうどん」 と言うのがあるらしい。

b0208961_8372995.jpg

注)北海道の倶知安・留寿都といった、男爵イモの産地の郷土料理だそうです。





・・・で、渓パパも 「でんぷんうどん」 を打ってみました。
b0208961_838683.jpg

馬鈴薯デンプン95グラム、 強力粉5グラム、 熱湯60CC、 打ち粉少々(塩は使いません)





小麦粉で作るウドンとは違い、湯練りという技法で水回しを行います。
b0208961_8383275.jpg

手で触れる温度まで下がったら、鍋底に張り付いた片栗粉を擦り取りながら、粉っぽいところが無くなるまで混ぜます。





普通のウドンより高い加水率60%で、練っても練っても粘りが出なくてひび割れます(>_<)
b0208961_1138541.jpg

注)もっと加水率を上げるとひび割れないかもしれません。





それでも、どうにか生地の表面のシワを無くして円筒形に整形しました。
b0208961_8392853.jpg





魔法の板とローラーで延ばしたら、ん~やっぱり縁がひび割れ(>_<)
b0208961_11415168.jpg

十割蕎麦でもこれ程はひび割れしませんよ。





ま~それでも畳んで切って、5分間茹でてみます。
b0208961_8401742.jpg





冷水にとると白い麺線が透明感のある麺線に変化しました。
b0208961_8404374.jpg

注)冷たい水で、よ~く揉み洗いしてヌメリをとるのがコツのようです。





見た目はところてんか突きコンニャクか葛切りですね(笑)
b0208961_841762.jpg

あっ! 間違ってもカエルの卵と表現してはいけません。





刻み海苔を天盛りしてウドンらしさを演出してみます。
b0208961_8414716.jpg





一度も食べたことがないのなら、是非、ご自分で打って食べてみてください。
b0208961_842580.jpg


ツルツルしてゴムゴムして、ん~ 今まで食べたことのない不思議な食感ですよ。 
by keipapa3 | 2015-10-15 17:46 | ウドン打ち | Comments(0)
←menuへ