一人蕎麦の畳み方と切り方


魔法の延し板とローラーで均一な厚さで四角い麺帯ができました。

b0208961_13572495.jpg

・・・で、次は畳み方と切り方についてです。





ローラーを置いて、麺帯の北半分に打ち粉を塗します。
b0208961_13575165.jpg





南側の麺帯を手で持ち上げて北側に重ねて二枚畳にします。
b0208961_1425096.jpg

折り目を強く押さえると折り目で千切れやすいので、優しく畳んでください。





魔法の板の南半分に打ち粉を敷くことで、凸凹のある板でも筏にならずに切れるんです。
b0208961_1358106.jpg





二枚畳にした麺帯を打ち粉を敷いた延し板の南側に移し、表面にも打ち粉を振り、駒板の滑りをよくします。
b0208961_13585159.jpg





駒板のはみ出た部分に布巾を敷いて、切り進んでも最後まで駒板が平行になるようにします。
b0208961_135985.jpg

端を切り捨てたら、リズムよく切り進みます。





生地が上手くできていれば、折り畳んだ部分で千切れずに長い麺線ができます。
b0208961_14132095.jpg

注)東西の両端は麺線になりません(矢印の部分)、この部分をいかに減らすかが延しの技術です。




家庭で手軽に手打蕎麦を楽しめるように、少量手打蕎麦の研究はまだまだ続きます。
by keipapa3 | 2015-10-07 17:44 | 蕎麦打ち | Comments(0)
←menuへ